秋田県で垢すりをやっているところを知っていたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして!


choukaisanさんは秋田市内にお住まいですか?
秋田市の土崎港にある、「あったまり~な」という日帰り温泉で、韓国垢すりをやっているはずです。(以前は、やっていましたよ)
そこは浴場の洗い場の一角が「韓国垢すりコーナー」になっていて、先客がいなければすぐにやってくれるようです。
一応、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有り難うございます。
私は由利郡在住なのでちょっと遠いかなあ。
でも時間があったら行ってみようと思います。

お礼日時:2001/08/26 17:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公立図書館で文庫が置いてある棚について

いわゆる小説、つまりフィクション系は「文庫」の棚に
置いてあるのですがノンフィクション系、例えば法律、
経済、言語、科学、数学などに関する文庫は公立図書館では「文庫」の
棚ではなくてそれぞれのジャンルの一般書の棚に入れ込んである場合がほとんどです。
個人的には文庫なら文庫の棚に置いた方が分かりやすいと思うのですが
これは図書館側の管理システムか何かの都合なのでしょうか。
例えば利用者が館内の端末で「法学講義はどこにあるのかな?
」と検索して「法学講義(岩波文庫)」と
表示されれば「法学講義は岩波文庫か。岩波文庫だから文庫の棚にあるんだろうな」
と文庫の棚に向かうのでは・・・と個人的には思うのですけど。

Aベストアンサー

それは、それぞれ市町村などの自治体によって管理システムが
違うのだと思います。

私の住んでいる地域(埼玉県某市)では、小説の文庫棚とは別に
学術文庫などの文庫棚もあります。
その棚の中は、まず分類ごと(例えば民法なら324)に区分され、
更に著者のアイウエオ順に並べられています。
文庫の種類(岩波文庫、講談社学術文庫などなど)別には並んで
いなかったと思います。

ただ、新書に関しては、岩波新書、中公新書、講談社現代新書、などの
ように、新書の種類別に、そして著者別に並んでいたと思います。

そういうのって、利用者(住民)の声を聞いていろいろと考えて
やっているのだと思いますから、「利用者の声」みたいな投書箱
(私の利用している図書館にはあります)に書き込んでみては
いかがでしょうか?

Q垢すりででる垢の事

垢すりででる垢の事についてききたいです。

垢(あか)って一体なんなのでしょうか?

垢を取ると何かいいことがあるのでしょうか?
体臭とかも垢が原因な事があるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

垢は古い皮膚だよ、新陳代謝で内側から新しい皮膚が形成されて古い皮膚がこすると垢となって剥がれるよ。

Q岩波文庫と講談社学術文庫の違い

岩波文庫と講談社学術文庫はどちらも知的な内容の本で、少し敷居が高い本ではありますが、岩波文庫と講談社学術文庫ではどちらがさらに敷居が高いのでしょうか?

またそれぞれの出版社の特徴も聞きたいです。

Aベストアンサー

文庫は基本的に敷居は高くはないです(どちらかと言えば敷居を低くする為に作られたのが「文庫」です)。

学術的になものに関して言えば古典的なものが多く、文学作品も含まれる岩波文庫と(どちらかと言えば)新しい学術を文庫化する講談社学術文庫と言うような棲み分けがされているし、「調べたいもの(知りたいもの)が有るか無いか」で選ぶべきものなので「どっちが敷居が高い」と言う様なものではありません。

Q垢すりはどれくらいの頻度でやるといいですか?

