色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

カメラを所有していた当時、
効き眼である左眼でファインダーを覗いて撮影していました。
何年もそうやってきたので右目で覗くと違和感があったと記憶しています。

先日、左右の視力にずれがあることがわかりました。
左が0.6とか0.5で右が1.0(ともに矯正)
以前は左右とも同じくらいでしたが最近糖尿病を患ったのでその影響です。

ピント合わせとか、視力がある方の眼で撮ったほうが良かったでしょうか?
AFしか使いませんが合焦しても何処にピントが合ってるか
0.6の視力ではわからずシャッター切っていたのかなと思いまして。
(左右の視力差に自覚がないので自分では自分ではピントばっちりのつもり)
右眼で違和感があってもそのうち慣れるものでしょうかね・・・

右眼で覗くと左眼で周囲(ファインダーより広範囲)を確認しながら撮影できる、
ファインダー覗きながらの液晶横のダイヤル操作しやすい、
というメリットもあるようですが、
今回は”ピント合わせ”についてのみお聞きします。

*現在、カメラを所有してませんので「実際に試せばいい」という回答は
ご遠慮いただきます。

gooドクター

A 回答 (7件)

AEもAFも、撮影者が構図に集中するために便利な技術なので、ファインダー像でピントが合っているかどうかよりも、覗きやすい、構図を決めやすいという観点で見れば良いと思う。

    • good
    • 0

>何年もそうやってきたので右目で覗くと違和感があったと記憶しています。



違和感があったってんなら小難しく考える必要なんてないでしょうw

>先日、左右の視力にずれがあることがわかりました。

むしろ左右キッチリ同じ人のが少ないのではあるまいかw
ヒトは機械ではないのでw

>ピント合わせとか、視力がある方の眼で撮ったほうが良かったでしょうか?

自分がやり易い方でやればいいだけw
視度補正は基本のキw
何のためにファインダーがあるのかw

但し

>AFしか使いませんが

なら気にするだけ無駄w
全部機械に任せましょうw
こまけぇ事を気にするなら背面液晶でのライブビュー拡大機能を活用すれば良いだけw
もしくは連射でピントブラケット撮影とかなw
確率を上げる手段なぞその気さえあればどーとでもw

…ところで今カメラが無いなら、ンな事知ってもしょーがないのではw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ところで今カメラが無いなら、ンな事知ってもしょーがないのではw

私は何十年も前のことを今更言ってみたりする性格です。
そして必要ないことでも一旦気になったら
知識として知っておかなければストレスになる性格でもあります。

あなたとは気が合いそうにないので今後はお断りしますね。

お礼日時:2021/06/19 21:46

視力ではなくて、効き目で覗いた方が正確に認識できると思います。

視力に関しては、ファインダーに付いてる視度調整機能である程度は修正できます。まずは、効き目を調べてみるといいと思います。「効き目の調べ方」でググるといろいろと出てくると思います。
私は、子供の頃からカメラのファインダーを左目で覗いていました。今でもそうです。利き手は右手なのですが、効き目は左目です。このような組み合わせですが、生まれながらに左目でファインダーを覗くことに慣れていると、それにデメリットを感じたことがありません。ただ、ライフルなどを撃つときには障害となるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「効き目の調べ方」調べるまでもなく知ってますよ。
ネットが普及するよりもずっと前から。

視度調節は使ってました。
もともと視力が良くないので(両眼とも裸眼で0.1以下)
日常生活はメガネ必須なんです。

荷物持ち歩くのが嫌な性格でしてカメラ用のメガネは作らず
視度調節めいっぱいで使ってました。

病気患ったあたりから視度調節の範囲ではどにもならず
見えないファインダーでとりあえず合焦したらシャッター切る。
人物の目にピント合ってるかあいまいで。
もう自分の撮影技術なんて話ではなくなってましたね。

効き目への依存が強い人にとっては
慣れてしまったものを変えるのは難しいかも。
そのうちできるようになるとか言ってるのは
依存が弱く適応力のある人です。

お礼日時:2021/06/19 21:42

一眼レフとかは左右対象の形になってるのでどちらでもOKだと思います。

私は左右0.5でしたが裸眼でもそれなりに撮れてましたよ。
    • good
    • 0

デジカメ前提なら、液晶モニターで確認できるので実用上の影響は少ないと思います。


またデジカメでファインダーがあるのはある程度良いカメラになりますから、合焦精度も高いでしょう。ピント合うと音もなりますし。色が変わる機能も付いてるのありますし。
左目で確認したいなら視度調節の付いているカメラにするという手もあります。ミラーレス一眼以上なら付いているのが多いのではないでしょうか。
という中で右目で見るようにすれば次第に慣れると思いますよ。
右利きの人が左手で何かするのと違って覗くだけですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

視度調節は使ってました。
もともと視力が良くないので(両眼とも裸眼で0.1以下)
日常生活はメガネ必須なんです。

荷物持ち歩くのが嫌な性格でしてカメラ用のメガネは作らず
視度調節めいっぱいで使ってました。

病気患ったあたりから視度調節の範囲ではどにもならず
見えないファインダーでとりあえず合焦したらシャッター切る。
人物の目にピント合ってるかあいまいで。
もう自分の撮影技術なんて話ではなくなってましたね。

お礼日時:2021/06/19 21:37

書いておられるように、ほとんどのカメラが、


右目でのぞき左目で周囲を見、
右手でシャッターを切るように設計されています。
左目でのぞいて、左手でシャッターを押す、
さらに左手でフィルムを巻き上げるのは
不可能です。
今のコンデジでさえ、ファインダーこそないですが、
シャッターさえ左手では簡単には押せません。
嘘だと思うのなら、スマホでも同様ですから、
実際に試してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

検索してみました。
人によっては「右目でのぞき左目で周囲を見」ることは
撮影に集中できないのでデメリットという意見も。

そして左になれた人にとって右で覗くことは
とても違和感があり慣れるのも難しいと。

私もちょうどそんな感じなのかな
本気で右眼撮影トレーニングしたわけじゃなく
たった1回試して違和感でやめたんですけど。

お礼日時:2021/06/19 21:29

オートフォーカス(AF)しか使わないのではっきりとは言えませんが常時右目で見てファインダー内の


焦点に合わせてシャッターを押していますね 私も左目の視力0.6ですのであまりし買わないようにしていますが自動でピント合わせてくれているので違和感はないですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

被写体の眼にピント合わせたつもりでシャッター切ったけど
PCで画像出したら頬に合ってた(ピントずれ)
なんてことが起こりやすいのかなと思いました。

ワイドではなくピンポイントのフレームでピント合わせして
ずれるのは機材の性能なのかもしれませんが
そうなるともっと高性能な機材に買い換えかなあ。。。

お礼日時:2021/06/19 04:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング