色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

1. まづ次のような随筆を見かけました。ずいぶんふるいものですが そこでは表題としても《精神疾患は社会の病気》というものです。この《病気》の部分をただの社会思潮であり社会現象だとして読んでみて欲しいのです。


2. ◆ 大野裕:精神疾患は社会の病気 ~~~~~~~
〔こころの健康学・日経2010・10・08夕刊7面〕
 ――立ち場によって男女比変化

3. しばらく前 このコラムでうつ病になるのは女性が多いと書いた。うつ病と診断される女性の数は 男性の二倍であることが分かっている。アルコール依存などは男性が女性の二倍になっている。

4. 女性にうつ病が多いのは 月経や出産 更年期などの女性ホルモンの変化が影響するからだと考えられている。そうした体の仕組みの違いだけでなく 社会的な立場がそれ以上に強く影響している。

5. ところが その立場が変わってくると 精神的変調の表われ方も違ってくる。世界保健機関( WHO )の国際比較研究を見ると 女性の社会進出が進めば うつ病やアルコール依存の男女比の差が小さくなってくる。うつ病では女性の割合が減り アルコール依存といった男性に多い精神疾患では女性の割合が増えてくるというのだ。

6. この傾向は国際共通だが 女性が社会進出するようになると ストレスへの対処の仕方が違ってくるのではないかと考えられる。

7. 社会的な立場が弱いときには 内向的になって心の中で悩む傾向が強くなるが 社会のなかで自分の立場を主張できるようになると 行動を通して悩みを発散する傾向が強くなるのかも知れない。

8. 精神疾患は単に脳の病気や心の病気だけでなく 社会の病気なのだと思えてくる。

(大野裕:慶応義塾大学保保健管理センター教授)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


9. さて一般に 上に立つガミガミ役に対して下に身をおくアース役がいます。前者が一般に 意識の排泄をおこない 後者がこれを受けとめる。
 
10. この関係を広く国家という社会形態に当てはめると ニ階建て構造にかんがみて次のように規定できると思う。

 《アマテラス( A )公民主導 ‐ スサノヲ( S )市民従属》連関
  
11. これは そもそもふつうの主権在民=スサノヲイズム(市民主権)をさかさまにした連関関係ではないでしょうか。

 
12. すなわちこの《逆立 A - S 連関制》から成る社会のあり方が あたかもフラクタル状態を呈するがごとく影を落としつつ 職場にあっても学校にあっても任意の二角関係にあっても往々にして――かなしいかな――現実となっている のではないだろうか。

13. イヂメを始めとしてあらゆるハラスメントに この逆立連関構造が現象しているはずだと仮説したい。

14. よって――《アース役》であることを通じて――世間でわざわざまちがって《精神疾患》とさえ呼ぶような精神にかんする社会現象のすべてが起きている。のではないか?
 


15. 単純に言って アース役である人たちから その配偶者あるいは子どもたちへといわゆるしわ寄せが行くのではないか?

16. ニート・引きこもり・あるいはうつなる現象は ガミガミ役を演じる人たちのそれぞれの人間性が すでに歪んでいるその損傷を何らかのかたちで引き受けているところから生じている――こう言いたいのです。

16-1. 人間性がすでにゆがんでいる。これは なぜなら お二階(A圏=もっぱらの公民圏)にアマアガリした場合には 《神のごとく如何なる者の下にも立つまいと堅く誓って世に処している》と考えられるゆえです。



17. ◆ 8. 精神疾患は単に脳の病気や心の病気だけでなく 社会の病気なのだと思えてくる。
☆ のではない。つまり 《脳の病気でも心の病でも》ない。そうなのではなく むしろガミガミ役の罹った《アマアガリ・シンドロームなるやまひ》を心に受け留めさらに人格の崩壊から守ることを引き受けている場合に生じる社会現象であり そうであるに過ぎず それ以外のものではないと。


18. 感じるところ考えるところをお聞かせください。

19. 引用の随筆について解説をしていただける方は おしえてください。


20. 鍵語として:
・ 《 A - S 逆立連関構造》
・ すなわち アマアガリ・シンドロームによって引き起こされる社会現象
・ ニートや引きこもりは この《逆立ち》による人格のゆがみをあたかもアース役または緩衝となって引き受けている状態である。
・ その《つとめ》をつうじて 未来社会へのつなぎ役とも成っている。

gooドクター

A 回答 (5件)

マーフィーの法則に面白いものがあります。


(日本語訳の原文とは結構違う、うろ覚えです)

・会議とは、無数の胃袋と一つの脳みその事である。
・一ついじれば悪くなる。二ついじればなお悪くなる。 --良くなるなんて誰が言った?
・紙が有ればペンが無い。ペンが有れば紙が無い。紙もペンもあれば書く事が無い。
・馬鹿と話をするな。側から見たらどちらが馬鹿か分からない。

なんとなく覚えてる法則ですが、今の日本にピッタリな語録ばかりだ。
ちなみに最後の馬鹿とは、この場合は私の事ですね、うん。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ ・会議とは、無数の胃袋と一つの脳みその事である。
☆ そういう場合もあるってところでしょう?


★ ・一ついじれば悪くなる。二ついじればなお悪くなる。 --良くなるなんて誰が言った?
☆ それは 原因を事前にしっかりと見つけていないと そうなる。


★ ・紙が有ればペンが無い。ペンが有れば紙が無い。紙もペンもあれば書く事が無い。
☆ 降れば土砂降り。


★ ・馬鹿と話をするな。側から見たらどちらが馬鹿か分からない。
☆ 世間体は 注意して心得ていることは大事です。けれども 見栄に生きているわけではない。


――でしょうかね。わたしに言わせれば。

お礼日時:2021/06/14 16:47

補足として。


99人は殆どの場合で状況を理解出来ないとは、日本社会による洗脳による効果が大きく、状況を打開する知恵や対抗策に関する知識を"義務教育では"学べないからである。
自己犠牲論や根性論を筆頭に、更にお金の話題をタブーとしながら隣の芝は青い(隣の花は赤い)という嫉妬だけは育つ環境である。そして学歴・能力(ともに数値化・可視化出来る要素のみ)至上主義(偏向主義?)であり、才能や努力を軽視するのも問題。
…つまり、1人の怠惰はノブレスオブリージュの心を持たない貴族であり、99人はその貴族に頭を下げ続ける事を疑問視しない、という事である。

社会源。
言葉の意味は実際のところ分からない(この質問の内容が社会源の説明であっても、私は本質の理解が出来てないです。)のですが、お金と結果・結論を重視し、過程や変化や人を軽視する社会が悪であると私は論じます。

あと、ニート論ですが。
例えばA〜Eの仕事(Aが楽、Eが大変)と1〜10の報酬(数字のまま。大きい程給料が良い)という50種の組み合わせがあるとして。
ニートはA-10の仕事しか希望しません。勿論、報酬の率が増えるほど必要な能力は高くなりますが、ニートにそんな能力はありません。当然ながら門前払いですが、納得するニートは皆無です。
そして、現実にはE-1の仕事が数多くあり、多分ですが日本の仕事の8割以上がD-3以下のような仕事だと思います。しかも、かろうじてD-4の仕事があるとして、その仕事ができる人を"最優秀"としてそれ以上の仕事を隠しているきらいがあるような気がします。
ハッキリ言って、ニートで無くともE-1の仕事なんか誰もやりたくないです。…が、生きる為に、或いは能力や運勢としてE-1しか出来ない人も多くいる。そこから逃げ出したニートは、果たして悪だろうか。
勿論、働きもせずに「A-10の仕事じゃない?じゃあやりたくない」とか言うニートは論外ですが。
えっと、抽象的過ぎな上に判り難くてスミマセン。

まぁ、あれです。日本は強者(ノブレスオブリージュ無き貴族)が弱者にあらゆる仕事・責任を押し付ける、社会でなくて国そのものが劣悪になりつつある状況だと思います。
個人的に、結果として、ですが、平成の空白の30年とは、「老害による若者のやりがい搾取を行い過ぎて進展が止まった時代」だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 99人は殆どの場合で状況を理解出来ないとは、日本社会による洗脳による効果が大きく、状況を打開する知恵や対抗策に関する知識を"義務教育では"学べないからである。
☆ 日本人たる庶民は おとなしいのです。いわゆる偉いさんは たいてい悪いことをやっていると知っています。そして口をつぐんでいます。

洗脳――クウキによる右へ倣え政策――だと分かっていても あからさまにそのことを暴露することはしません。おくゆかしい。

そして アマテラス公民圏なる人びとの言うことを受け容れた・あるいは信じたという振りをして生活しています。

――それだけのことだと思います。


次も同じコメントになります。
★ 自己犠牲論や根性論を筆頭に、更にお金の話題をタブーとしながら隣の芝は青い(隣の花は赤い)という嫉妬だけは育つ環境である。・・・



★ 社会源。
言葉の意味は実際のところ分からない(・・・)のですが、お金と結果・結論を重視し、過程や変化や人を軽視する社会が悪であると私は論じます。
☆ これはちょっと違います。

心のやまい・脳の疾患だという診断は 明らかに誤診だという物言いです。

ガミガミ役による意識の排泄を 受け留めてこれを精神の胃袋で消化して ごみ清浄化するという――外の――社会現象に起因するという仮説です。

生まれつきの自然本性はみな すこやかである。という大前提をみとめようと。



★ あと、ニート論ですが。
例えばA〜Eの仕事(Aが楽、Eが大変)と1〜10の報酬(数字のまま。大きい程給料が良い)という50種の組み合わせがあるとして。
ニートはA-10の仕事しか希望しません。・・・
☆ そうですね。否定しません。

問題は そのような精神の傾向が やはりマコムロ問題のような道理に合わない社会現象を受けてしかもガミガミ役に仕えるとなると 現われるということです。

つまり 次に同感です。:
★ まぁ、あれです。日本は強者(ノブレスオブリージュ無き貴族)が弱者にあらゆる仕事・責任を押し付ける、社会でなくて国そのものが劣悪になりつつある状況だと思います。
個人的に、結果として、ですが、平成の空白の30年とは、「老害による若者のやりがい搾取を行い過ぎて進展が止まった時代」だと思います。

お礼日時:2021/06/14 14:48

前提として、ハラスメントは受け手の問題であり、故に"絶対にハラスメントにならない言動"は存在しない。


また、100人中1人しかハラスメントだと感じない言動に対し、99人が1人に対し"我慢や根性が足りない"等の言葉は逆効果であり、つまり"平等という概念は机上の空論である"が成立する。

人間は、地球上に存在するあらゆる生物の中で最も貪欲で最も傲慢で最も非情で最も残酷な生き物である(多分、まだ言葉足らず)。そして、その残虐性は立場が上になる程に発現する確率、可能性が上がり、ただ1人の怠惰の為に99人が劣悪な環境を強制させられる。そして、99人は殆どの場合で劣悪な環境を認識、理解していない為に幸せな暮らしが出来る。
ニート、引きこもりは劣悪な環境を批判する人間であり、かつほぼ必ず状態を打開する能力を持ってない人間である。つまり、一言で言えば「ワガママしか言わない無能」である。
もちろん、先に書いたように元凶は99人に理不尽を与える1人の怠惰であり、ニートは99人側の人間で被害者の側面は、一応だがある。が、ニートの言動に理解・共感を持てる者は同じくニートだけである(例外も、多いですが)。
引きこもりはニートに近いが、自宅勤務の人間嫌い・人間不信の可能性のある存在であり、ニートとは区別する。引きこもりは情報が非常に少なく、また引きこもり自身が情報を封印するので、救出の方法は基本的に不明である。
もちろん、引きこもりニートは数居るニートの中で最悪最低である事は間違いない。自己完結型の思考をし、自己満足の思想をし、不幸を他者に投げ付けしかし不幸は無限に湧く。中々に、どうしようも無いのだ。

鬱病は、ニートを否定し、劣悪な環境を否定し、否定に疲れて自我が不安定になった被害者である。本質的に1人の怠惰が産み出した人間社会の闇の一つ。ニートのような自由奔放な性格であれば救いはあるが、ニートは社会的に死者として扱われる事が多く、つまり鬱病は詰みであり五里霧中の八方塞がりと言う絶望の中の絶望な状態に非常に近い。生き地獄とはこの事か。

結論として、1人の怠惰が一番悪い。が、全ての人間が有能で優秀な先導者(扇動者)にはなり得ず、また有能で優秀と言っても人間本位で地球環境として魔王たる存在と言える場合もある。
同時に、1人の怠惰が全て悪いと言うには責任転嫁が酷く、故に怠惰に責任を擦りつける個人も悪い。
…難しい問題である。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 前提として、ハラスメントは受け手の問題であり、
☆ はい。ただし:
★ 故に"絶対にハラスメントにならない言動"は存在しない。
☆ という通念にも 哲学はいぢわるくそれ以上をも追究する。


★ また、100人中1人しかハラスメントだと感じない言動に対し、99人が1人に対し"我慢や根性が足りない"等の言葉は逆効果であり、つまり"平等という概念は机上の空論である"が成立する。
☆ その上で哲学は なお単純に中身で勝負だと言う。


★ 人間は、地球上に存在するあらゆる生物の中で最も貪欲で最も傲慢で最も非情で最も残酷な生き物である(多分、まだ言葉足らず)。
☆ 前提として了解します。

★ そして、その残虐性は立場が上になる程に発現する確率、可能性が上がり、ただ1人の怠惰の為に99人が劣悪な環境を強制させられる。
☆ ハラスメントへの抵抗を除けばそうです。

★ そして、99人は殆どの場合で劣悪な環境を認識、理解していない為に幸せな暮らしが出来る分かりません。保留します。


★ ニート、引きこもりは劣悪な環境を批判する人間であり、かつほぼ必ず状態を打開する能力を持ってない人間である。つまり、一言で言えば「ワガママしか言わない無能」である。
☆ 批判は――よき批判も――ワガママから始まります。

★ もちろん、先に書いたように元凶は99人に理不尽を与える1人の怠惰であり、ニートは99人側の人間で被害者の側面は、一応だがある。が、ニートの言動に理解・共感を持てる者は同じくニートだけである(・・・)。
☆ ここは 言わずもがなでしょう。


★ 引きこもりはニートに近いが、・・・

★ もちろん、引きこもりニートは・・・

★ 鬱病は、・・・

☆ この三つの分析は 社会源だという説の批判には 要らないと思う。《受け手の問題》であるとして。


★ 結論として、1人の怠惰が一番悪い。が、全ての人間が有能で優秀な先導者(扇動者)にはなり得ず、また有能で優秀と言っても人間本位で地球環境として魔王たる存在と言える場合もある。
☆ このまとめの分析もいまはなくてよい。

★ 同時に、1人の怠惰が全て悪いと言うには責任転嫁が酷く、故に怠惰に責任を擦りつける個人も悪い。
…難しい問題である。
☆ ですから 《社会源》説でよろしいですか?

お礼日時:2021/06/13 14:12

私見ですが


発展途上国や未開国では
鬱などはないようですね。
衣食住が満たされたら
やることなくて
しょうもないことばかり考えて過ごすから
病気やなまけものになるのでしょう。

極端な話、また戦争が起これば
鬱なんぞで徴兵は見逃してはくれない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 極端な話、また戦争が起これば
鬱なんぞで徴兵は見逃してはくれない。

☆ ですから 《ボーっとして生きてるんぢゃないよ》でしょうか。


ご回答をありがとうございます。


そうですね。

★ 私見ですが
発展途上国や未開国では
鬱などはないようですね。
☆ 社会のじっさいの生活のあり方によって うつは起きなかったり起きたりする。としたら 明らかに《社会現象》でしょうね。

《母現病》といった用語を聞いたことがありますが それに合わせれば 《社会源》のやまひと言えばやまひ。

病むのは 止むことが――渋滞のごとく――多くなったというのでしょう。

けれども 《病院》という名づけからしておかしい。健康の宿とでも言ったらどうなんだ。



★ 衣食住が満たされたら
やることなくて
しょうもないことばかり考えて過ごすから
病気やなまけものになるのでしょう。
☆ これは 脳もからだもそして心も なまって来るんでしょうか。これは わづらひですかね。厄介なほどとどこおっている。


ありがとう。

お礼日時:2021/06/12 03:24

人間が不完全だというのであれば、人間には不安感を払拭することが出来ないからですね。



その不安感が通常レベルであれば、健常なわけですが。

不安の制御ができなくなると、精神病に至る訳です。

殆どの子は祝福されてこの世に生誕してくるわけですが。

対人関係が主ですが、そこがこじねれて精神疾患を患うのだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 人間が不完全だというのであれば、人間には不安感を払拭することが出来ないからですね。
☆ 人間は――もし誰もに生まれつき《ブッダター(仏性)》がそなわっているとしたら―― 完全な状態(そのチカラ)をあたかも潜在的にそなえつつ不完全な状態で ふつうの日常を 生きている。

この《完全‐不完全》の入り組み合った構造にあって 《不安感》を人間の有限なる人間性として持ち合わせている。



★ その不安感が通常レベルであれば、健常なわけですが。
☆ 自然本性は どこまで行っても――なぜならつねに《完全‐不完全》の複雑なるコンプレックス構造が 常態なのですから―― 健常です。

ただし その健常状態において コンプレックスが渋滞を起こすことがある。そういう意味で《不安感》がつよまる。または 不安感が固まってしまうことがある。


それは 健常であるゆえに 人によって感受性の違いなどからそれぞれのミラーニューロン現象の度合いが異なる。つまり アース力(りょく)の発揮具合いが異なる。それだけではなく 人によって――哲学は欲張りですから――多くの人の心の渋滞を受け留めその交通整理を引き受けることが起きる。



★ 不安の制御ができなくなると、精神病に至る訳です。
☆ アース役としての交通整理が たしかにうまく働かないこともある。失望のあまり《完全‐不完全》の二層を放棄した場合――神を知らないと言って棄てた場合―― どうにでもなれという自棄のヤン八に落ち入る。

朱に交われば赤くなる。ガミガミ役に似る。


★ 殆どの子は祝福されてこの世に生誕してくるわけですが。
☆ 《霊性(完全)‐人性(感性&知性:不完全)》の二層構造ゆえ 生きとし生ける者にブッダター(仏性)がやどると考えられているのだと。



★ 対人関係が主ですが、そこがこじねれて精神疾患を患うのだと思います。
☆ たしかに拗れますね。そしてそれは ガミガミ役をその暴走から守るためのアース役としての名誉の負傷でしょう。

それは 精神現象と言うより社会現象です。

内から来るのではなく 外から――悪貨が良貨を駆逐するかのように・また世間の津波をかぶるかのように――やって来るものです。


《神のごとく如何なる者の下にも立つまいと堅く誓ってアマアガリしたガミガミ役》を守護するためです。

お礼日時:2021/06/12 00:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング