gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

アメリカは、白人と戦ってアジアを取り戻した日本に、アジアを解放しろとハルノートを送りつけて、日本人を怒らせ真珠湾攻撃をさせ、国際法で禁止されていた民間人への大量殺人(研究していた原爆を実験目的で落とした)を行った上で、悪魔が勝者の顔して日本の土を踏み、今もなお日本を飼い犬にしている。

A 回答 (6件)

本格的にアジアに進出し始めたのは中国以外はハルノート以降なんだけどねえ。


 なんでハルノートみたいなものを日本以外の白人国家に出さなかったかというと、すでにほとんどの西欧国家の植民地が固定化していたから。ここでハルノートまがいのものを出したって「?」てなるだけ。
 日本がターゲットになったのはまだ植民地化が進行していなかった中国をめぐる商売上の最大の対立者が日本だったということ、同じように中国に手を伸ばしていた英国とドイツは日本ほど拙速に進出をしていなかったし、まあ同じ白人だから話も通じると思ったからじゃないかな。
 有色人種には権柄ずくで臨め、白人そのものの伝統芸です。
    • good
    • 0

なぜアジアを侵略していた白人侵略国家に、


アメリカはハルノートを提出しなかったのですか?
 ↑
時の大統領、ルーズベルトが
差別主義者だったからです。


○ フランクリン・ルーズベルトはオランダ出身で、
「有色人種への差別が格別に強かった」と、
ニューヨーク州ハイドパークの大統領私邸で会談した英国の
ロナルド・キャンベル公使は本国に書き送っている。

キャンベルが、この会談の席上、ルーズベルトから
打ち明けられたのが「劣等アジア人種」
の品種改良計画だった。

「インド系、あるいはユーラシア系とアジア人種を、
さらにはヨーロッパ人とアジア人種を交配させ、
それによって立派な文明をこの地に生み出していく。
ただ日本人は除外し、もとの島々に隔離して衰えさせる」
    • good
    • 0

アジア人は黄色い猿だからです。


白人の支配者は身内ですから、退去させた後に、米国が乗り込んで、
支配すると、妙な事になるのでは?
    • good
    • 1

時代が違うからですね。


20世紀に入れば植民地は固定化されて独立の方向に進んでいます。

秀吉の朝鮮出兵にアメリカはもちろん何処からもクレームはありませんね。
    • good
    • 1

1.人種差別が大好きでやめられない人が大統領をやっていたから。


2.ソ連や中国の共産スパイが米政権内にうじゃうじゃ居たから。
今も隣の三バカが、米だけじゃ無い世界中で日本の悪口を、無いこと無いこと言ってるでしょ?
3.満州の権益(満鉄だったかな)で、日本がアメリカ人を裏切ったから。
少なくとも有力者に庇い立てはして貰えなくなった。
世界征服の意思ありとも取られたかも。
4.日本側にも共産スパイが紛れ込んでいて。
5.勿論米も植民地の占領者側だから。
6.米は、世界情勢、特にアジア情勢に疎いから。
我々だって、中東アフリカ東欧~旧ロシア圏のことはさっぱり判らないはず。
    • good
    • 0

そうだね。

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング