色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

課題で システム動作の理論的背景を説明せよ という問題が出たのですがどういった答え方をしたら良いのでしょうか? 例えばNANDゲートのみでORとの等価回路を作った時の理論的背景というのはどういうものなのでしょうか

gooドクター

A 回答 (3件)

理論的背景


NANDは入力がすべて真なら出力は偽
ORは入力のいずれかが真なら出力は真
NANDの入力をすべて接続すればNOT

NANDは入力がすべて真なら出力は偽
ということは入力のいずれかが偽ならば出力は真。「いずれかが」ということはこれは負論理のORです。入力が偽のときに成り立っているので入力をNOTしなければなりません。
つまり、入力をNOTしてからNANDに入力すればORになります。
    • good
    • 0

その場合の理論的背景はド・モルガンの法則ですね。

現在だと高校の数Ⅰで習うみたいですね。
    • good
    • 0

NANDを組み合わせた結果が、ORと同じである、


と言う事を証明すればよい、と言う事でしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング