次の角を、α+360°×nの形で表せ。ただし、-180°<α≦180°、nは
整数とする。

(1)400°
(2)-350°
(3)585°
(4)-630°

A 回答 (2件)

 いくら数学に弱い私でも、これくらいは答えられるのですが、でも方針だけ。



 問題の数値 = α + 360 × n

 の n に、-2 とか -1 とか 0 とか 1 とか 2 とか・・
どんどん整数を入れていって αについての方程式を解いて、
 α が 条件を満たすときに その形で表せるのでは。
「ちからづく」でやって良いと思いますよ。

 夏休みも終盤戦になると、宿題についての質問が増えますね。
やはり、宿題は基本的には自分の頭でやったほうが後々のためですよ。他の回答者の方々も同じ考えだと思います。

 どうしても分からなければ補足して下さい。
    • good
    • 0

自分でやりなさい、といいつつ回答しておく。



(1)400°=40°+360×1
(2)-350°=10°+360×(-1)
(3)585°=-135°+360×2
(4)-630°=90°+360×(-2)

なにがわからないのかわからない。
ただ単に答えを知りたいだけ、というのは自分のためにならない。

と、いちおう断りつつも回答するのは「せいぜい将来苦しめ」という皮肉から。
まあどうでもいいが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q0°≦θ≦180°で

0°≦θ≦180°で
y=sin^2θ-cosθ+3の最大値、最小値およびそのときのθの値を求めよ

最大値は 17/4 θ=60°のときなのはわかるのですが
最小値の値がわかりません。

教えてください。

Aベストアンサー

#4さんの言われる通り問題ミスか、答えのミスか、どちらかですね。

y=1-cos^2(θ)-cosθ+3=(17/4)-{cosθ+(1/2)}^2
なので
>最大値は 17/4 θ=60°のときなのはわかるのですが
この答えは間違い(答えが正しいなら問題の間違い)。
正しい答えは以下の通り。

cosθ=-1/2(θ=120°)の時、最大値(17/4)
cosθ=1(θ=0°)の時、最小値(2)

なお、問題が
y=sin^2(θ)+cosθ+3
であれば
y=(17/4)-{cosθ-(1/2)}^2
となるので
cosθ=1/2(θ=60°)の時、最大値(17/4)
cosθ=-1(θ=180°)の時、最小値(2)
となり、最大値が答えと一致します。

Qsinθ +cosθ =1/3 (0°≦θ≦ 180°) のとき、 s

sinθ +cosθ =1/3 (0°≦θ≦ 180°) のとき、 sin^2θ -cos^2θ の値。


この値の求め方がわからないので、わかる方は教えてください。

sinθcosθ=-4/9

sinθ-cosθ=√17/3 (3分のルート17)

であることは、求めることができました。

Aベストアンサー

sin^2θ -cos^2θ =(sinθ +cosθ)(sinθ-cosθ)
         =1/3 × √17/3
=√17/9

これんな計算でいいんじゃないのでしょうか

QnCr=n-1Cr-1+n-1Cr(1≦r≦n-1)の意味

こんにちは。
数学1+Cを勉強しています。
組合せの項目中、nCr=n-1Cr-1+n-1Cr(1≦r≦n-1)という等式が出てきて、説明では、
→n人の中からr人を選ぶとき、n人の中の特定の1人、例えばAに着目する。このとき、次の2つの場合が考えられる。
 (1)選ばれるn人の中にAが含まれている場合
   A以外の残り(n-1)人から(r-1)人を選べばよい。
 (2)選ばれるn人の中にAが含まれない場合 を考える。
   A以外の残り(n-1)人からr人を選ぶ

という説明ですが、よくわかりません。Aは必ずn人の中にいると思うのですが、どう考えればよいのでしょうか。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数式というのは何かの有効なものを一気に表すことも多いわけで
この「nCr=n-1Cr-1+n-1Cr」もその類.
つまり頻繁に使います.
ただし,あまりに強力な側面があるので
表立ってというよりもこっそり活躍しています.

どういうことかといえば,
この「nCr=n-1Cr-1+n-1Cr」は
二項定理そのものです.いわゆるパスカルの三角形の構成原理です.
これがあるから二項定理がでてきますし,
逆に二項定理があればこの式がでてきます.

もう一個,コンピュータでnCrを計算させようとした場合,
初等的な手法の応用として,この「nCr=n-1Cr-1+n-1Cr」の関係を
使いまわすこともできます.

ちなみにNo.3さんのいう
「この式に使われている概念は非常に有効です」
というのは漸化式に代表される
「帰納的定義」とか「再帰」と呼ばれる概念のことでしょう.
大上段にいえば数学の全範囲を支配しているといえるものです.
「nCr=n-1Cr-1+n-1Cr」は漸化式なので
この考え方を体現しているものの一例ではあります.

数式というのは何かの有効なものを一気に表すことも多いわけで
この「nCr=n-1Cr-1+n-1Cr」もその類.
つまり頻繁に使います.
ただし,あまりに強力な側面があるので
表立ってというよりもこっそり活躍しています.

どういうことかといえば,
この「nCr=n-1Cr-1+n-1Cr」は
二項定理そのものです.いわゆるパスカルの三角形の構成原理です.
これがあるから二項定理がでてきますし,
逆に二項定理があればこの式がでてきます.

もう一個,コンピュータでnCrを計算させようとした場合,
初等...続きを読む

Qsinθ +cosθ =1/3 (0°≦θ≦ 180°) のとき、 s

sinθ +cosθ =1/3 (0°≦θ≦ 180°) のとき、 sin^2θ +cos^2θ の値。


この値の求め方がわからないので、わかる方は教えてください。

sinθcosθ=-4/9

sinθ-cosθ=√17/3 (3分のルート17)

であることは、求めることができました。

Aベストアンサー

直角三角形にて
縦辺 a
横辺 b
斜辺 √a^2+b^2

 sin^2θ+cos^2θ
=(a/√a^2+b^2)^2+(b/√a^2+b^2)^2
=a^2/a^2+b^2+b^2/a^2+b^2
=a^2+b^2/a^2+b^2
=1

Q0°≦θ≦180°のとき、次の方程式、不等式を解け

0°≦θ≦180°のとき、次の方程式、不等式を解け。
(1)2sinθ-1=0
(2)√2cosθ+1=0
(3)3tanθ=√3
(4)cosθ<1/2
(5)1/√2≦sinθ<√3/2
(6)-1<√3tanθ<3


分かる方、お願いします!

Aベストアンサー

単位円を利用して解けば簡単に解けると思いますが…。

単位円の使い方は学習してないですか?

出来る所までやって、分からない所を質問して下さい。

以下単位円を描いてθ(の範囲)を求めて下さい。
(1)
sinθ=1/2
θ=30°,150°

(2)
cosθ=-1/√2
θ=135°

(3)
tanθ=1/√3
θ=30°

(4)
cosθ<1/2
60°<θ≦180°

(5)
1/√2≦sinθ<√3/2
45°≦θ<60°,120°<θ≦135°

(6)
-1<√3tanθ<3
-1/√3<tanθ<√3
0°≦θ<60°,150°<θ≦180°


人気Q&Aランキング

おすすめ情報