最新閲覧日:

昔はコロッケがごちそうだったそうですね。今では
近所の惣菜屋で1個30円で売っています。安くて
美味しいので食べ過ぎに要注意です。そんな現代人に
とってコロッケがごちそうなんて信じられません。
どうして昔はコロッケがごちそうだったんですか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

一つは、和食が中心の食生活をしていて、自分の家の食事では、主婦も洋食を作る事もありあませんでした。


つまり、洋食は外出した時にレストランで食べる外食メニューの“ご馳走”だった事
そして、コロッケと言ったどんなコロッケを思い浮かべますか?

コロッケは元々は“クリームコロッケ”を言っていました。しかし、手間も掛かり高価な物になってしまいます。
そこで、もっと気軽に『コロッケを食べてもらいたい』と考えた日本人が、中のホワイトクリームの変わりに、安い食材の“じゃがいも”を使ったコロッケ“ポテトコロッケ”を考案してた事で、庶民的な料理にとして広まりました。
    • good
    • 0

今ほど裕福でなく、日常食べるものも限られていたからです。



ちなみにバナナなんかも、昭和30年代まではとんでもなく高価な高級舶来果実としての
地位を誇っていました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