痔になりやすい生活習慣とは?

困りました。

「脳の中の幽霊」を初め、人間に関する、生物学的な本を色々読んでみたのですが、おかしな事になりました。

例えば、「ヒトゲノムの解読」「遺伝子の二重螺旋」
こう言った事柄は、フッサールの言う「現象」なのでしょうか。

現象学に関する初歩的本には、現象学的還元の不可能性に付いて、身体的に部分にしか、言及が無かったのです。

現象学について最も初歩的な質問なのでしょうが、
現象学と物理学等の自然科学の関係が良く判らない、と表現しても良いかもしれません。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

現象学を学んでいた者です。



回答として言えば、「ヒトゲノム~」「遺伝子~」=フッサールの
言う「現象」ではないです。
現象学に限らず、哲学一般的に言えますが、「~が哲学」という
ものではなく、ある問題に対するアプローチの方法を抽象的に説明
するのが哲学です。

フッサールが行う現象学的還元や本質直観(本質観取)は近代哲学
の謎を解くための「方法」です。

現象学と自然科学の関係についてですが、現象学は哲学の分類で
すので、自然科学のような「証明」や「正しい答え」といったもの
がありません。

現象という字が誤解を招いてる可能性もあるかもしれません。

現象学の現象は、
現実にリンゴが存在するから、目の前のリンゴを見ているので
はなく、自分の意識に感覚器官を通したリンゴの様子が現象する
が故に、リンゴの存在が了解され、そのリンゴの存在が確信
される、といった感じです。

もしかしたら、望んだ回答とは旨が違うかもしれません。
もしそうでしたら、再度ご質問願います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなりました。

月末ということも有りますが、
「現象ではない」の回答を整理するのに時間がかかりました。

ベルクソンの「物質と記憶」を読んで、ショックを受けたのですが、
その後、生物学関係の本を立て続けに読み、(読んでいて違う意味で面白かったです)その結果、
物質×表象=イマージュ=現象
この、パターンが出来てしまったようです。

二重螺旋の発見について、詳しいことまで判りませんが、
4っの塩基の結合を、理論的に演繹した成果なのでしょう。
何時の間にか、「感性にないものは知性に無い」になっていました。

それでも、ご回答者様も、薄々お感じになったように、
まだ、判らない事が有るのですが、
お言葉に甘えて、整理が出来たらまた質問したいと思います。
その節は、宜しくお願いします、有難うございます。

お礼日時:2005/03/02 18:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング