数学者は何を研究してるのですか?
高校のときみたいに回答があるような問題を解いてるわけ無いですよね。
そもそも数学という学問が良く分かりません。未知の分野の学問のような気がします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>ところで,その未解決問題を解くのが専門の学者と,


>問題を作るのが専門の学者というのがいるのでしょうか?

私は学者じゃないので、正確なことは言えないかもしれませんが、
たぶん、解く人と作る人が明確に分かれているわけではないと思います。

よく数学の世界で言われるのは、問題を解く人よりも作る人の
方がすごいということです。
作る人というのは、深い洞察力を元に定理の予想をします。
予想というのは、はっきりと証明したわけではないが、
おそらく正しいであろう、という命題です。
優れた数学者になると、証明しなくてもほぼ間違いないと思われる
予想をするらしいです。
このことは数学者の藤原正彦氏のエッセーにも書かれています。

ここで勘違いしないでいただきたいのは、「予想」をした数学者は
解いた数学者より劣るのではないかということ。これは違います。
確かに「予想」をした数学者は予想をしたものの解けなかったわけですが、
それは解くために必要な理論や数学上の道具が、その当時未発達あるいは
なかったため、解こうにも解きようがなかったのです。
逆に言うと、「予想」をした数学者は時代を超えた卓越した洞察力が
あったとも言えます。
これは難問が解かれてきた数学の歴史を見るとそうなっています。

リーマン予想とかポアンカレ予想とかの難問を予想したリーマンや
ポアンカレは、生存中に偉大な功績を残しましたが、
このように自分の名前を冠する予想が後世に残された数学者は、
やはり他の同時代の数学者よりすごいように感じます。

いくつかの数学上の「予想」は懸賞金がかけられています(参考URL)。
そのうちのポアンカレ予想はTV番組「アッコにおまかせ」で紹介された
のは驚きでした。番組のカラーに合わないみたいですから。

参考URL:http://www.claymath.org/prizeproblems/index.htm

この回答への補足

今まで解答を下さった皆さん,どうも有り難うございました.
皆さんの意見を聞いていると,数学って面白そうな学問だなあ、と思いました.

補足日時:2001/08/27 03:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに無のものから何かを生み出すのは非常に大変なことだと思います.問題を予想して,後にそれが証明されたとき,その学者の偉大性がぐんと上がるんでしょうね.

お礼日時:2001/08/27 03:19

 純粋数学というのは、何かの役に立とうという気はもう、毛頭ないと言って差し支えない。

むしろ、面白い性質、美しい関係を見つけだし(予想し)、それをエレガントに証明するということに面白さ、美しさを見いだす、そういう活動です。ところが面白いことに、役に立たないはずのこれらの研究が、他の科学の分野で思い掛けない応用が見つかり大いに利用されるということがしばしば起こります。つまり、これまでにない物の見方、扱い方を提供してくれる訳です。

 応用数学では、最初から或る程度応用のことを意識した研究が行われ、同じ計算をするのでも、速く計算する方法がないかとか、純粋数学の理論を使いやすく整理しなおすとか、必要なら新しい数学理論を作るとか、そういうことが課題になります。

 数理科学はさらに応用に密着していて、特定の応用分野において様々な数学を利用し、必要なら新しい分野を開拓していきますが、そこで使われた技法には、応用分野を越えた一般性・共通性がある。同じ手法が色々な畑違いの分野で有効になることが多いのです。ですから、応用分野の内容よりも、使っている数学的手法の方から物事を整理して眺め、この手法があっちにも使えないか、という風に研究をしています。

 下記URLもご参考になるかも知れません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=43691, http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=31662
    • good
    • 0

数学者としての第一の仕事は、未解決問題を解くことです。

最近、といっても数年前のことになりますが、フェルマーの定理が解決されたというニュースが話題になりました。数学には、代数、幾何、解析と種々の分野がありましす。そして、未解決問題も数多くあります。数学者といっても現実的には、大学の教授や研究機関の研究者とさまざまですから、職場に応じた仕事もしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答してくださった皆さん,どうもありがとうございました。
ところで,その未解決問題を解くのが専門の学者と,問題を作るのが専門の学者というのがいるのでしょうか?

お礼日時:2001/08/25 21:32

解けるかどうか分からない問題を作って,


自分で解いているというのが近い気がします。

もちろん問題もどんなものでもいいわけでないですが。

また、解けている問題でも解き方が気に入らなければ,
別な方法をさがしたりしますね。


例えば,四色問題という有名な問題があります。
(参考URL参照)
これは、全ての地図は4色あれば塗りわけらる
(となりと同じ色にならない)という問題です。
これが本当かどうかを確かめるのも数学の一部です。
一応正しいと証明されてはいますが、
コンピュータに膨大な計算をさせるという解き方を
していたので、数学的には満足度が低いです(笑)
知力の代わりに機械の計算力を使った形になると
思うので、美しくないとか、エレガントでないって
ことになります。


こういうことばかりではありませんが、こういうのも
あるという分かりやすい例になるかなってことで。

参考URL:http://www.torito.co.jp/puzzles/126.html
    • good
    • 0

参考URLから第3章をご覧下さい。

そこに書いてあることが数学の本質であると私は思います。

…これだけではあまりにも素っ気ないので、私見を。
もし、「かけ算」が発明されていなかったとしたら、今の日常生活はどうなっているでしょう?インスタントラーメン18個買うのに、足し算が17回必要になります。数学を研究することは、日常生活の中にある一見複雑な出来事や問題を、公式に当てはめて分かり易くする、ということにつながる側面を持ちます。それを研究するのが数学者です。他にも、
・「この50mの紐をわっかにして四角く陣取りしたとき、どうすれば一番広く取れる?その時の面積は?」これは数学が役に立ちます。
・「有限要素法解析」物の強度などを計算する方法です。これにより、目的の強度を持った機械部品などを作ることがずいぶん簡単になりました。これがない時代は試作とテストに膨大な時間とお金がかかっていました。また、車の衝突安全性向上に大きく貢献した計算方法です。「ワイヤーフレームみたいに表現された車が衝突してつぶれていく。それでも車の中は安全」みたいなCMを見たことはありませんか?あれがそうです。
・「2進数」これがなければ現在のコンピューターは存在しえません。

数学は、ものすごく広い範囲で応用が利く学問です。そしてそれは芸術の一分野であると言っても良いぐらい、エレガントな物です。

参考URL:http://luckypool.hoops.ne.jp/number/number.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名大工学部志望の高3です。 数学の確率分野について、一対一対応の確率分野をやるだけで、名大の赤本を解

名大工学部志望の高3です。
数学の確率分野について、一対一対応の確率分野をやるだけで、名大の赤本を解き始めても大丈夫でしょうか?何かアドバイスがあれば教えてください。一対一対応の確率分野は、二周ほどはしました。回答お願いします。

Aベストアンサー

難関大学の数学の問題は、解法を知っていなければ解けないというものも多く、その類のものは正直慣れるしかありません。

例えば微分積分で7段の増減表があったりしますよね?(もしご存知なければ調べてみると良いでしょう)

名大に限らず、様々な難関大学の過去問を解いてみるといいと思います。

1週目は解けなくても良いので、答え合わせの時に解説をしっかりと読んで理解し、2週目以降に解けるようにしておくことです。

ちなみに私が高3の時には各大学の赤本と赤チャートを繰り返し解いていました。

Q数学の問題集に別解ある問題ありますが、その別解と本解の解きやすさの違い見て、解きやすい方を身につけて

数学の問題集に別解ある問題ありますが、その別解と本解の解きやすさの違い見て、解きやすい方を身につけていく方が良くないですか?ちなみに、数学3の場合の話です。記述型のみです。

Aベストアンサー

要するにどちらで説いてもいいんですよ。解く道筋が自分にとってつけやすい方で解いていけばいいです。ただ両方の道筋の付け方を理解することで、違う問題に対しても応用範囲が広がる可能性はあります。

Q数学の問題を解く時なのですが、ノートに丁寧に解くか捨てるプリントの裏にガーーっと解いて丸つけ見直しを

数学の問題を解く時なのですが、ノートに丁寧に解くか捨てるプリントの裏にガーーっと解いて丸つけ見直しをして捨ててしまうのとどちらがいいですか??
国立文系志望で今のところ数学はセンターのみです。

Aベストアンサー

現時点ですでに数学の力が相当にある(少なくとも、数学を得意だと思っている)なら、がーーと解いてもよいです。
もし、現時点で数学が苦手だと思っているなら、きれいに時間かけて解いたほうがよいです。
ただし、数学が得意だと思っている人でも、よくケアレスミスや計算間違えをする人は、計算用紙も答案なみにきれいに書いたほうがよいです。

それから、がーーと解く場合でも、「きれいに丁寧に」書く必要はないですが、
使う紙自体は、捨てるプリントの裏ではなくて、1問ごとにノートの真っ白なきれいなページ、を贅沢に使うべきです。
数学の勉強だけをひたすら必死に頑張ったって、せいぜい3~4日でノート1冊が埋まるくらいでは。
それでいて、ノートなんて100円ショップで3冊くらい一束で売っているわけで、最大で月300円くらい?そんなところをけちるべきではないです。
プリントの裏を使うなんてのは、金をけちるところを間違っています。
10円安い卵を買いに、200円のバス代使って1時間かけて遠くのスーパーに行く主婦みたいな。。

Q【数学って「解の公式」を丸暗記しないと解けないの?】 解の公式と判別式を丸暗記出来ない人は数学は無理

【数学って「解の公式」を丸暗記しないと解けないの?】


解の公式と判別式を丸暗記出来ない人は数学は無理ってこと?

数学って出来る出来ないとかいう以前に公式を覚える記憶力の問題では。。。

学校のテストでは公式は提示されていて、公式を使って解けるか解けないかを判断するのが本当の数学の試験と言えるのでは?

公式を覚える脳スペックを持ってない人は公式本持ち込みOKにしてくれないとフェアじゃない気がする。

Aベストアンサー

解の公式は丸暗記しなくても自分で導けます。
ですが、その過程を省略できれば良いので公式を覚えるだけのこと。

ならば、かけっこも一緒にゴールしないとフェアでないのですか?

Q素数が直感的直観的に分かる方法は何|哲学分野での質問を数学分野で質問再出発します

素数が直感的直観的に分かる方法は何|哲学分野での質問を数学分野で質問再出発します|素数が直感的に分かる人|になりたいのですが|どんな練習をつめばよいのでしょうか|完全に年老いた頭の固い人でも出来る方法が理想です|けれでも簡単な方法でも構いません|特定の答がないかもしれませんが|当方初心者で頭も柔軟性少な目なのでご容赦ください

Aベストアンサー

論理と直感。
これらはタマゴとニワトリのようなものと思います。
アナロジーを考えると、だいたい
代数と幾何。
初等整数論と初等平面幾何。
整数と平面。
素数と三角形。
算術の基本定理と三角不等式。
平方和の定理とピタゴラスの定理。

さて、三角形というものを考えるとき、直感的には、
図形
を思い浮かべますが、論理的に、
3つの点の座標、3つの直線の方程式、3つの辺長、3つの角度、一次独立なベクトル
を思い浮かべてもいいです。

次に、素数というものを考えるとき、論理的には、
数字
を思い浮かべますが、直感的に、
環の素イデアル、スキームのスペクトル
を思い浮かべてもいいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報