【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

ふるさと納税は、年金暮らしで住民税課税の人でもできるのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (8件)

自己負担2千円で可能なふるさと納税ができるかとのご質問ですね。


他に多くの回答がついているように、年金暮らしでも住民税を納税しているならふるさと納税可能です。
しかし一定以上の住民税を納めていないと寄付限度額が下がってしまい、お得感が得られませんのでご注意下さい。
    • good
    • 0

できます。



ただし、住民税課税であっても所得割額が無い場合は
ふるさと納税制度に伴う税額控除がうけられませんので、
利用できないと言えなくもありません。
    • good
    • 0

ふるさと納税が人気があるのは、


住民税が寄附した分を安くなり、
寄附のお礼がもらえるからです。

寄附した分支出が増えてしまったら、
『ふるさと納税』という制度は、
意味がなく、誰も相手にしなかった
でしょうね。

ですから、住民税が課税される人が
やるから意味があるので、
変でもなんでもありません。

ふるさと納税の制度としては、
住民税の20%が特例控除の限度額
ふるさと納税のお礼の品は、
寄附額の30%が限度
と決められています。

具体的には、
住民税が10万円あるなら、
20%の2万円が限度額となり、
2万円の30%、6,000円相当の
お礼の品がもらえることになります。

但し、寄附金控除の制度で、
2000円分は寄付額から引かれる
ことになり、
6000円相当の品-2000円
=4000円の得。
といったことになります。

住民税が5万円あるなら、
20%の1万円が限度額となり、
1万円の30%、3,000円相当の
お礼の品となり、
3000円相当の品-2000円
=1000円の得。
といったところが限界で、
住民税が年間5万円を下回るなら、
ふるさと納税をすると、
支出が増えてしまい、損をする
ことになります。

老齢年金の受給額からすると
単身で200万を超えるぐらい
妻帯者で250万を超えるぐらい
ないと、ふるさと納税で損をする
ことになります。

来年、後期高齢者医療保険の
個人負担割合が2割になる人
じゃないと、ふるさと納税で
損をすることになるでしょう。
    • good
    • 0

なんか変な回答が付いていますね。



「住民税が課税されていればできます」って、住民税非課税の人だってできます。

確かに名前が紛らわしいのですが、ふるさと納税は納税などでは決してなく、自治体への「寄付」です。

納税なら、好むと好まざるとに関わらず課税されたら必ず納めないといけません。
しかし、「寄付」はあくまでも個人の自由意志でするものです。

現在多くの自治体がふるさと納税を募っていますが、
「住民税非課税の貧乏人からは受け付けません」
なんて言っている自治体は全国のどこにもありません。

住民税が課税か非課税かなんてことは全く関係なく、懐に余裕のある人がやれば良いだけのことです。
    • good
    • 0

こんにちは。



 ふるさと納税とは、地方自治体にお金を寄付すると、「寄付額-2,000円」が住民税と所得税から控除(減額)される制度です。

 ふるさと納税の控除は、次の3つの合計です。
(1) 所得税の控除
 (ふるさと納税の額-2,000円)×所得税の税率(所得に応じて5%~40%)
(2) 住民税の控除(基本分)
  (ふるさと納税の額-2,000円)×住民税の税率(10%)
(3) 住民税の控除(基本分)
 住民税所得割の2割以内

-----------------------------------

>ふるさと納税は、年金暮らしで住民税課税の人でもできるのでしょうか?

 所得の種類は関係がありませんので、住民税が課税されていればできます。
    • good
    • 0

はい、できますよ。


ふるさと納税をすることで住民税も寄付金控除の対象になるのでやらないよりやったほうがいいと思います。
    • good
    • 0

出来ます。

寄付は自由です。
納めた税金があれば一部帰ります。
    • good
    • 0

全然問題無いですよ



要は次年度の還付金が多いか少ないかだけの話なので
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング