色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

選挙運動の規律は、選挙制度の仕組みの一部をなすものとして、国会が裁量により定めることができる。衆議院の小選挙区選挙においては、候補者以外に候補者届出政党にも独自の選挙運動を認めているのは、選挙制度を政策本位、政党本位にするという正当な政策的目的によるものといえる。
この記述は正しいか。誤っているか。
どなたかよろしくお願いいたします。

gooドクター

A 回答 (2件)

ひとは、重力にでも逆らって生きるというのでしょうか。

 それ以上の難解な難癖を付けると離反したりするのでしょうか。 あまりに小面倒なはなしは、国連本部所在地行きではないでしょうか。 過密だろうと疎密だろうとゴチャゴチャの無理がある。 本から怪しい正当ゴリ押しは、不正というのかもしれない。
 2010頃より人口爆発が人口爆縮へと下降カーブしたらしいですが、そうなると日本も世界の何かしら平均値へむかうのかもしれない。 政党の選挙騒ぎも、ひょう変して、おかしくはない。
    • good
    • 0

> 国会が裁量により定めることができる。


いいえ。
国会が定めるというならば、法律として定めることの意味になります。

> 選挙運動の規律は、
「規律」といういい方であれば、
運動の範囲を法に則り、政党が党員に指導するもの、
と言う事になるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング