gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

私の家は閑静な住宅街にあります。2階建てで築35年以上経過した木造建築です。
家の隣には結構大きめな空き地があって、三方向は同じような住宅で囲まれています。ショートサイトの一方向は細い道路に抜けています。
用途地域は第一種中高住宅専用地域ですが、周りは一軒家だけです。

その空き地が突然5階建てのワンルームマンションの建設予定地になってビックリしました。何か建つとは思いましたが、この地域で5階建てとは。マンションなら3階が限度と思っていました。
ポストに建物の概要が入っていて、それによると
・4階まではどの部屋もバルコニー付の窓がうちの方に向いている。
 5階はルーフバルコニーがうちの方に向いている。
要するに、ロングサイトのうちの方向に、一斉に窓が向いているという事です。

コロナだからという事で住民説明会もないそうです。
それもひどいのでは?地域的にこのレベルのマンションを建てるなら、事前に説明会を開いて、意見を聞くべきではないでしょうか?
コロナを盾として逃げているとしか思えません。

以下を心配して恐れています。
・2階建て木造の小さな家が、隣の5階建てマンションの高さに圧迫される
・日差しが遮断されたり、台風時に風が強まったりして被害を受ける。 
・一斉に窓がこちら側に向いているという事で、プライベートが侵害される。
・工事の騒音や振動はひどいと思われ、築35年の木造住宅なので目に見れない割れ目などが発生する。
・ワンルームマンションで多くの人が住まうため、治安が不安である。
・今テレワーク中で、オリンピックがあるのでまだまだ続くと思いますが、工事の音がうるさくてテレワークができなくなくなります。

広範囲で抽象的になる質問で申し訳ないのですが、せめて4階建てにしてもらえれば圧迫感は軽減されるし、風や日差しも救われると思います。プライベートも少しは保てるかもしれない。
あとは、何かあった時の保証、すぐにはわからないかもしれない家の傷みや崩壊につながった場合の保障またはテレワーク用のサテライトオフィスの料金の保証など、なにかでき事があればお知恵を貸してください。

gooドクター

A 回答 (6件)

まず用途地域について、都市計画法第9条第3項より抜粋。


『第一種中高層住居専用地域は、中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域とする』
おわかりですかね?
中高層の住居系建物を誘致する地域です。
もちろん2階建てや3階建ての専用住宅を排除するものではない。
混在もあり得るわけです。

で、今回のご質問の件。
あなたがお住まいの自治体で
「中高層の条例」
または
「紛争予防条例」
このような条例を定めていると思います。
この条例の主旨は、計画があがった時点で未来に起こり得る近隣との紛争(トラブル)をできるだけ抑えること。
これは今回のような建築行為だけでなく都市計画法による開発行為や区画整理事業にも適用されます。
いきなり開発行為の許可申請とか建築確認申請を出して、変更不可能なタイミングで近隣に説明しても遅い。
そのため各法令の手続きに先立って近隣に工事の内容を伝えて理解をしてもらうわけ。
手法としては
①現地にお知らせ看板と個別訪問で計画を知らせる
②必要とあらば説明会を開催する
③話し合いがまとまらなければ自治体が斡旋調停に入る

ちなみに事前の手続きとして近隣への計画の周知があるんですが、個別に資料の投函などでいいか、説明会を開催する義務があるか、は自治体ごとに違います。
私の地元では個別対応、説明会の開催を要求されたら開催の義務、で、いずれも結果の報告を自治体へ提出しなければなりません。
近隣住民が黙っていれば、それは質問が無いと業者も自治体も判断します。

まず「近隣住民」の定義ね。
この辺は自治体の窓口で説明があると思うけど、1例としてあなたのように「計画敷地に接する」方。
あと、私のところは予定建築物の最高高さと同じ長さで計画敷地の境界線から描く範囲まで。
今回が5階建てとのこと、塔屋まで入れて16mとすれば、境界線から16mまでが「近隣」住民。

で、進め方ですが、説明会が紛糾して話し合いにならなければ、地方自治体は住民の要望を受けて斡旋調停に入ります。
つまり、事業者と住民の間に入って仲裁をするわけ。

ここで注意。
自治体は中立です。
事業者の肩も住民の肩も持たないんです。
この問題は民事間のトラブルなので、行政不介入なわけ。
法律を運用する自治体として、ここに恣意は入れられない。
もしこれをしてしまうと、、、
首長(市長など)が、気に入らない人間の建築工事を妨害する、気に入らない人間の住民票の受理を拒否する、が可能となります。
なので、自治体は条例に基づいて処理はしますけど、建設反対の味方はしません。

それと、交渉について。
疑問があればどんどん質問をしてもらって、悔いの残らないようにしてください。
そして要望があれば絞り込んでおくこと。
「建設反対!」
であれば説明会は開会直後に終わって散会になり、それでおしまい。
事業者は建築計画まで立てて相当な経費と手間をかけています。
Yes/Noの2択で迫ればそれで終わりになる。
工事は止められない、これは理解してください。

斡旋調停とは収束地点が見える場合であって、絶対反対のスタンスであれば自治体は関わらず、住民側が建設阻止で訴訟に持ち込むしかない。

・2階建て木造の小さな家が、隣の5階建てマンションの高さに圧迫される
   ↓
これは仕方ない。

・日差しが遮断されたり、台風時に風が強まったりして被害を受ける。 
   ↓
日照について、日影規制には適合しているわけで、あとは法律の規制以上でどこまで譲歩するか、でしょ。
例えば敷地に余裕があれば建物の配置をずらしてもらえるか?
2階建てであっても隣地にかなり影を落としていますので。

・一斉に窓がこちら側に向いているという事で、プライベートが侵害される。
   ↓
民法の目隠しで対応可能か

・工事の騒音や振動はひどいと思われ、築35年の木造住宅なので目に見れない割れ目などが発生する。
   ↓
これは建物の階数とは関係無いと思うが。
いずれにせよ近隣の住宅などの事前・事後の調査はしますよ。
業者もクレーム受けたくないですので。

・ワンルームマンションで多くの人が住まうため、治安が不安である。
   ↓
これも昔はあったんですが、今はワンルームって珍しくないですよね。
昔はワンルームだと管理体制で様々な規制を付けたんですが、今は時代になじまない。
5階建てなら総戸数30戸は超えると思う。
ゴミも敷地内処分のためファミリータイプと差は無いのでは?
若い男女が暮らすアパートのほうがDQN度は高い。
   
・今テレワーク中で、オリンピックがあるのでまだまだ続くと思いますが、工事の音がうるさくてテレワークができなくなくなります。
   ↓
工事中の騒音や振動については業者へ質問だけでなく要望として伝えておくこと。

おそらくだけど、こちらが要望すれば工事の工程表も出すはず。
あとは現場で
「今週の工事」
などと、工事の内容の予定表が出ると思うので、あらかじめ音が出そうな工事を聞いておくことです。

いいですか?
第一種中高層住居専用地域は、中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域のため、5階建て程度の高さは争点にならないんですよ。
法律や自治体が定めた都市計画の主旨では「誘致」するスタンスですので。
問題となるとしたら建物の用途のケースが多い。
(例、大規模な物販店で路上駐車への対応、飲食店でカラオケの騒音、様々な異臭など)
ワンルームの共同住宅なんで静かなものです。
なら建設自体を反対しても意味は無いので、工事中の安全確保、騒音や振動への配慮、これらを争点としたほうがこじれなくていい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

法律的な詳しいご説明、ありがとうございます。
今の会議室はコロナ対策しているので、説明会の実施をお願いしようと思っています。
何回も読んで、今後の説明会などに備えようと思います。

お礼日時:2021/06/13 19:20

一度 関係役所機関に 相談される事です そして皆が団結して議論する


ワンルームなら賃貸ですから 色々と問題が出ますよ オーナーとも話し合う事 うるさい付近住民と思わさないと 嘗められるとだめ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
役所に相談してみようと思います。
どうなるかわかりませんが、とりあえずやれることは早急にやる!
です。

お礼日時:2021/06/12 18:50

質問者の気持ちはわかるが、#1回答者のおっしゃることが適切。


それに対するお礼はいささか礼を失しているように見受けられる。
質問者の隣地に5階建てを建てようとしているのは#1回答者ではないんだから。

それはさておき。
できることについて回答するよ。
まずはそのマンションが適法かどうかを役所など関係各所に確認すること。
近隣住人と相談すること。
具体的には、違法性のある点があればそれを近隣へ周知するし、違法性がなかったら環境の悪化や工事の影響について近隣への保証がないことを伝える。
肝になるのは近隣住人をできるだけ大勢巻き込んで反対運動や説明会実施の要求をするということ。

次に。
すごーくズルい話ーーー実によくある話だけれどーーーとして。
ある程度反対運動を煽ったところで、建築会社が個人個人を切り崩しに来るので、そのウラ交渉で個人的に恩恵を受けて反対運動を辞めるというのがよくある。
その交渉の場で個人的に受ける恩恵についてできるだけ有利な条件を引き出すこと。
個人個人に補償やサービスを提示してくるので、実現性のある内容の中で質問者が希望することで手を打つ。

例えば、4階建てにすることは不可能だけれど、隣地側(質問者宅)への配慮としてそちらに面している全室に目隠し対策を講じるとか。
工事による家の損傷についてはこれはごく普通に保障されることなので、特に個人交渉する必要もないと思う。
サテライトオフィス(?)については、工事期間中は騒音や振動があるということで施主の費用負担の交渉も可能だと思うよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いろいろ見たりして、説明会の実施は要求できる様です。
要求しようと思います。
境界の壁をどう設置するのか、バルコニーはどのようなものか、目隠しなどがあるのかなど、こちらがプライベートを保てるように検討されているかなど、いろいろな所の全体像がわかりません。
サテライトオフィスの費用なども、お願いしてみようかと思います。

お礼日時:2021/06/12 18:46

法律的に建築可能であれば、対策などないです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2021/06/12 18:50

こんにちは。


まぁお気持ちは分かりますが、No.1さんへのご回答にある
「もともといる住民の被害はどうでもいいんですね。お金、経済が中心で、精神的損害ははどうでもいい。法律はそういう風につくられているのですね。」
は、半分は当たりです。何も起こっていないのに予防的に「それはやめてくれ」というのは、その地域にマンション建築に関する特別な条例でもない限りこれはかなり難事になるということです。但し、日常生活の質が常識的に許容できるレベルを越えて損なわれる、またそのマンション建設に関連して明らかな経済的損失や精神的被害を被ったと判断された場合にはこの限りではないです。ただ、個人で訴えを起こすのは大変なので、弁護士さんの手配などかなり費用がかさむことは確かですね^^;。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2021/06/13 20:36

>閑静な住宅地の家の隣に建築予定の5階建マンションの対策



まず、一番大事な点です。上記のマンション建設が法律でなんの問題もないか、確認してください。(市町村に問い合わせれば、確認できます。)

法律上何の問題もないなら・・・

>以下を心配して恐れています。
>・2階建て木造の小さな家が、隣の5階建てマンションの高さに圧迫される。
>・日差しが遮断されたり、台風時に風が強まったりして被害を受ける。 
>・一斉に窓がこちら側に向いているという事で、プライベートが侵害される。
>・工事の騒音や振動はひどいと思われ、築35年の木造住宅なので目に見れない割れ目などが発生する。
>・ワンルームマンションで多くの人が住まうため、治安が不安である。
>・今テレワーク中で、オリンピックがあるのでまだまだ続くと思いますが、工事の音がうるさくてテレワークができなくなくなります。

上記の記述は質問者さんの単なる心配事であり、法律で守られる話とはならないでしょう。


>コロナだからという事で住民説明会もないそうです。

これが正しいかどうかは、役所に確認してください。


>せめて4階建てにしてもらえれば圧迫感は軽減されるし、風や日差しも救われると思います。プライベートも少しは保てるかもしれない。

4階建ての場合、建物を建てようとしている人に経済的損害を与えるよね?
それ、わかっている???
法律で認められている建物を建てる人に、「階数を下げろ」なんて言える権利のある人なんて、誰もいないよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

もともといる住民の被害はどうでもいいんですね。お金、経済が中心で、精神的損害ははどうでもいい。
法律はそういう風につくられているのですね。
わかりました。
役所に相談してみます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2021/06/11 22:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング