gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

永住権の取りやすい国は?

gooドクター

A 回答 (6件)

①フィリピン


②タイ
③インドネシア
④カナダ

です。
    • good
    • 1

永住権は、それを取ることが目的なんですか?


そこで何がしたいか、が先にあって、だからそこに永住したい、なんじゃないでしょうか。
私はプロファイルに記したようにアメリカに永住しました。
それは、アメリカでしたいことがあったから。
だから来て、それを出来るようにして、そしたらそれをもっとずっと楽しみたくなり、だから永住することに決め、それで楽しんでます。
    • good
    • 0

先進国は簡単ではないでしょうね。


米国の永住権プロセスをひととおりやった経験からいうと、米国も簡単ではないよ。もちろん家族ベース(米国市民の配偶者や家族)であれば、自分の実力とは関係なく永住権をとれるので簡単だけど、自分の力でとろうとすると現実には雇用ベース以外にはありません。雇用ベースの場合、H1-Bが最近はなかなかとれないので、まず雇用において高いハードルがあって、その先の永住権申請はさらに難しくなる。
米国の永住権プロセスは必ずしもメリットベースではないから、思った通りにはいきません。カナダやオーストラリアの永住権はポイント制だと聞いたことがあるので、それが事実ならそっちのほうが簡単じゃないですかね。もちろん、ポイントをとれるだけの資質が要求されるけど、その資質があればとりやすいはず。
    • good
    • 1

北朝鮮(拉致により)


フィリピン、タイ(年金等により適応法あり)
アメリカ、カナダ、オーストラリア(投資により)
イスラエル(改宗により)
    • good
    • 0

コスタリカ

    • good
    • 0

アメリカは比較的、永住権の取りやすいくにでしょう。


ワーキングビザを取得した後、10年たつと、グリーンカード、永住権の申請が出来ると、聞きました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング