【初月無料キャンペーン中】gooドクター

そもそも箸を使わない文化圏では
トングとか発明?される以前、
料理で詳細な盛付時、
何でやってたのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (5件)

トングは「火ばさみ」で火を使うので出来たと考えられます


火を使うの調理をする頃にはトングが存在してと。

スープの際は器とスプーンを使てました 干肉やパンはナイフで削った後、手で食べましたが、食器は使ってました。
スープは石のように固いパンを浸す物で 今のように飲む物で無かった だから西洋ではhave a soup食べ物です。
    • good
    • 1

手で食べていたそうです。


道具が無かった(作れなかった)分けでは無く、
宗教の教えで、手で食べるのがマナーであると。
    • good
    • 0

今でも洋食を取り分けするのに大型のスプーンやフォークがありません? アメリカの学生向けカフェテリア(日本で言う給食)だと、料理を盛るのは主に大きめのスプーンとトングですよね。


昔どうだったかはわかりませんが、トングと箸以外の選択肢なんてたくさんありそうですが。
    • good
    • 0

盛り付けまでは調理ですので、調理器具を使うことが一般的だったのではないでしょうか。

いわゆるお玉やヘラ、フライ返し、等ではないでしょうか。
    • good
    • 0

手じゃない?


それも右手...左手は尻を拭く
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング