【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

神話を入り組ませていますが その趣旨を採っていただければと思います。

日本人の思想(生活態度)は オホタタネコを市民の代表とし 市民からの推挙を受けて立った崇神ミマキイリヒコイニヱを市長としたミワ(三輪)市政に始まると思います。(紀元300年ごろ 奈良・三輪山付近)。

§1 シントウの原形またその確立
――《ネコ‐ヒコ》連関 あるいは《イリなる歴史知性》の誕生――

三輪山に祀ったオホモノヌシなる神が 聖霊となって イクタマヨリヒメに生ませたのが オホタタネコだと言います。ある時 疫病が出て困り 市長(ムラヲサ)は このオホタタネコを探し求めたそうです。祟りという認識でしたから 祀れば 平らかになるだろうというものでした。(この同じ系譜のスサノヲやオホクニヌシの記述には 薬草を求め医療に熱心であったともあります)。

けれども 《ネコ》は 根子で大地の子であり 《ヒコ・ヒメ》は 日子(彦)・日女(姫)で太陽の子です。これは 一人の人における身体(=ネコ)と精神(=ヒコ)とに当てはめられるでしょうし あるいは 市民政府として 市民一般(=ネコ)と市長および公務員(=ヒコ)とに やはり当てはめて捉えてもよいと思います。つまり 社会形態としても そのように共同自治のかたちが確立し始めたと考えられます。
 
つまり この《ネコ‐ヒコ》連関は 基本的に一人の人間において 《身体‐精神》の総合なる存在を表わし また かれ(かのじょ)が 社会的にも《市民(わたくし)‐公民(おほやけ)》の両要素の連関から成る存在であると主張します。
 
そしてそのような内容をもって 《イリ(入り)》なる歴史知性の誕生を見たと捉えます。
 
崇神(いわゆる天皇としては 第十代ですが)ミマキイリヒコイニヱのミコトの名にある《イリ》であり《ヒコ》のことです。そういう歴史知性であり これは 人の自然本性(=《ネコ(S)‐ヒコ(A)》連関)にもとづく世界にそのまま《入り》したというその自己還帰のことです。《世界-内-存在》とも言います。市民のほうは その代表として あたかも概念として 《オホタタネコ》(⇒スサノヲ)が当たります。

§2 歴史知性の以前――《ヨリ》なる歴史知性=原始心性――
 
《オホタタネコ‐ミマキイリヒコ》連関の社会の以前では イクタマヨリヒメというように《ヨリ(憑依)》の知性だったわけです。アニミスムないしシャーマニスム(たとえば 卑弥呼を想え。《鬼道をよくした》と言います)であり 何ごとにも寄り憑くというべき歴史知性以前の知性です。原始心性とも言います。これも シントウの原始的なかたちだろうと思われます。その《何ごと》は 《かみ》と呼ばれたのですから。

人は 《イリ歴史知性》の自覚のもとに ものごとに対して 《ヨリ原始心性》としての寄り憑くことが少なくなった。このように 歴史的な(――つまり 農耕のように 種蒔きから実のりまで時間の経過を人も共に生きるそのような時間的な・相対的な――)自然本性に自己が到来するなら 人間の生活は そしてさらには人類の社会と歴史は すでにふつうに 営まれていくと言えます。(そこでは 潜在能力が ただちに現われようとして待機している状態にまで来たと言えるでしょう)。


§3 《イリ》歴史知性からさらに《ヨセ》なる超歴史知性の出現

イリなる歴史知性に基づきつつも まだ 昔のヨリ(憑依)なる原始的知性の状態にある人びとは 残っていました。これを導こうとして 自らの力のもとに かれらを《ヨセル(寄せる)》ということを行なう人間が出ました。
 
すでにその原形が 卑弥呼(ヒメのミコトの ヒとミとコで 中国の史書に載ったか)のシャーマニスムでした。アニミスムの親分というような性格の心性です。しかも こんどは すでに歴史知性に芽生えたあとの《ヨセル》です。これは すでに イリ歴史知性を その知性の能力にものを言わせてアマガケルところのスーパー歴史知性です。たぶん 観念(イデア)の帝国を すでにいの一番に思い描くのでしょう。
 
神功皇后オキナガタラシヒメのときに この《ヨセ》の記事はあるのですが その後も かのじょの系譜に見られるという意味で この《ヨセ》なる超歴史知性を 広くアマテラス族と呼びます。《タラシ》でもいいはずです。アマテラスのほうが 一般性があります。正確には 崇神ミマキイリヒコも アマテラス族ですから やはり それとは区別するなら スーパーアマテラスと呼ぶといいでしょう。

§4 《イリ歴史知性》を基礎として 《ヨリ原始心性》および《ヨセなる超歴史知性》とが 共存する

アマテラス(天照らす)というのは その言葉どおりに もともとは ヒコ(日子)と同じであろうと考えます。人間の精神であり 理性の光であり 社会的な役割としての公民です。崇神イリヒコなるアマテラスの系譜には のちにタラシ系統(スーパーアマテラス)から出た雄略ワカタケrルによって 謀略に遭い殺されたイチノベノオシハのミコがいます。その双子のオホケ・ヲケは 命からがら逃げて あとで 身分を明かし名乗り出るといった歴史があります。そのあと 市長となったとき(顕宗ヲケ=弟そして仁賢オホケ=兄の順序でなったとき) 父の仇の雄略ワカタケルの陵墓から ほんの少し土をけずって 復讐に代えたという逸話があります。
 
つまりふつうのイリヒコ系アマテラスと ヨセ=タラシ系のスーパーアマテラスとのちがいを 見たいという主観(えこひいき)です。

したがってというほどに 後者の《ヨセなる超歴史知性》は けっきょく そのヒコ=アマテラスなる指導者の地位を 専門化させ――それはそれは もともと秀才でもありましたが 人一倍も二倍も勉強し努力しました その結果―― 社会から単独分立し もともとの市民政府ではなく その上に社会的な第二階を築き そこを 自分たちの住み処としてしまいました。市民たちは 国譲りをして かれらに好きなようにさせたのでした。

§5 では 何が問題か
 
ですから ここから オホタタネコの父親とも言われる神(霊)なるオホモノヌシは けっきょく 第二階に住むスーパーアマテラス族のための神となったかも知れません。(あるいは 三輪山に 元のまま あがめられているとも思われます)。また もともと やはり 市民たちの宮であった伊勢神宮(その前身の外宮)も かれらのための制度となりました。(この伊勢神宮については むしろ崇神ミマキイリヒコの時代の制度発足として記事があったりしますが どうでしょう)。

このいわゆる二階建ての国家の問題は 天武オホシアマ天皇の――六七二年の乱を経ての――改革によって 一定の収拾を見ました。市民が主役であるという考えをできるだけ採り入れようとしました。(八色の姓。万葉集の過半数は 無名の作者です)。国家という二階建ての形態は その後も残ったわけです。

ちなみに すでに 崇神イリヒコのときに あたかも スーパー歴史知性による《ヨセ》としての統治ではないかと思わせる記事があります。やまとから日本の四方八方の各地に《四道将軍》を派遣して 王化の徳を及ぼそうとしたと書いてあります。つまり 服属させたわけです。
 
やはりえこひいきして言えば これほど素晴らしい《イリなる歴史知性》を自覚した人びとが ほかの隣人に伝えてやりたいと思ってやったことでしょう。それほど奇異なことではないように思います。《宣教という愚かな手段》(パウロ)のことです。
 
かくて 社会は 平屋建てではなくなり スサノヲ市民圏( Susanowoschaft )とそしてアマテラス公民圏( Amaterasutum )との二階建て形態が いくらかの期間――世界史においても――つづいております。

《わたしは無宗教です》というように 現代の日本人は もう崇神ミマキイリヒコの社会を忘れているのだと思います。無宗教であっても イリ歴史知性のことを忘れなければ いいわけですが この社会は 神話としては スサノヲのイヅモの国でのスガの宮のことだと考えられます。これは のちに子孫のオホクニヌシの代になって アマテラス国から 服属の要求を受け かれは非戦論であったので 国譲りをしています。主戦論も非戦論も 人間の弱さから出ると考えたからです。
 
アマテラス公民天国という事態は 伝統ではありません。わたしたちは 何が何でも自分たちが一番だというスーパー歴史知性に対して 好きなようにさせたのだと考えます。長すぎました。そばが延びてしまいました。そういう情況にあると考えます。

§6 補遺

その昔 スーパーアマテラス族の人間類型は それはそれは 努力の人でした。指導者を目指すのですから しかも同時に 謙虚です。少なくとも表向きは 謙虚のかたまりです。人間的になり ますます人間的になり もうこれ以上は 人間的になれないというほどの人間になったとき 周りを見渡すと だれも この謙虚と見識の深さに重きを置いていないと気づく。勝手にやっていることだというわけです。そして自分自身も この《徳》の高さは けっきょく相対的なものであって みなが どんぐりの背比べであると覚ります。
 
ここから ふつうの《イリ歴史知性》に立ち戻ればよかったのですが そうではなく 既存の秩序は守らねばならぬと考え 既得利益については失いたくないという方向へ向かいました。うんぬんかんぬん。


☆ 添削とご見解をどうぞ。

A 回答 (3件)

つまり・・・



ませんでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

読んでくれてありがとう。

お礼日時:2021/06/16 16:35

理解できかねるのでコメントはありません。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですか。ざんねんですが 読んでくれてありがとう。

お礼日時:2021/06/16 14:49

崇神は四道将軍派遣で全国統治始まったでしょう。


ハツクニシラススメラミコト

市長という表現変。

卑弥呼の時代で海外も日本代表と見たはず。

景行天皇へ進み、熊襲・蝦夷も征伐して
全国平定を前身。

だから天皇を市長と呼ぶのは不適切。
天照大神様・スサノヲ様も神様
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ごかい


★ ~~~
崇神は四道将軍派遣で全国統治始まったでしょう。
ハツクニシラススメラミコト

市長という表現変。
~~~
☆ でしょうね。ただし 記述が すでに国家の成立を前提しているからには 《全国統治》を想わせるかたちになっている。・・・という可能性がなきにしもあらず。


だって 継体ヲホドのときになってやっと やまと地域の《統一》が始まるのですから じっさいの歴史は。



★ 卑弥呼の時代で海外も日本代表と見たはず。
☆ そうですね。やはり 《共立》という記述に重きを置きたいですね。



★ 景行天皇へ進み、熊襲・蝦夷も征伐して
全国平定を前身。
☆ つまり 倭の五王の時代。継体ヲホドの前においてすでに《全国平定》を匂わせる記事ですね。


けれども 継体ヲホドが台頭したとき 筑紫のイハヰは おいそりゃないぜ 全国統一なんて話は 聞いてないぜと言って物言いを出しました。



★ だから天皇を市長と呼ぶのは不適切。
☆ いいえ。《おほきみ》だったに過ぎません。社会形態が ニ階建て構造ではなかった。せいぜいムラヲサは 中二階といった位置づけだと思われます。


《公民=ヒコ(日子)》という概念は出て来ています。けれども《ネコ(根子=大地の子)》を二階から統治するという概念は なかった。

崇神イリヒコの数代前には 一つ二つ《ネコヒコ》という名前が出て来ます。一体だったと思わせます。


★ 天照大神様・スサノヲ様も神様
☆ そりゃあ 神代のことではありますから。話として。

お礼日時:2021/06/16 15:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング