『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

現在無職です.
今年の4月から1年間海外に留学します.
海外では保険に入る予定です.
この場合,日本にいない1年間の国民健康保険は支払わないといけないのでしょうか?

・国民年金は,免除してもらうと将来もらう額が少なくなるので一年間まとめて支払うつもりです.
・住民税は前の年の所得に応じて前の年の分を支払うので,住民票を移しても支払う額には変わりないため支払うつもりです.

●しかし,健康保険がどうしたらよいのかわからないのです.
健康保険は年金のように義務はないですし,日本にいないので医療機関を使いません.なので,支払わなくてもよいと思っているのですが,大丈夫でしょうか?
一年後日本に帰国した際に,再度入るつもりなのですが,一度抜けたら入れない,もしくは何か罰則があるのでしょうか?
もしくは,今収入がないため,親の扶養に入ってでも支払わないといけないのでしょうか?

素人でわかりずらい文章ですいませんが,詳しく知っておられる方,ご意見お待ちしております.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

度々melgirlです(笑)。



>半年は無職で働いていないのですが,昨年会社を
>やめるまでの収入が250万以上あります.
>4月から一年間は海外行くのであいもかわらず無職
>なのですが,昨年の収入がこれだけあると両親の
>扶養にははいれないのでしょうか?

これは健康保険組合によって規定が違うようですので一概にこうだ、と申し上げることは出来ません。
良く聞く「年間130万以下」という基準は収入がある場合の人について述べたものだと思うので、今現在無収入のあなたなら退職時にもらった離職票か雇用保険受給資格票をお持ちになれば大丈夫だと思います。(責任は取れないのでご両親が加入されている保険組合に直接電話してみて下さい。)

>また,両親の扶養になることで,両親の保険の支払い>が高くなって迷惑を掛けることにはならないのでしょ>うか?
細かい計算方法は分からないのですが、多少保険料は上がるはずです。ご両親の収入にもよるとおもいますが、うちの場合で言うと、私が主人の健保の扶養に入ったことで月額約2000円ほど上がりました。あなたのご両親は私の主人よりも収入が多いと思いますので(笑)それ以上になる可能性が高いと思います何万という単位ではないと思います。

・・・そうすると今扶養者認定を受けると、あなたが海外にいっている1年間は(仮に2000円UPとすると)2000×12=24000円あまり意味の無いお金を払うことになるわけですね。

3月末まで任意継続扱いなら4月1日から国民健康保険に入って、海外転出で資格を喪失した方が金額的には少ない払い込み(4月分のみ)ですむかもしれませんね・・・。

で帰国したら月が変わらないうちに扶養者認定を申請する方が良いかもしれません。月をまたいでしまうと、帰国した月は国保を支払わなくてはならなくなると思います。

まずはご両親の健康保険組合に
1、あなたが扶養者の条件を満たしているか
2.扶養者に認定されたら、ご両親の保険料がいくら上がるのか

聞いてみてはいかがですか?
その金額を比較してどちらが安くあがるか見極めてはどうでしょうか。

色々と面倒くさいでしょうけれどこれも留学の為!と思って頑張ってくださいね!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度もご親切に回答してくださりありがとうございます.
すごく勉強になりました.
がんばって,自分なりに調べてみようと思います.

どうもありがとうございました.

お礼日時:2005/03/02 23:00

#4さんの回答を読んでいて勘違いがあるといけないので質問です。



>海外では保険に入る予定です。
というのは、日本出国前にAIUなんかの留学生保険など
出国から帰国までを補償してくれる保険には入るご予定なんですよね?

治療・救援費用は無制限(又はウン千万)、傷害死亡・後遺障害1000万とか2000万とか・・・それくらいの額のしっかりした保険ですよね?

私がお話してきたのは、そういう保険に入ってから行かれることを前提にしてますので、確認のため投稿いたしました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

いろいろご親切にありがとうございました.

お礼日時:2005/03/02 23:01

米国留学経験があります。


米国の医療事情は非常に高額な請求がきます。Houston Medical centerの一室使用料金は24万でした。保険は保険会社と提携した医療機関出しか受けられません。それによほど高い保険でないと厳しい天井があります。安い保険はあとで困ることにもなります。旅行者保険に入っていないと到着日の事故(相手が無保険なら何も払ってもらえません)などに対応できません。入っていても応急処置のあと、本国送還費用までで終わりで日本で保険なければアウトです。日本の保険を切って出かけるなんて、いったいどの国に行かれるのですか?あるてんかん患者は3回目の発作で救急車を呼んだとき、累計が900万になり、保険が飛び家は借金で火達磨になりました。
 数字を計算してみれば、親の扶養に入ってでも支払う国保の格安さに涙が出ると思います。
 ただし、これはアメリカの場合で、ドイツやSWEDENは少し違うようです。滞留資格とセットでよく研究されることをお勧めします。
 基本は、病気の治療は日本で、です。

この回答への補足

お返事ありがとうございます.AIUの留学生保険の十数万円の保険に加入していく予定です.
国保ですが,入っていても海外では全く意味がないとききましたが,違うんでしょうか?

補足日時:2005/03/02 22:52
    • good
    • 0

>この間市役所に住民票の転居のことについて聞きに


>言ったら,あちこちたらいまわしにされ,係りの人
>同士が言い争うとく現場に遭遇してしまい,・・・
全くしょうがないですねぇ。あたりが悪かったようですね。役所の人はそれなりに勉強しておいてもらいたいものです。

もう一度申し上げますが、収入がなかったとしても国民健康保険料は(日本に居住している限り)支払わなければいけないことになっているのですよ。

文面から察するに今現在は親御さんの健康保険の扶養には入っていらっしゃいませんよね。
これから手続きをして扶養になれば、あなたの国民健康保険料は支払わなくてもよくなり、且つ親御さんの健康保険の被扶養者となり保険証が使えるようになります。
しかしあなたが退職(?会社にお勤めしていたら保険組合の健康保険を支払っていたと思います)してから扶養者認定された月の前月分までは"未納"扱いとなり、どうあがいても絶対支払わなければいけません。

ということは、4月に出国するのだからあなたが免除(?)されるかもしれないのは3月分と4月分だけでしょう。(今日は2月28日なので早く行動しても明日からだと思いますので。)

支払いの義務があることにまだ気付かれていないようなので、もしかして退職して間もない、ということでしょうか。普通1、2ヶ月位滞納すると督促状が頻繁に送られてきますので。

必ずしも親御さんの健康保険の扶養者として認定されるわけではないですから、確認が必要です。(あなたの年収が○○円未満でなくてはいけないとか、生計をともにしているとか)

帰国後すぐ就職できるかどうかわからないでしょうから、扶養者にしてもらえるならそれが一番良いと思います。

【結論】
1.親御さんの扶養者として認定されるのであれば早急にその手続きを行う。認定されたら市役所の国民健康保険課に行って資格喪失の届けを出す。(⇒これであなたは晴れて支払いの義務がなくなります)
認定されなかったら市民課(or住民課)へ言って海外転出の手続きをする。

2.親御さんに頼んで年金だけはちゃんと支払っておいてもらう。

私のオススメするベストな方法です。ご参考までに。

海外転出届を出さずに出国すると、帰国後丸々1年分を支払うまで請求されますのでご注意。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度もお返事いただきありがとうございます.
すごくよく理解できました.
会社は昨年辞めてからことしの3月まで一気に社会保険の任意継続で支払っております.
なので,4月からどうしようかと・・・思っていました.

半年は無職で働いていないのですが,昨年会社をやめるまでの収入が250万以上あります.
4月から一年間は海外行くのであいもかわらず無職なのですが,昨年の収入がこれだけあると両親の扶養にははいれないのでしょうか?
また,両親の扶養になることで,両親の保険の支払いが高くなって迷惑を掛けることにはならないのでしょうか?

何度も質問すいません.

melgirl さんのような方が市役所にいてくれたら,すごく助かるんですけど...残念です.

お礼日時:2005/02/28 18:15

こんばんは。


私の回答分かりづらかったですね。ごめんなさい。^^;
ご質問の回答ですが、

(1)住民票という制度は日本にしかないので、住民票を海外へ移す、という表現は正しくありません。
海外転出届けを出すことによって住民票が抹消(性格には除票)されます。それと海外転出届けは転出先の国名を書くだけなので正確な住所を記入する必要はないです。カナダならカナダと書くだけです。
因みに帰国したら、"戸籍の附票"を本籍のある役所でとってパスポート(帰国日が証明される)と一緒にもっていくことにより住民票を復活させることが出来ます。


(2)住民票をなくすことで国民年金の「義務」がなくなるだけなので支払いたい意志があるのであれば支払えば良いのです。海外転出届けを出したとしても、きちんと支払っていれば年金受取額が将来減額されることなくちゃんと支給されます。
つまり「支払いの義務」が無くなるだけなんですよ。

(3)はい、私は全ての手続きを市役所で行いました。まず市民課へ行って「海外転出したいのですが」とあなたの状況を話して下さい。恐らく、海外転出の手続きがすんだら国民健康保険課と国民年金課(市役所内)にまわされると思います。で年金課では「海外転出届けを出すけれども支払いたい」旨伝えてください。大丈夫ですよ、窓口の方はプロで同じような案件を何度も処理しています。窓口で詳しく聞かれたほうがよいでしょう。
因みに社会保険庁に出向いたり連絡をとることは一切ないです。

留学頑張ってください。

この回答への補足

ありがとうございます.
この間市役所に住民票の転居のことについて聞きに言ったら,あちこちたらいまわしにされ,係りの人同士が言い争うとく現場に遭遇してしまい,市役所に不信感をもってしまって,あれいらい聞きに行きづらくなってしまっていました.
健康保険は私は無職で収入がないので,支払わないほうがいいのか親の扶養になったほうがいいのかわからなくて困っています.
このことについて詳しい方いらっしゃったら回答お待ちしています.

補足日時:2005/02/28 00:46
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事何度もしていただきありがとうございます.
丁寧に教えていただきうれしかったです.

お礼日時:2005/02/28 00:52

健康保険も日本国内に居住している限り支払いの義務があります。

ただ年金と同じで、海外転出届けを出し住民票を抹消すると支払いの義務はなくなります。

因みに海外でかかった医療費は、海外傷害保険から支払われる保険金同様、国民健康保険からも支払われるようです。(市役所の係の方談)。

でもかかった医療費用は海外傷害保険で全てまかなえるでしょうから、必要でないと思われるのであれば支払いを続ける必要はないと思います。

この場合国民年金も支払い義務はなくなりますが、支払うこと自体は任意により可能ですので問題ないでしょう。

ただ、海外旅行傷害保険は出国の日から適応されるので出国する月までは払っておいたほうがいいですね。

で帰国されたら、役所に行って住民票の復活をさせ国民健康保険の手続きをして下さい。役所の方が丁寧に説明してくださると思います。一度抜けたら入れないとか、罰則などは勿論ありませんのでご安心を♪

この回答への補足

質問があります!
・(1)住民票を海外に移さなくても海外転居届けをだすことはできるのでしょうか?(外国での住所が固定されていないため海外に住民票を移すことができません)

・(2)住民票を抹殺したら,国民年金が任意免除の対象になってしまうのではないでしょうか?国民年金の将来いただける額が下がってしまうので全額支払いたいと思っているのですが・・・

・(3)国民健康保険は社会保険庁が窓口ではなく,市役所なのでしょうか?

無知ですいませんが,もしよろしければお答えいただけたらと思います.

補足日時:2005/02/27 15:05
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早いお返事ありがとうございます.

お礼日時:2005/02/27 15:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q留学中の健康保険って

会社を辞めて留学します。
留学中の健康保険についてですが、
留学中も日本の国民健康保険には加入しないといけないのですか?
アメリカでは、どのような保険に入らないといけないのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

*日本の国民健康保険
 海外に留学中、国民健康保険をやめることはできますし、
 帰国後、再加入もすぐにできます。
 しかし手続きが面倒で提出書類がやっかいです
 短期留学でしたらそのまま加入しておくほうがいいかと思います
 長期留学では帰国する度合いにもよると思いますが…
 ちなみに私の娘も大学に留学中(4年間の予定)ですが
 夏休みなどで年に2度ほど帰国するのでそのまま加入してあります
 (歯の治療などで帰国時にすぐに使うため)

*アメリカでの保険
 他の方も書かれているように保険に入らなくてはいけませんが
 娘の大学の場合は日本・米国どちらの保険でも良いということで
 東京海上日動の保険を契約しました
 大学側から保険サポート内容にいくつか指定があるのと
 保険約款の英文の提出を求められましたが大手企業ですと
 問題なく対応可能ですし、
 アメリカ国内でのサポート体制も整っています(24時間)
 アメリカでの保険については
 入学手続き時に大学側から指示があると思いますが
 早めに問い合わせると良いと思います
 

*日本の国民健康保険
 海外に留学中、国民健康保険をやめることはできますし、
 帰国後、再加入もすぐにできます。
 しかし手続きが面倒で提出書類がやっかいです
 短期留学でしたらそのまま加入しておくほうがいいかと思います
 長期留学では帰国する度合いにもよると思いますが…
 ちなみに私の娘も大学に留学中(4年間の予定)ですが
 夏休みなどで年に2度ほど帰国するのでそのまま加入してあります
 (歯の治療などで帰国時にすぐに使うため)

*アメリカでの保険
 他の方も書かれているよ...続きを読む

Q留学と健康保険(扶養)について

健康保険のことで困っています。
今年の年末に退職して、来年の1月末から半年間留学をする予定です。有休の消化をする為、離職日は2月15日となります。留学中の健康保険は国保に入るのか、それとも親の扶養に入るのかどちらがいいのでしょか。(得なのでしょうか)。また、保険の手続きはいつ、どこでどのように行えばいいのでしょうか。教えてください。そうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1年以内の留学でしたら、住民票をそのままにしておかれるのなら健康保険でもOKです。

>健康保険は国保に入るのか、それとも親の扶養に入るのかどちらがいいのでしょか。(得なのでしょうか)。

・国保の場合
国保には扶養というものがありませんから、加入することで被保険者となりあなたにも保険料が発生してきます。
保険料がいくらになるか前もって市町村役場に問い合わせるとよいでしょう。
手続きは国民年金同様、お住まいの市町村役場でします。

・親の健康保険の扶養の場合
親の扶養になれれば、保険料が掛かりませんので保険料負担を国保と比較すればお得といえます。
親が加入の健康保険が政府管掌の健康保険でしたら退職すればすぐに加入できます。
ただし、親の加入の健康保険組合の場合は独自の扶養認定基準がありますのですぐに加入が可能かどうか分かりません。
退職前に健康保険証の保険者にでもお問い合わせください。扶養になれない期間だけは国保に加入することになります。
手続きは親の会社の担当者がやってくれます。

留学にあたって病気・けがになられた場合は、原則1年以内を対象に「海外療養費」が使えます。
ただし、日本で健康保険に加入しているからといって国内のように保険証が使えるわけではありません。
「海外療養費」というのは被保険者が海外の医療機関で治療を受けた場合、いったん本人が治療費全額を支払い、帰国後「国内で保険医療を受けた場合に準じた医療費」が給付される制度です。
渡航前に健康保険の診療内容明細書、領収明細書などを用意しておかれるとよいかもしれません。
ただし、国保に加入されている場合、海外転出届を出されると国保の加入資格は失いますのでお気をつけください。

「海外療養費」(URLを参照)について詳しく書いてありますので、4ページ一通り読んで見てください。
http://allabout.co.jp/study/homestay/closeup/CU20030706/index.htm

海外旅行傷害保険のように全額カバーとはいきません。
なお、3月だけですが、クレジットカードを持っていると海外旅行傷害保険(保険期間3か月)がついているカードもあるそうです。
詳しくは下のURLを参照してください。
http://www.penguin-books.co.jp/e-travelers/ryugaku_hoken.html

渡航する前に保険のことは重要ですから、十分調べて決めることをお勧めします。

参考URL:http://waywardaki.exblog.jp/m2005-02-01#610904

1年以内の留学でしたら、住民票をそのままにしておかれるのなら健康保険でもOKです。

>健康保険は国保に入るのか、それとも親の扶養に入るのかどちらがいいのでしょか。(得なのでしょうか)。

・国保の場合
国保には扶養というものがありませんから、加入することで被保険者となりあなたにも保険料が発生してきます。
保険料がいくらになるか前もって市町村役場に問い合わせるとよいでしょう。
手続きは国民年金同様、お住まいの市町村役場でします。

・親の健康保険の扶養の場合
親の扶養になれれ...続きを読む

Q1年未満の短期留学(カナダ)の際の役所での手続きについて

1年未満の短期留学(カナダ)の際の役所での手続きについて

明後日からカナダへ7ヶ月語学留学をする予定です。
仕事は7月末日付けで辞めております。
渡航前の手続きについて困っておりますので分かりましたら教えてください。

今回は学生ビザで渡航しますが、実は学生ビザ終了後ワーホリビザにも切り替えたいと考えております。
ただカナダへ長期滞在の履歴があるとビザの許可に時間がかかったり、場合によっては下りないこともあると聞きました。(日本人ではないようですが学生ビザの期間内に申請をして却下された例もあるそうです。)

ですので今回は最初に考えていたカナダ滞在中にワーホリビザの申請をはせず、一度帰国して学生ビザが切れてからワーホリビザの申請をしようと思っております。(しかし語学学校に想像以上にお金を使うことになり、帰国後すぐに申請できないかもしれません。)
ですので現在の予定では学生ビザで7ヶ月→一度帰国になります。(ただ学校の進捗状況によっては学校を延長する可能性もあります。)

長くなりましたが、役所の手続きについて、
1、海外滞在が1年未満のため海外転出届は出せないと言われました。
(もし結果的に1年以上になるなら後から代理人を立てて遡って申請することも可能だと言われました。)
2、国民健康保険には加入するつもりはないのですが、大丈夫でしょうか?
海外旅行の保険には申し込み済みです。
父親が定年退職をしておりますので扶養に入ることはできません。
3、年金についてはもともと海外転出届を出そうとしていたときより後払いする予定でしたので、代理人を立てれば問題はありませんか?

今回、市役所に聞いた答えと市のサービスセンター(結果的にはそこから電話で区役所に問い合わせる形になりました)の答えが違っていて何が正しいのかが分かりません。
初めに聞いた市役所では状況をきちんと説明した上で、海外転出届を出して、年金については戻ってきてから支払う予定があるなら特別手続きはせずに放置すればいいと言われました。ただ督促は来るかもしれないけど理由を話せばいいと。
市役所の答えを受けて、先日海外転出届を出そうとしたサービスセンター(区役所)では今回の例では転出届は無理、もし一年以上の滞在予定として届けをだすなら1年未満で帰国した際に、住民票を入れることはできず国民健康保険についても加入はできないと言われました。(基本的に1年以上の滞在予定で住民票を入れることができるので、私のように戻ってきて数カ月してから再びカナダへ渡航予定のものは住民票を入れることができないそうです。)
また私について7ヶ月の留学と履歴を残されました。

市役所については問い合わせた時に時間がなく健康保険にまで質問することができなかったのですが、
サービスセンターの人には国民健康保険には加入する予定はないと言ったらすごく顔をしかめられました。(ただし区役所に電話を取り次いだこともあって、そんなに詳しいことまでは知らないようです。)

ちなみに私が一番気になっているのは住民票が入っていることによる住民税の支払いについてです。
1/1の段階で、市に住民票が入っていれば住民税を支払う対象になります。(ただし審査期間が数か月あって4月くらいまでは保留状態のようです。例え住民票を抜いていても2月や3月に住民票を戻せば住民税の支払い対象になります。)

私が手続きできるのが8/2のみになってしまうので、詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただけると嬉しいです。

1年未満の短期留学(カナダ)の際の役所での手続きについて

明後日からカナダへ7ヶ月語学留学をする予定です。
仕事は7月末日付けで辞めております。
渡航前の手続きについて困っておりますので分かりましたら教えてください。

今回は学生ビザで渡航しますが、実は学生ビザ終了後ワーホリビザにも切り替えたいと考えております。
ただカナダへ長期滞在の履歴があるとビザの許可に時間がかかったり、場合によっては下りないこともあると聞きました。(日本人ではないようですが学生ビザの期間内に申請をして却下...続きを読む

Aベストアンサー

詳しくはありませんがカナダへ1年未満の留学と、海外在住など経験者です。

1.始めの語学留学は「3ヶ月の予定でも延長するかも(結果的に1年近く留学)」と言う事で海外転出届を出しにいきましたが、普通に受け付けてくれました。役所の話によれば海外に出るのだから手続きしたほうがいいとのこと。
特に1月の年初に日本にいないならば海外転出届を出しておかないと住民税が1年分課税されてしまいます。1年分馬鹿になりませんよ。私は課税額50万円近かったですから。

2.海外転出届を出すと国民健康保険が自動的に抹消されます。カナダの場合、確か半年以上いるならば何らかの保険に加入しないといけないとあった気がします(語学学校独自の規則かもしれませんが)。海外旅行保険や留学保険等の加入で大丈夫なので国民健康保険は加入していなくても問題ないでしょう。

3.年金は任意です。つまり支払わなくても問題ないですが、年金の創支給額に何らかの影響はあるみたいです。
  2年間さかのぼって支払うことができるので帰国後支払う事もできますし、代理人を立てて任意加入と言う形で留学中に支払う事もできます。私は任意加入して両親に支払ってもらいました。

海外転出届は海外滞在何ヶ月以上とかは、自治体によって対応が違うみたいです。1年以上でないといけないと言う自治体が多いみたいなのでそうなると、住民票を日本におくことになるので当然住民税が掛かるでしょう。
住民税の課税も自治体によって違うらしいです。
私がいたところは1月1日に在籍しているかどうかだけでしたので2月帰国でも課税されないと言われました。

結局は海外転出届を実際出しに行ってだめと言われたら、住民税も国民健康保険も支払う事になると思います。
年金は無収入の間の措置があったと思いますので、海外転出届けの対応をもってそのまま年金課へ行き相談されるといいでしょう。

詳しくはありませんがカナダへ1年未満の留学と、海外在住など経験者です。

1.始めの語学留学は「3ヶ月の予定でも延長するかも(結果的に1年近く留学)」と言う事で海外転出届を出しにいきましたが、普通に受け付けてくれました。役所の話によれば海外に出るのだから手続きしたほうがいいとのこと。
特に1月の年初に日本にいないならば海外転出届を出しておかないと住民税が1年分課税されてしまいます。1年分馬鹿になりませんよ。私は課税額50万円近かったですから。

2.海外転出届を出すと国民健康保険...続きを読む

Q健康保険(社保)の扶養者(娘)が海外留学(約1年の予定)します。

健康保険(社保)の扶養者(娘)が海外留学(約1年の予定)します。
どのように手続き等すれば良いでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

扶養者が娘?
娘さんだから被扶養者ではないですか?

被扶養者としてお話しします。
健康保険としては、海外留学で日本に住んでいないのだから、被扶養者削除の手続きが必要ですが、帰国して再度被扶養者に入れる時、証明書がいると思います。
その時に必要書類がすぐに入手できるかどうか、海外留学だと難しい?

被扶養者が増減しても、保険料は変わりませんから、そのまま被扶養者にしておくのも一つの方法だし、削減と増加の手続きをするのも方法です。

出国まで、帰国してからのことを考え、私だとそのままにしておきますが。

Q留学中の諸手続き(健康保険・雇用保険・年金・確定申告など)について

来年の1月に会社を退職し、2月から半年間の留学を考えています。

そこで幾つか疑問点があり、こちらのサイトも含めて調べさせていただいたのですが個人の状況によって多少の差異があるようですので、私の場合どうなるのかということについて教えていただきたいです。

全体的な要望としては、なるべくメリット(費用が安くて済む or 援助や免除が受けられる)があるようにしたいです。
以下に現状思い当たる事柄について記載いたしましたので、ご教授願います。

■住民税
2007年に相応の所得があるということは住民票の場所に関係なく2008年に住民税をおさめないといけない?
(2008年1月1日に日本に住民登録がなくても変わらないですよね?つまり海外への転出届を出しても意味がないのではということです。)

※今年は年間を通じて収入があります。(20代社員の一般的な年収です。)

■国民健康保険
現状は会社の健康保険で退職後、継続しないつもりです。
留学期間が半年程度でも住民票を海外へ転出しないのであれば健康保険への加入を続けないといけないという認識でよろしいでしょうか?逆に海外への転出届を出すのであれば払わなくて良い?
□(扶養)
親の扶養に入って親の会社の健康保険でいるという方法もある。この場合料金もさほど高額でなく(2~3000円/月?)税金面での優遇があるのでメリットの方が高い?ただし、扶養に入る条件があるという場合もあるので実際に入れるのかは未知。
私は既に成人しているので親の扶養に入るという行為に若干の抵抗有り。

■国民年金
半年程度の留学では免除されない?こちらも健康保険と同様で転出届を出すと免除される。任意で払うこともできるが払わない方向で考えている。

■雇用保険
どうやっても退職後即海外へ行き、半年後に帰国ではその間受給する手段がないので諦めて事後に申請する。その場合退職後10ヶ月目から受給となる。(おそらく自己都合です。契約外の仕事をやらされたとかいえば会社都合になったりするのでしょうか?実際にひどかった面もあるのですが。)

■住民票
現在一人暮らしで渡航前にアパートを解約します。その後実家に籍を移そうかと思いましたが、上記の理由により海外への転出届とした方が結局は得になるのでしょうか。

■確定申告
2年前に株の繰越損が有り、今年も繰り越せるように申請しておきたいのですが、一般的には2月頃に申告だったと思うのですが、こちらは事前にできるのでしょうか。通常の税金などに関しては、全て会社で行っています。

その他、何かやっておいたことがいいこと、または上記の認識違いや、こういうやり方もある。こういうのも気をつけた方がいい。これはどういうこと?この情報がないと答えられない。などなどございましたらご指摘ください。

また、質問も多く文脈が乱れてしまい申し訳ないのですが、一部でもいいのでご教授いただければと思います。

来年の1月に会社を退職し、2月から半年間の留学を考えています。

そこで幾つか疑問点があり、こちらのサイトも含めて調べさせていただいたのですが個人の状況によって多少の差異があるようですので、私の場合どうなるのかということについて教えていただきたいです。

全体的な要望としては、なるべくメリット(費用が安くて済む or 援助や免除が受けられる)があるようにしたいです。
以下に現状思い当たる事柄について記載いたしましたので、ご教授願います。

■住民税
2007年に相応の所得があるというこ...続きを読む

Aベストアンサー

(私の場合実質的には12月28日に業務を終えその後1月までは有給消化となります。2008年分の住民税を免除したいとなれば12月の内に転出届を出すことなどできるのでしょうか?)

ご質問者の場合には住民税は給与所得から差し引かれていると思いますが。どのような支払方法を現在選ばれているのでしょうか?給与からの徴収であるならば、会社に退職前に2007年分の精算方法を通知しなくてはいけないと思います。1月退職ならば、最終給与で一括支払、12月退職なら、給与からの一括支払か退職後に自宅に納付通知書が送られてきますから、それに基づいての支払です。いづれにしても支払を免れることができることはありません。

健康保険:ご質問者は会社の健康保険と国民保険を混同されていませんか?企業の健康保険と転出は全く関係ありません。企業の健康保険は退職者に対してどのように扱うか規定している筈です。退職後も一定期間会社の健康保険に入ることも会社によってはできます。そのほうが国民健康保険に入るよりも個人にとっては得だからです。いずれにしても会社の規定及び退職者の選択になると思います。

余談ですが、留学時の医療保険、歯科保険はどうされるおつもりですか?米国は健康保険制度がありませんし、カナダは半年以上の留学生は加入できますが、3ヶ月の猶予期間があります。その他の国も似たりよったりだと思います。即ち、医療保険に日本か留学先で加入しなくてはなりませんが、考慮はされていますよね。また歯科保険は医療保険とは別に加入しなくては
なりませんが、ご存知ですよね。特に歯については
保険に加入しなくて、現地で泣いている人が多いです。

ちなみに日本の健康保険は海外の治療も適用されます。但し、払戻しの金額は日本で治療したとしたらいくらかかるかが基準になる為に、多くの場合はかなりの持ち出しになるようです。

住民票:実家に移せば、そこが所在地になりますから、国民年金の支払義務が生じますし、住民税が前年の所得に基づいて課税されます。但し、課税算出額以上に収入がないでしょうから、支払には及ばないと思いますが。

確定申告:2月16日からです。事前にはできません。

(私の場合実質的には12月28日に業務を終えその後1月までは有給消化となります。2008年分の住民税を免除したいとなれば12月の内に転出届を出すことなどできるのでしょうか?)

ご質問者の場合には住民税は給与所得から差し引かれていると思いますが。どのような支払方法を現在選ばれているのでしょうか?給与からの徴収であるならば、会社に退職前に2007年分の精算方法を通知しなくてはいけないと思います。1月退職ならば、最終給与で一括支払、12月退職なら、給与からの一括支払か退職後に...続きを読む

Q失業保険は会社退職後、すぐ海外留学にいくともらえないでしょうか?

12月に5年勤めた会社を退職予定です。その後、3ヶ月~6ヶ月の短期留学に行く予定です。
その場合、失業手当は、やはりもらえないでしょうか?
退職後、すぐに海外に行く予定なので、ハローワークに行く暇がないし、失業手当もらうには、何度かハローワークに通わないといけないと聞いたのですが・・・・・。

Aベストアンサー

勤続5年、自己都合で退職する場合は
3ヶ月待機の後、3ヶ月(90日間)受給できます。
受給期限は1年間です。

ですので、留学後に(期限の1年まで)6ヶ月以上あれば、帰ってきてから手続きをしても間に合います。
もちろん受給期間中は求職活動が必要です。

詳しいURLを貼りましたので、ご参考になさってください。

参考URL:http://www.oooka.gs/koyouhoken/kh_kikan.htm

Q1日違いで大違い?海外留学と税金の関係は?

 海外での留学と税金等についてお尋ねします。
 私は、世帯主、一人暮らし、2009年3月退職。2009年は収入があったので申告し、2010年はそれに従って住民税を支払っていましたが、海外転出届けを出した後、2010年9月25日に出国しました。2010年は無収入のため2010年度分の申告はしていません。

 まず住民税についてです。投稿する前に次のような回答を読みました。
・「1月1日以前に海外転出届を出した場合は、前年度の収入に対する課税が免除されます。よって海外滞在期間の住民税の支払い義務はありません。 しかし、帰国後に住民票を戻した場合、未納だった分の住民税の請求が発生するはずです。ただし、前年が無収入で確定申告をしていない人に請求は来ません。 」
・「1月1日現在、国内に住所を有しない場合は課税されませんが、付け加えると1年以上出国していた場合です1年以内に帰国すれば、それは単なる旅行とみなされ課税されます。」
・「海外が1年未満であれば、住民税免除の恩恵は受けられません。」

 これらをまとめると、海外転出届けを提出することで海外滞在期間の住民税の支払い義務はなくなる。1月1日に在籍しているか否かでその年の住民税(前年度収入に掛かるもの)の支払い義務があるか無いかが決まる。帰国以後の分については請求が来るが、前年が無収入で確定申告をしていない人に請求は来ない。ということになると思います。

 私の場合、2010年に支払っていた住民税が9月25日に海外転出したことで一旦支払い義務がなくなると思いますが、帰国した後どうなるのかが知りたいのです。今年(2011年)1月1日は海外に居たので、2011年度は課税されない(もとより2010年は申告していないので課税されないと思いますが)。しかし、今年(2011年)の9月に帰国後、元の市役所に住民票を戻すと2010年に支払っていた住民税の続きを支払うことになるのでしょうか。
 そこでひかかるのが次の点です。
・「1年以内に帰国すれば、それは単なる旅行とみなされ課税されます。」
・「海外が1年未満であれば、住民税免除の恩恵は受けられません。」
 その1年とは、1月1日から翌年の1月1日という意味なのか、それとも、パスポートに印字された「出国した日」から「帰国した日」のことなのかどうでしょうか。いずれにせよ、1日違いで大違いということがあるのでしょうか? また、
・「出国した次の日から、帰国した日の前日までが海外滞在期間になる」とも書いてありましたが、どうでしょう。たとえば、9月25日に出国し、翌年9月25日に帰国した場合、海外滞在期間は9/26 ~ 翌年9/24になり、1年と見なされないことになるのでしょうか?

 更に、「海外滞在1年以上は免除」のルールが適用されるのは 住民税だけですか? 固定資産税はどういう扱いでしょうか。
 国民健康保険や国民年金などは帰国以後再加入することになると思うのですが、それで間違いないでしょうか。
 ややこしくて申し訳ありません。どうか分かりやすい回答をよろしくお願いします。

 海外での留学と税金等についてお尋ねします。
 私は、世帯主、一人暮らし、2009年3月退職。2009年は収入があったので申告し、2010年はそれに従って住民税を支払っていましたが、海外転出届けを出した後、2010年9月25日に出国しました。2010年は無収入のため2010年度分の申告はしていません。

 まず住民税についてです。投稿する前に次のような回答を読みました。
・「1月1日以前に海外転出届を出した場合は、前年度の収入に対する課税が免除されます。よって海外滞在期間の住民税の支払い義務はありません。 ...続きを読む