ボディーの垢すりはどのくらいの頻度でやるといいんでしょうか?
ユンソナさんは入浴時には毎日やると雑誌に書いてありました。
素肌には、あまりこするのもよくない気がします。
実際はどうなんでしょうか?
あと、垢すりをやるには、タオルではなく専用の垢すりタオルがいいのでしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ときどき垢すりに行きます。

そこでやってくれる韓国人のおばちゃんが言うには、自分では毎日やって、週に1度はプロにやってもらうのがベストだそうです。
垢すりやってくれるおばちゃんは、皆肌がツルツルで羨ましいです。

そこでも専用の垢すりタオルでやっていましたね。

私はそんなに頻繁にはやらないので
「あなたよく出るね~」って言われて結構恥ずかしいです・・・・。

Q司馬遼太郎さんの竜馬がゆくの新潮文庫版

こんにちは。教えてください。
司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」なんですが、新潮文庫版って出てないのでしょうか?
文春文庫のなら見つけたのですが、私新潮文庫が好きなんです。
紐ついてるし・・
新潮文庫のwebサイトも見たのですが竜馬がゆくは載っていませんでした。
やっぱり文春文庫しかないのでしょうか?

Aベストアンサー

私の知る限りにおいては、『竜馬がゆく』は文春文庫ですね~。

私も新潮文庫、活字の感じといい、しおり紐といい、好きなんですが …
どうしてもという場合は、しおり紐付きのブックカバーを利用しましょう。

Q垢すりのやり方を教えてください。

アカスリが一時期ブームになった時、
あかすりタオルをもらいましたが
使わずにいました。

先日、何気なく使ってみたのですが・・
普通に固形石鹸をつけてゴシゴシ洗い、
自分では満足したのですが・・・
友人に話をしたら・・・
石鹸はつけない&消しゴムのカスのような
物が出るはずと言い、試してみたのですが・・
ひりひりするだけで上手くできませんでした。

そこでアカスリのやり方などのサイト、または
方法があれば是非、教えて下さい。
よろしくお願いします。
是非教えていただきたい
上手く垢が出ませんでした

Aベストアンサー

使っている垢すりタオルによるかもしれませんが
私の場合はとにかくじっくりお風呂に浸かります。
のぼせるくらい長く入って肌をふやかしてから
一度濡らして固く絞った垢すりタオルを畳んで
きちんとタオルの面が肌に触れるようにして
軽くこすると消しゴムのように面白いほど垢がでます。
石鹸は使いません。
とにかくゆっくりお湯につかるのがポイントで
それを怠ると全然垢がでないこともあります。

垢すりは多くても一週間に1回。
こすりすぎない事。
(楽しくてこすりまくってたら大変な事になりました。)
入浴後にしっかり保湿することが大事です。

スベスベの肌になるので
男性にもとても喜ばれます♪

Q新書、文庫について教えてください。

本の種類で「新書」と「文庫」と言ったりします。普段何気なく使っておりますが、どういう本を新書というのでしょうか?また、文庫についてもイメージはすぐにわくのですが、「もう一回り大きかったりすると文庫とは呼ばなくなるとか・・」そういった細かな取り決めってあるのでしょうか?新書も文庫もなんとな~くイメージはわくのですが、定義付けを教えてほしいところです。また、世の中、新書でも文庫でもない本っていくらでもあると思うのですが、それらにも新書、文庫に対応するような呼称ってあるのでしょうか?(ハードカバーとかってよく聞きますが・・)もし、無いのならば、なぜ特別に新書、文庫だけそういった呼称が存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

手元にあった,少し古い「角川文庫」の「文庫本」の末尾に「角川文庫発刊に際して」という文がありました。
それによると,「良心的編集・廉価・書架にふさわしい美本」といったコトバを並べながら,戦後の荒廃のなかから,文化を広く一般に広めようとしている様子がわかります。

「単行本」や「全集」に対し,普及版という位置付けて作られたと思っていいのではないでしょうか?

Q垢すりは必要?不要?

とあるサイトでは、垢すりは不要とありました。
それを真に受けて、垢すりなしで1年ほどやってみたのですが、
垢が体の表面についてる感じで、風呂に入れば少し垢が浮きますし、触れば垢がボロボロとれます。
本当に垢すりは不要なのでしょうか?それとも体質によって違うのでしょうか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

一週間に一回、垢すりタオルで垢すりしています。
垢すりをしないでスポンジで体を洗うだけだと、風呂上りにバスタオルで体を拭くと、垢がぼろぼろとれます。
湯船につかれば垢が浮きますし。
垢すりが不用ということはないと思います。

Q文庫の本文用紙(上下)について

学生時代からず~~~っと疑問だったのですが、文庫本は出版社によって、本文用紙の上部がそろっていて「しゃきーん」となっているものと、不揃いで「ぼこぼこ」になっているものがあるのですが、それはなぜですか?(下部はどの出版社も揃っている、多分)
製造過程の産物か?それとも・・・知っている方がいらっしゃったら、教えてください。ちなみに、自分が持っている文庫で分類をすると、
上部が揃っている・・・文春文庫、講談社文庫、主婦の友社
上部が揃っていない・・・角川文庫、新潮文庫、岩波文庫
です。電撃とか、スニーカーとか、その他の文庫は持ってません。私は、ぼこぼこの方が味があって好きです。

Aベストアンサー

本の上の部分を天、下の部分を地といいます。綴じているのと反対の端を小口と言います。地と小口を裁断しないとNO1の方が仰られるようにペーパーナイフで切らないと読めなくなります。しかし、天は裁断しなくても不揃いになるだけで問題ありません。
そのため昭和2年に岩波文庫が発行される際に、経費削減のために天を裁断しませんでした。
新潮文庫は大正3年から発行していますが、本のサイズが現在とは異ります。所謂「文庫サイズ」の新潮文庫は昭和9年から発行された第三期のものからです。
角川文庫は昭和25年の発行ですが、当初はやはり文庫サイズではありませんでした。昭和26年から「文庫サイズ」となります。
いずれも天を裁断していませんが、理由はやはり安くするためと思われます。昔は天を切りそろえるという一工程を省くことで費用が抑えられたのですが、現在では機械化されているのであまり効果はありません。
古くからの文庫は伝統にしたがって(現在では特に理由はないが)天を切っていない。
あたらしくできた文庫では伝統がないので、最初から天を切り揃えている、ということだろうと思われます。
ご指摘の、文春文庫、講談社文庫、主婦の友社の文庫で一番古くからある講談社文庫でも昭和40年で最初の登場のときから天は切り揃えてありました。

本の上の部分を天、下の部分を地といいます。綴じているのと反対の端を小口と言います。地と小口を裁断しないとNO1の方が仰られるようにペーパーナイフで切らないと読めなくなります。しかし、天は裁断しなくても不揃いになるだけで問題ありません。
そのため昭和2年に岩波文庫が発行される際に、経費削減のために天を裁断しませんでした。
新潮文庫は大正3年から発行していますが、本のサイズが現在とは異ります。所謂「文庫サイズ」の新潮文庫は昭和9年から発行された第三期のものからです。
角川文庫は昭和2...続きを読む

Q垢すり

私はとっても汗っかきです。
それと関係があるのか、お風呂に入った時体中をこすると
大量に白っぽい垢が出てきます。
お風呂でなくても、汗などで体が濡れている時に
こすったら黒い垢が出てきます。
汚い話をしてすみません。


みなさん垢すりってされますか?
される方はどのくらいの頻度で垢すりしますか?
またオススメの「あかすりグッズ」を教えてください!

Aベストアンサー

それって垢ではなく石鹸カスだと思います。
安価な石油系合成石鹸を使用していると、石鹸カスが毛穴に詰まります。
湿った状態で擦ると、その石鹸カスがポロポロ取れるので、これを垢だと勘違いしてる人多いみたいです。
石鹸カスが毛穴に詰まっているという状態も、垢すりと称して必要以上に肌をゴシゴシ擦るのも、どちらもすごく肌に悪いです。
対策として、合成石鹸の使用をやめて、天然系の石鹸を使用することをオススメします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報