【初月無料キャンペーン中】gooドクター

今の物理学は数学的過ぎないですか?
結局、感覚的に理解できない数式は、無意味ではないですか?

A 回答 (5件)

アリストテレスの物理学が千数百年間も信用されてたのは「感覚的にワカル」ように思えたからでしょう。

しかし、デカルトが法則を数式で扱うことを考え出して以降、物理学の歴史は「感覚的理解」が敗北を重ねる歴史でもあります。
 リチャード・ファインマンは最も「感覚的」な物理学者であったと思います。彼が半世紀余り前に大衆向けに行なった講演の記録「物理法則はいかにして発見されたか」を一読なさるのをお勧めいたします。数式の意味だけでなく、「数式を使うことの意味」が丁寧に説明されていますので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「物理法則はいかにして発見されたか」
読んだ気もしますが、再度、読んでみます。

お礼日時:2021/06/11 11:05

数式が感覚的に理解できないのは学力が足りないからです。


あと、学問は基本的に客観的に理解する事を目指しています。なのでその質問は的外れになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>数式が感覚的に理解できないのは学力が足りないからです。

でも、そもそも間違った高尚な数学的モデルなら、逆に、「真面な人間は物理法則として理解できない方が正しい」可能性もあります。

お礼日時:2021/06/11 11:06

例えばの話ですが、超弦理論で必要とされる九次元空間を感覚的に理解できますか? 感覚的に理解できないものを記述し理解するには数学は非常に有用なツールです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

出来ません。超弦理論に興味ないです。
超弦理論は、ファインマンもトフーフト等の超大物物理学も、認めてないみたいです。
40年間、真面なアウトプットがないのも、高尚な数学的なモデルであっても、現実の物理世界とは全く関係ないかもしれません。

お礼日時:2021/06/11 11:07

それはしょうがないね。



物理学の本質は
「自然現象に潜む法則性を見出し一般化する」
ことにあり、この
「一般化する」がすなわち「数式化」なのである。

数式という共通のプラットフォームで記述できるから、文化も文明も異なる人類が、同じ法則を共有できる。

また、数式はもっとも合理的で客観化された記述方式である。
だから科学の世界で重宝されるのである。

その世界で勝負したいなら、その土俵に上がれるようにならなければならない。
相撲の制度なら理事クラスになって初めてその可否を云々できる。、
序の口や序二段の分際でなにを叫ぼうと物笑いの種である。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>序の口や序二段の分際でなにを叫ぼうと物笑いの種である。

それはどうなんでしょうか?
ダークマターやダークエネルギーとか、9次元とか、もし存在しなかったら、理事クラスでも、物笑いの種になる可能性は十分あると感じます。
「方丈記」に書いてあるように、人間、いい加減で儚い生き物なので、真実は神のみぞ知っており、人間が人間を笑うのは、傲慢だと思います。

お礼日時:2021/06/11 11:07

数式で記述出来るから、法則が解るという事です。


数式を感覚的に翻訳する作業も必要です。
が、それにも限界があります。

「運動量の変化の割合は力に比例する」
ニュートンがプリンキアで発表したこの内容、言葉で表現されていますが、式で書けますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それはその通りですね。

お礼日時:2021/06/11 11:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング