私は建築科の学生です。現在、在来軸組工法の継手・仕口について学んでいますが、教科書に載っている仕口や継手は理解したのですが、実際に建築現場で使われている土台、梁、桁、柱などの継手・仕口には、主にどのような種類があり、どのように施工されているのか等がわかりません。そこで、ご存知の方がいれば何でも結構ですので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

土台は、蟻継ぎ、腰掛蟻継ぎ、腰掛鎌継ぎなどで、柱位置より20cm位


離れたところに継ぎ手をもってゆきます。土台と大引は、大引に蟻を作り土台に
落とし込みます。柱は上下ホソでV金物等で固定、桁継ぎ手は腰掛蟻継ぎ、腰掛
鎌継ぎ、追っ掛け、金輪継ぎなど色々です。梁は、二点支持の場合が多いので
兜蟻か、蟻落しです。規格木材が4m,3mですのでおのずと継ぎ手の位置が
柱位置よりずれてきます。柱上で継ぎ手を作っても、その位置に桁、梁が十文字に
掛かるので弱くなります  最近の加工は、プレカットが主流を占めているので
継ぎ手は、桁、土台、母屋等など全て鎌継ぎです。一部で自分で墨付けして
いる所は、教科書に載っているような細工をしています。
あまり、アドバイスにはなりませんでしたけど・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐力壁以外の軸組の仕口【接合金物】

軸組みの仕口において、告示1460号で要求されている接合金物は
設計図に記載されていますが、
その他の部分(耐力壁でない部分の柱と横架材の仕口)については
金物で固定する必要があるのですか?
短ほぞ差等でつながれているだけで良いと解釈すればいいのか
その上でかすがいや、かど金物等で接合しておいたほうがいいのか
教えてください。

Aベストアンサー

>その他の部分(耐力壁でない部分の柱と横架材の仕口)については、金物で固定する必要があるのですか?
N値計算すると最低でも(い)の判定がつきます。
一応(い)の場合、短ほぞ差等でもかまいませんが、不安なら(い)平金物又はかすがい両面打ち、(ろ)の場合、(ろ)CP-Lで接合しておいたほうが安心です。
何かあった場合に、責任を負うのは、設計者と施工者です。
ご参考まで

Q2×4工法の建築条件付住宅と良い建築業者の見分け方って?

土地を購入する際、必ず指定の建築業者と建築請負契約をしなくてはいけない条件の住宅購入の検討をしている者です。

4LDK(78.23m2)1階は 洋室6畳 洗面室、浴室、トイレ
        2階は 居間16畳 台所 トイレ
        3階は 洋室5.25と5.25と4.5畳
        駐車場は2台可
 土地2000万、建物1290万 合計3290万です。
 縦長の鉛筆のような建物のようになりそうで、まだ実際に家ができていないので
 とても不安です.立地はとても気に入っているのですが、建物ガ賓祖な物になら ないか悩んでいます。
 この福岡の建○大ハウスには少し不信感があるので・・・
 
 と、いうのも駐車場には、コンクリートは敷き詰めないので、ということはご自 分で?か、そういうこまごましたものを後で請求するのかな?など
 2×4もよく解からなくて不安なんです.どなたか教えてください!

Aベストアンサー

良い建築業者とゆうのは施主さんの意向を良く聞いてくれ、それを基にお互いに意見を出し合いながら施工しなくてはいけないと思います。が、それを見分けるのは非常に難しい事です。今検討している業者さんの又は大工さんの実際に建てている現場、建てた後の現場、その建てた家の家主さんの感想などを見聞して判断した方がいいと思います。また、契約の際には契約書を良く読み、分からない点はどんどん聞いて、業者の言いなりになってはいけません。不安な場合は弁護士さんなどと一緒に行って確認しながら契約するべきです。2×4とゆうのは2インチ×4インチの材を使って建てる物で耐壁工法?(日本は柱で組み立てる軸組み工法?)と呼ばれていると思います。床、天井、壁を線ではなく面で形成させるもので地震など
外力に強いと聞いています。間取りなども比較的自由に設計できるので非常に人気があるのだと思います。とにかく、家は建てる人の夢が詰まっています。不安をすべて取り除いてから、事に臨んだ方がいいのではないでしょうか。まとまらなくてすいません。

Qこの仕口は何と言いますか?

この仕口は何と言いますか?
渡りあご掛けに似てますが・・・

Aベストアンサー

すみません。私のPCの環境では図が表示されないのですが・・・

Q在来工法とは??

家を建てるときのいろいろな工法があるようですが
在来工法ってなんですか。
大工さんが行う普通の木造建築のことですか?
この他にもなにか工法があるのでしょうか。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

耐震性と工法の関係は一定ではありません。

前回の回答の繰り返しです。
>質問がさらに発展する時には、新しい質問を書き込んだ方が良いとおもいます。

Qこの仕口は何と言いますか?

この仕口は何と言いますか?
渡りあご掛けに似てますが・・・

Aベストアンサー

私たちの方では、相欠きと呼んでいます

渡りあご掛けに似ていますが、建築構造本体には使いません
建築構造本体には、渡りあご掛けを使います

Q天井壁にひびがひどく、在来工法木造住宅築10年心配

私の家は、築10年目を迎える在来工法の木造住宅です。
5年前に一階の壁のクロスにひびが出始めました。
窓枠の上に一本ひび割れが天井までと部屋の四隅に少しひびが少し、その時に、工務店に見てもらいましたが、木造の住宅ではよくあることですと言われ、なにかパテのようなものを塗っただけの対応でした。
その後、他にはひびが出てきませんでしたが、それから2年後に、窓枠の下にひびが出始めました。
そして、それから一年後、こちらは雪が積もる地域で、大雪になり、二階のふすまが開かないくらいに家がきしみ、ふすまの上にひびが入るくらい、それでも、雪が解けてからは、元通り、ふすまが開く状態でありましたので、一安心していましたところ。
今年になってから、二階の部屋の各所に、天井から床まで縦にひびが入り、ボードの中まで亀裂が入っています。
小さい部屋では、天井には亀裂は入っておりませんが、大広間10畳の天井には、天井の真ん中から十字に壁まで亀裂が入っています。
壁材・天井の材質は、耐火ボード(石膏ボード)のような感じのものです。
(基礎がないところにくぎを打てばゆるゆると外れるようなボード)
それで、倒壊しなければ見栄えが、悪くても良しとするところですが、心配です。
因みに柱は節があるタイプのもので、当時大工に、柱に節があるけれど、大丈夫?と聞いたところ、
今の普通の家よりも、この家は、昔の家のように柱は太いのを使っているから大丈夫と言っていました。
今不景気で、リホームも難しい中、倒壊だけは避けたいのです。
柱がゆがんでいるぐらいなら良いのですが・・・・・

私の家は、築10年目を迎える在来工法の木造住宅です。
5年前に一階の壁のクロスにひびが出始めました。
窓枠の上に一本ひび割れが天井までと部屋の四隅に少しひびが少し、その時に、工務店に見てもらいましたが、木造の住宅ではよくあることですと言われ、なにかパテのようなものを塗っただけの対応でした。
その後、他にはひびが出てきませんでしたが、それから2年後に、窓枠の下にひびが出始めました。
そして、それから一年後、こちらは雪が積もる地域で、大雪になり、二階のふすまが開かないくらいに家が...続きを読む

Aベストアンサー

柱の節は強度には関係しません。むしろ節が有る方が強いとも言われている位です。

ちょっと心配なのが、基礎の不動沈下です。
基礎は東西方向、南北方向ともに端から端まで水平でなくてはいけませんが、地盤の強度が均一でない場合、片方だけが地盤ごと沈下することがあります。そうすると基礎の上にたっている木構造には曲げの力が懸かります。とくに大雪のときなどは何トンもの荷重が家全体を曲げようとする力が懸かります。昔、”我社の建物は頑丈です”ということをアピールする為に家に象を乗せた広告をした会社が有りましが、これは笑えました。実際、積雪の重さは象より重いからです。建築を知らない建築会社だということを全国に宣伝して笑いものになりましたね。

話を戻しますが、不動沈下が有るかないかは上を見るのではなくて床を見ます。
パチンコ屋さんで遊んだ帰りにパチンコ玉を数個持ち帰ったことはありませんか?
廊下や板の間など平らな床面にパチンコ玉を数個置いてみましょう。
家中どこに置いても置いたところに留まっていれば合格ですし、散らばったとしてもばらばらの方向に散らばるならば良しとしましょう。もし数個のパチンコ玉が同方向に一斉に転がるようだと、家全体が傾いているということになります。

家全体が傾く原因の第一は基礎の不動沈下です。
不動沈下ですと、建物内部を小手先で補修しても解決になりません。

立地が道路よりも低いとか、昔、田んぼや、窪地、沼地だったところで、地盤改良を十分に行っていない場合には良くある話です。
確認の上、不動沈下が疑われる場合はすぐに専門家に相談しましょう。。10年以内だと建築会社に瑕疵保証を要求できるかもしれませんので、専門家(消費者センター、弁護士事務所の法律相談など)に建築請負契約書を持ち込んで相談されることをお勧めします。

柱の節は強度には関係しません。むしろ節が有る方が強いとも言われている位です。

ちょっと心配なのが、基礎の不動沈下です。
基礎は東西方向、南北方向ともに端から端まで水平でなくてはいけませんが、地盤の強度が均一でない場合、片方だけが地盤ごと沈下することがあります。そうすると基礎の上にたっている木構造には曲げの力が懸かります。とくに大雪のときなどは何トンもの荷重が家全体を曲げようとする力が懸かります。昔、”我社の建物は頑丈です”ということをアピールする為に家に象を乗せた広告をした会...続きを読む

Q告示1460号2号ただし書きの仕口の件

告示1460号2号
壁を設け又は筋かいを入れた軸組の柱の柱脚及び柱頭の仕口にあっては、軸組の種類と配置に応じて、平屋部分又は最上階の柱にあっては次の表1に、その他の柱にあっては次の表2に、それぞれ掲げる表3(い)から(ぬ)までに定めるところによらなければならない。ただし、当該仕口の周囲の軸組の種類及び配置を考慮して、柱頭又は柱脚に必要とされる引張力が、当該部分の引張耐力を超えないことが確かめられた場合においては、この限りではない。

このただし書きの内容についてですが、引張耐力を確かめる方法として、N値により確かめられれば良いということなのでしょうか?
例えば、「短ほぞ差しかすがい打ち」でも、N値が0以下であれば「告示1460号に適合する接合部」になるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

このただし書きは、
N値計算法と許容応力度計算のどちらかで証明されれば良いという事です。
したがって、例えばN値計算してN値が0以下になったとすると、仕口(イ)短ほぞ差し 又は かすがい打ちでOKとなります。

Q給水工事の工法は分岐工法かヘッダー工法か?

現在、新築一戸建てを検討中で給水工事の工法で迷っています。
4LDKで2階建てですが、2階に水周りはありません。給湯はエコキュートです。
お風呂使用中に台所やトイレを使用したときに水量が減ったりしないようにしたいのですが、この場合さや管ヘッダー工法がいいでしょうか?
HM標準は分岐工法でヘッダー工法にすると15万のコストアップになります。
分岐工法でも、樹脂管のサイズを大きくすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧が落ちるエコ給湯みたいなので。
あくまで個人的にですが気にならないと思います。(シャワーについては、台所等の同時使用の場合は気になる場合もあるかもしれません)
どこまで質問者様が気にするかだけの問題です。

※ヘッダーにしたからといって水量の変化は必ずあります。あくまで少ないということだけです。メンテも床下は入れるなら特に問題なしと考えます。
気になるならシャワーだけ簡易ヘッダーみたいに一番手前で分岐をして配管してもらっては?どうなるかはわかりませんが・・・。

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧...続きを読む

Q梁と柱の仕口の強度について教えて下さい。

日曜大工で小さな家を建てています。建築確認などはプロに取ってもらいました。
今は梁や桁の部材を手刻みで、彫っているところです。
そこで質問なのですが、色々な部材が集中する部分の梁の強度に関してです。
四寸角の梁に、平ほぞで下から管柱が刺さり、上に小屋束が乗り、両サイドから別の梁が腰掛けアリ継ぎでかかる部分を刻み終わって、あまりに欠損が多い事に気づき心配になりました。平ほぞ+アリ継ぎは一般的だと思っていたのですが、この状態で強度は大丈夫でしょうか?
ご意見をお願いいたします。

Aベストアンサー

 管柱が四寸角だとして、写真の平ほぞの短辺側の外にある鉛筆(?)の線がその柱の大きさであれば、その線からほぞ穴までの範囲(ほぞの厚みが一寸だとしたら、その距離は二分五厘~三分くらいでしょうか)で3分の2以上のフル断面が、写真の梁に残っていることになるので、まあ大丈夫でしょう。

 次に同じような仕口が出てきたら、ほぞの幅を詰めてこの掛かりの寸法(写真の部分の長さ)が五分以上あると良いかも。

Qプレカット(在来工法)のミスについて

先日、上棟式が終わりホッと一安心です。
自然素材にこだわり基本的に「杉」&「漆喰壁」で作っています。

ですが、1カ所(柱1本)に漆喰壁用ラスボードの切れ込みが柱の同じ面に縦2本、幅各約1cmが上から下まで必要ないところに入ってました。

設計事務所に言ったら埋めるしかないですね・・・と軽く流されてしまいました。

最善の対応策は埋めることでしょうか?
柱を取替えてもらう(大変だと思いますが)ことは可能でしょうか?


ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

状況がはっきりしませんので、対応策として考えられるのは、

1.隠れる部分であればそのままとする
2.表しの部分(隠れない)であれば、デザインを考えてうまく隠すことを考える
3.単純に埋める
4.取り替える。
 2F柱であればまだよいけど、1Fでさらに構造上重要部分だとなるべく避けたいところ。
 金物工法なら取替えやすいけどホゾ組みしていると特に。。。

です。1番ですめば一番良いし、最悪は4番です。
出来れは一度組みあがったものは極力はずしたくはないです。

まあそういう小さなミスというのはこれからも出てくると思いますよ。
建築の場合は一品物なのでいたし方がない点ではあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報