「ブロック機能」のリニューアルについて

なんで大学に行かないのに授業料は変わらないんですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

学生が大学に行かなくても、教員・職員の人件費はかかり、設備の維持費や光熱費、固定資産税などのランニングコストは、同じくらいかかる。



非常事態宣言で営業自粛を求められ、飲み屋などの多くの事業体が倒産・廃業に追い込まれているが、学生の皆さんが授業料を払わなければ、大学もそういうことになる。

ただ、飲み屋の場合、お客は「飲み屋に行けない!」と嘆くだけで済むが、学生の皆さんは、学生の身分が消滅することになる。

つまり、その意味では、大学と学生は運命共同体という理屈になる。
何とも理不尽極まりない話だ。しかし、それが日本を含む今の世界の現実だ。
    • good
    • 3

席を置いているだけで,授業を受けるか否かは問いません。

そういう決まりになっているので,やむをえないと思いますよ。
    • good
    • 2

大学側は色々理由をつけていますが、本当のところは要するに大学側の都合です。



リモート授業にしたからと言って、大学側の支出、設備を維持する費用や教職員に払う給料などが減るわけじゃありません。先生の側はむしろ手間増えています。

通信制大学と受けられるサービス変わらないなら通信制並の学費にしろ、という意見はわからなくもないのですが、それを言うならもともと大学の学費ってサービスに比例してないですから。同じサービスでも国公立と私立じゃ全然値段が違う、これも大学側の都合です。
    • good
    • 2

大学職員も施設の固定費も変わらないから

    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

このカテゴリの人気Q&Aランキング