Aベストアンサー

「2010年9月25日に出国しました」とありますが,出国しても2010年分の住民税(サラリーマンであれば2010年6月から2011年5月に徴収される分)の支払い義務がなくなるわけではありません。出国までに支払うか,口座振替などの方法で自動的に支払われるようにしておくか,納税管理人に支払ってもらうかをしなくてはなりません。何もしないでいるのであれば,それは単に納税が延滞している状態です。

2011年分の住民税は,2011年1月1日に住民ではないのであれば,全く発生しません。しかし住民であるかどうかは,住民登録の有無で形式的に決まるものではありません。住民登録があれば課税手続きに入って納付を求められますが,あとから実質的にみて住民でないと判断されれば納税する必要はありません。逆に海外転出届を出したとしても,出国の期間や目的,出国中の居住の状況等から,単なる旅行にすぎないと判断されれば,住民税が課税されます。(とはいえ2010年に所得がなければどちらにせよ非課税です。)

「1年以内に帰国すれば、それは単なる旅行とみなされ課税されます。」とか「海外が1年未満であれば、住民税免除の恩恵は受けられません。」というのは出国の期間が問題とされて単なる旅行にすぎないと判断された場合ということです。しかし,判断は単に「1年以内に帰国すれば」というだけでなされるのではありません。例えば3年海外にいる予定だったけど,病気になって1年以内で帰国したのであれば単なる旅行にすぎないとはされず,課税されません。
1月1日に住民であるかが明らかでないのであれば,「その人が日本国外において,継続して1年以上居住することを必要とする職業である」かどうかを見て判断してください。

> その1年とは、1月1日から翌年の1月1日という意味なのか、それとも、パスポートに印字された「出国した日」から「帰国した日」のことなのかどうでしょうか。

出国した日から帰国した日です。詳しくは下を参照。

> いずれにせよ、1日違いで大違いということがあるのでしょうか?

あるかもしれません。

> 「出国した次の日から、帰国した日の前日までが海外滞在期間になる」とも書いてありましたが、どうでしょう。たとえば、9月25日に出国し、翌年9月25日に帰国した場合、海外滞在期間は9/26 ~ 翌年9/24になり、1年と見なされないことになるのでしょうか?

9月25日に出国したのであれば,翌日の9月26日から起算します。翌年の9月25日でちょうど1年になりますが,翌年の9月25日に帰国したら,帰国した時点では9月25日が終わっていませんから,まだ満1年に到達していません。つまり1年以上ではないことになります。翌年の9月26日の帰国であれば問題なく1年以上でしょう。

> 更に、「海外滞在1年以上は免除」のルールが適用されるのは 住民税だけですか? 固定資産税はどういう扱いでしょうか。

固定資産税は,資産を持っていれば課税されるので住民であるかどうかは関係ありません。

> 国民健康保険や国民年金などは帰国以後再加入することになると思うのですが、それで間違いないでしょうか。

その通りです。ただし国民年金は「日本国籍を有する者で海外に居住する20歳以上65歳未満の者」に当てはまれば,海外にいても任意加入することができます。

「2010年9月25日に出国しました」とありますが,出国しても2010年分の住民税(サラリーマンであれば2010年6月から2011年5月に徴収される分)の支払い義務がなくなるわけではありません。出国までに支払うか,口座振替などの方法で自動的に支払われるようにしておくか,納税管理人に支払ってもらうかをしなくてはなりません。何もしないでいるのであれば,それは単に納税が延滞している状態です。

2011年分の住民税は,2011年1月1日に住民ではないのであれば,全く発生しません。しかし住民であるかどうかは,住民登...続きを読む

Q海外へ観光で3ヶ月間滞在するときの注意点は?

ベルギーに住んでいる友人宅へ3ヶ月滞在させてもらう予定です。
語学学校は行きません。就労しません。帰国日も最初に決まっています。
ということで「観光」です。

いつも海外旅行は1週間くらいなので特に気にしたことはないのですが、今回3ヶ月という長期間なので
他にやらなければならないこと、やった方が良いことってありますでしょうか?

今思いつくことは
・3ヶ月間の海外旅行傷害保険に入る予定です
・携帯電話の解約
・現地でも携帯を持ちたいのですが日本で借りるのと現地で借りるのとどっちらいいでしょうか
・市民税・県民税などの税は日本に3ヶ月間いない間は払わなくてもよいのでしょうか
・会社を辞めるので健康保険被保険者証を返却し、国民健康保険への切り替え(しかし3ヶ月間日本にいないので帰国してから加入でも大丈夫なのではと思っています。3ヶ月間は何も無し)
・年金はこの3ヶ月間も払わなければならないのでしょうか

くらいです。他にこれを持っていったほうが良いなど何かアドバイスがあればよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

会社を退職したら国民健康保険と国民年金に加入しなければなりません。いつ病気になったり怪我したりするか分からないので、国民健康保険は退職したらすぐに手続きするのが望ましいです。海外で病院に行って多額の治療費がかかった場合でも、高額療養費の規定が適用されます。帰国後に手続きしても国民健康保険も国民年金もどちらも過去に遡って徴収されますので。

海外にいたとしてももちろん市民税・県民税(住民税)の納付義務はあります。というのもこれらの税は「後払い」だからです。住民税は前年の所得に対して課され、6月から翌年の5月までの12ヶ月間で納付します。つまり質問者様が現在納めている住民税は平成16年1月から12月までの所得に対する税金で、平成17年6月から平成18年5月までの12ヶ月間で納付している途中ということになります。いつ退職なさるのか分かりませんが、通常は退職する際に希望すれば残りの分(平成18年5月分まで)は会社の方でまとめて納付手続きをしてくれます。この場合は最終の給料から天引きされます。会社で納付手続きをしてもらえなかった場合は、市役所から納付書が送付されてきますので、市役所やコンビニで納付することになります。また平成17年1月から12月分の所得に対する住民税の納付は今年の6月から始まりますので、その時までにお勤めでない場合はやはり市役所から納付書が送付されてきます。支払いが遅れますと追徴課税をとられますので、気をつけて!

携帯電話に関しては、私は海外でも使える携帯を持っていますので長期で海外に滞在した時でもそれを持って行って使っていました。日本にいるときと同じ番号・アドレスを使えるので便利ですが、国際ローミング通話料・通信料はとても高いのが難点です。日本でレンタルする場合この海外ローミング料金になってしまうので、海外でレンタルもしくは#1さんのおっしゃるようにプリペイド式携帯を買われるほうが安いと思います。
ただし、ヨーロッパの携帯は当然のことながら日本語入力はできません。使い方は現地語ができるお友達が教えてくれると思いますが、メールを書くときもアルファベット入力しかできないので不便です。海外に住んでいる友人の持っている携帯はアルファベットしか対応していないので、日本人どおしでも結局現地語でやりとりしていましたが、友人のパソコン宛もしくは日本の家族への連絡は日本語でメールできたので、高いお金を払うだけのことはあったかなと思います。通話だけなら外国製携帯で問題ないと思いますが・・・

持って行くとよいもの・・・普段自分はこれがないとダメだと思っているもの、ですね。1週間の旅行の間なら荷物を減らすために我慢しておいていくものでも、3ヶ月間って長いですから、持って行くあるいはあらかじめ友人宅へ郵送しておくとよいでしょう。私はお茶がないとダメなので、たくさんお茶を持って行きました。友人宅を拠点にしていましたが、観光のためホテル滞在の時もあったので、湯沸かし器を持ち歩いていました。
あとは薬。風邪薬・頭痛薬・胃腸薬・下痢止め・せき止めなどなど、家庭に常備しているものは一揃い持って行きました。3ヶ月もいるとなんだかんだといろいろ薬を飲みます。質問者様が女性なら衛生関係のもの。ベルギーでも売ってますけど、日本ほど種類が豊富ではありません。これらは軽いけど嵩張るので私はあらかじめ3か月分友人宅へ送っておきました。

会社を退職したら国民健康保険と国民年金に加入しなければなりません。いつ病気になったり怪我したりするか分からないので、国民健康保険は退職したらすぐに手続きするのが望ましいです。海外で病院に行って多額の治療費がかかった場合でも、高額療養費の規定が適用されます。帰国後に手続きしても国民健康保険も国民年金もどちらも過去に遡って徴収されますので。

海外にいたとしてももちろん市民税・県民税(住民税)の納付義務はあります。というのもこれらの税は「後払い」だからです。住民税は前年の所得...続きを読む

Q海外転出届・届け出日について

海外転出届は渡航14日前から提出可能とありますが、早く提出したいので、出発日を偽っても大丈夫でしょか・・。

提出後に出発日が伸びたと考えれば問題なさそうですが。

書類の提出が必要だったらまったく話になりませんが。

Aベストアンサー

海外への転出、海外からの転入届けを何回も経験しましたが、意図的に日付を操作したことはありません。いずれも忙しいときですから淡々と処理する方が面倒でなくて結果的によいと思います。

転出届けは本人の都合を考慮して二週間前からでも受付しますよということです。届け日と実際の出発日までに
市民としての手続きが発生した場合の処理方法を確認しておくことをお奨めします。(当然の質問ですから気にせずに)

出発日を決める。出発準備中の忙しい間を縫って
転出届けをする。翌日から貴方は日本に住んでいないことになります。(役所的に。実際はパスポートに出国日が記載されるので証明は可能)従って本当の出発日までに証明書発行や市民として権利駆使などが発生したときは困ることになると思います。

手続きに必要な書類に航空券は必要なかったと思いますので、出発日はあくまで本人が決めた予定日になります。なお、帰国時の転入届けはパスポートに基づくので
あれこれ考えることはありません。

Q国民健康保険に入っていない

今フリーターをしていますが、国民健康保険に入っていません。
将来就職したときに何か請求されたりするのでしょうか?
お金がないので、国民健康保険には入らないでおこうと思ってます。

Aベストアンサー

このまま、国民健康保険に未加入のまま就職したときに何か請求されるか?と質問ですが、
答えは「何も請求されません」。
このまま就職されるまで病院にかからなければ、何も問題はありません。

ただ、もし未加入の期間に病院にかかってしまうと、医療費を全額自己負担しなければなりません。
また、それを期に国民健康保険に加入すると、保険料については、前の健康保険を辞めたときからか、または現住所の市町村に住民票を置いた日から2年間(どちらか期間が短いほう)、遡って請求されます。これは地方税法に基づき滞納してしまうと財産の差押えの処分を受けることもあるので注意が必要です。
またもうひとつ注意が必要なのは、保険料は遡って納付しなければなりませんが、健康保険証が使えるのは健康保険に加入した日からということです。
これはあくまでも「保険」という性質上、しかたのないことですが・・・
最後に、これは制度の問題点だと思うのですが、国民健康保険は現在、市町村単位で運営していますので、住民票を他市町村に移すと、保険料の遡及はリセットされてしまいます。このことを利用して、保険料を遡って払わないひともいるようです。

このまま、国民健康保険に未加入のまま就職したときに何か請求されるか?と質問ですが、
答えは「何も請求されません」。
このまま就職されるまで病院にかからなければ、何も問題はありません。

ただ、もし未加入の期間に病院にかかってしまうと、医療費を全額自己負担しなければなりません。
また、それを期に国民健康保険に加入すると、保険料については、前の健康保険を辞めたときからか、または現住所の市町村に住民票を置いた日から2年間(どちらか期間が短いほう)、遡って請求されます。これは地方税...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング