色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

「準ずる」とはどういう意味ですか?
「○○法に準じた▲▲の条例」は、▲▲は○○と全く同じではないということですか?

gooドクター

A 回答 (5件)

準ずる、は、違うものだが、これと同じに扱うという意味です。


▲▲は、○○法の対象とは違うものだが、▲▲は、○○法と同じに扱ってるということになります
    • good
    • 0

基本的には「同様の扱いをする」で事足ります。


法律の世界ではたまに「準ずる」の範囲が争点になったりすることもありますが、この場合は元の規定なり基準なり法律なりが定めているものより拡大解釈することはしないような慣習になっています。最高でも元の規定通り。
質問の内容だと元の法律の一部である可能性はあります。

「準じる」場合の一例として
法律なんかは古いものが散在していて、言い回しや指し示すものが明確に皆に理解できそうもない場面があります。みなに分かるように説明すると条文の文言が変化してしまうこともあったりします。
元は厳格で小難しくても「準じて」いれば当世風の平易な表現をしてもしてもいいわけです。厳密に言って全く同じと言うわけではないけど内容については違いはないという感じかしら。

一般的にも「同じような」なんだけど「準急」とか「準優勝」の「次ぐ位置」の意味合いが膾炙されているので「次善」と解釈する人が多いのも事実だと思う。

明らかに「次ぐもの」以外は「同様の扱いをする」でいいんじゃないですかね。
    • good
    • 0

法律用語の準じるは、準拠するです。



「○○法に準じた▲▲の条例」のばあい、「▲▲の条例」には「○○法」に書いていない事が書いてありますが、「▲▲の条例」を制定した省庁又は都道府県は、国会が制定した「○○法」にその根拠を持ちます。
    • good
    • 1

準ずるとは「基準に則る」という意味


「○○法に準じた▲▲の条例」というなら「○○法を基準にして作られた▲▲と言う名の条例」ということになります
▲▲は○○が存在しないと成立しない、ということでもあります
    • good
    • 0

知らない人からしたら同じようなモノじゃない?


くらいの感じですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング