プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

たたき台です。たたきからかしてください。

1. ひとは おのれの存在が永遠ではないにもかかわらず 《永遠=無限=絶対》という言葉を持つに到り これを使っています。

1-1.  その意味で 《神》ということばも――そして《無い神〔という神〕》も―― 用います。


2. すなわち この経験世界を超えたところに《永遠=無限=絶対》を想定して それにもとづきそれなりの概念として使いこなしています。

2-1. 《経験世界を超えた》という意味は 経験事象としての《有る無い》を超えていることであり 因果関係から自由だというわけなのでしょう。


3. もちろん――不思議なことにひとつの逆説のごとくに―― 《概念ないし言葉》としては 《絶対=無限=永遠》は、経験世界に属します。

3-1. 経験世界を超えた《非経験の場》が 経験世界の内側において用いられています。



4. もうひとつに この《想定》のもとに 一人ひとりの主観の内にあっては あたかも《絶対なる者が この相対的で経験的な世界を創造した》とか《この経験世界に 降りて来た》といった派生的な・第二次の想定をも持つことが自由であり これは――主観内面の真実としては―― ゆるされています。

4-1. 良心・信教の自由あるいは表現の自由という公理であるようです。


5. 繰り返しですが 《絶対=永遠=無限》は 非経験の場であり 《非在》です。定義(想定)において こう確定します。

5-1. 存在するか存在しないか どちらとも人間にとっては分からない場であり 場としてのチカラだと思われます。

5-2. ゆえに 神としては 有神論か無神論かは どちらも――自由に――あり得て 互いに同等ないわゆる信仰の具体的な立ち場です。

 
6. 同じく確認として言えば 或るひとりの人間の主観のうちにあっては 定義にもとづけば 《絶対=永遠=無限》は 《相対=〈朽ちるべきさま〉=有限》とあたかも絡み合って関係構造を成して過程しています。

6-1. (ヘーゲル:無限と有限) ~~~~~~~~~~~

無限なものと 有限なものとの一体性・・・この矛盾・・・は 

どんな自然的なものも自分のなかにこれを持ってはいない 
ないしはこれを 我慢できないであろうが 

この矛盾を持ちこたえることができるのが
人格(☆ ――もしくは《わが固有の時間》――)の高さである。

(『法の哲学』§35追加(講義録)藤野渉・赤澤正敏訳 1967)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



7. 《絶対=無限》の探究は あたかもまぼろしを追いかけるごとくであり また密林を切り拓いて進みゆくかのようです。けれども 哲学の――固有の――つとめではないかと思われます。ご見解をどうぞ。

質問者からの補足コメント

  • №3つづき

    ★ 無い、ということは 有る に依存するし
    有る、ということは 無い に依存する。
    この事を認知しているのは「自分」であるとすると、
    自らを離れ、離れ、自我を滅し続けてなお残る残骸、それさえも片付けてまっさらにする。
    そうするとね、阿呆が出来上がるんです。

    ☆ 《甘える》とですね。努力せずに余計な自我は きれいに捨ててくれるんですよ。いつのまにか。

    つまり 先に・事前に《阿呆》になります わたしの場合。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/06/21 00:59

A 回答 (4件)

知りたい、追求したい、という欲が生じるには、


それ以前の、満ちていない、という状態を必要としています。
かつ、ソレをシルということに依存します。

この教えてGooがあり、僕がここに投稿するということは、
人としての業から逃れられていない、証です。

欲を持ち、それを捨てきるということと、
欲を持たないということは、異なります。

前者は、阿呆であるし、
後者は、無知であり未知の状態です。
(一部の天才を除くかもしれません。時に知的障害者とも呼ばれます)

ところで、
貴殿の補足コメントでの、「削ぎ落とし」の定義以外は、
僕は貴殿に同感です♪

絶対は、矛盾を含有する、というようなことを書かれているんですよね?
この流れには同感です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 貴殿の補足コメントでの、「削ぎ落とし」の定義以外は、
僕は貴殿に同感です♪
☆☆ (補足コメント) ~~~
 《甘える》とですね。努力せずに余計な自我は きれいに捨ててくれるんですよ。いつのまにか。

つまり 先に・事前に《阿呆》になります わたしの場合。
~~~
☆ 《余計な自我》の《削ぎ落とし》ではあるのですが それは(――《同感》いただき――)よかったです。


★ 絶対は、矛盾を含有する、というようなことを書かれているんですよね?
この流れには同感です。
☆ これも よかったです。

絶対は 矛盾をふくむ相対的なものごとに対して:
① それらを覆い包む。
② ニュートリノのように 飛び交っていてつらぬいてゆく。
③ アダムの創造の絵のごとく 指先どうしが触れなんとするような状態にある。
④ 無関係だ。

☆ こういったカカハリを持ち得ると見ます。

 

★ ~~~
欲を持ち、それを捨てきるということと、
欲を持たないということは、異なります。

前者は、阿呆であるし、
後者は、無知であり未知の状態です。
(一部の天才を除くかもしれません。時に知的障害者とも呼ばれます)
~~~
☆ むつかしい。《欲望》の処理は。

いまのところ わたしは 《甘え》作戦です。

お礼日時:2021/06/26 17:25

「人生に意味はないんです」と言えば簡単だけれども、


それで満足できるように人間はできていません。業というものなのかもしれませんけれど。
この点において、人間は人間以外の動物よりも下等な存在であると思っていると同時に、
人間性という意味で、慈しんでいます。

宇宙の始まりがわからないのだったら、
この宇宙は真実として始まっているのか。
真実に触れられないけれども、その真実を求め続けて。
意味がない、という自体に納得ができないのは、その意味のないことを証明もできないから。
けれど、意味があるという確固たる証明もない。
だから、追求するんだけれども、どちらも真実であるというところへ集結する。
けれど、それだとどちらも真実ではなくまがい物であるということとイコールになる。
この「矛盾」が、絶対性や真実と異なる、と理解すると、ややこしい迷路に入り込む。

「矛盾こそが真実である」と仮定してみる。
そこで、人間は、仮初めの安堵を得るのかもしれないけれども、
やはり普遍性や絶対性を求めて、心がソワソワしてくる。

矛盾、曖昧さ、というところに安住できない性分が、命にはある。
人間以外の動物が、明日の食料を確保できる補償が欲しいかのごとく、
人間は普遍性や完全であることを夢に見る。

絶対性というのは、命の補償なのかもしれない。

無い、ということは 有る に依存するし
有る、ということは 無い に依存する。
この事を認知しているのは「自分」であるとすると、
自らを離れ、離れ、自我を滅し続けてなお残る残骸、それさえも片付けてまっさらにする。
そうするとね、阿呆が出来上がるんです。



あぁ、bragelloneさん、お久しゅー。お元気そうで♪
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

★ あぁ、bragelloneさん、お久しゅー。お元気そうで♪
☆ あぁ えぇ。けっこうお久しぶりですね。


★ 「人生に意味はないんです」と言えば簡単だけれども、
それで満足できるように人間はできていません。業というものなのかもしれませんけれど。
この点において、人間は人間以外の動物よりも下等な存在であると思っていると同時に、
人間性という意味で、慈しんでいます。

☆ なるほど。かなり深堀りされているのですね。そこからさらに曖昧にすると もののあはれを知るってことになるのでしょうか。



★ ・・・
意味がない、という自体に納得ができないのは、その意味のないことを証明もできないから。
けれど、意味があるという確固たる証明もない。
だから、追求するんだけれども、どちらも真実であるというところへ集結する。
けれど、それだとどちらも真実ではなくまがい物であるということとイコールになる。
この「矛盾」が、絶対性や真実と異なる、と理解すると、ややこしい迷路に入り込む。

☆ 端折ってありますが そうですねぇ。わたしの感想としましては:
★ この「矛盾」が、絶対性や真実(☆ もしくは 真理)と異なる、と理解する
☆ のではない見方もありかなと思います。

《ひとそれぞれの主観真実が 互いに対立し矛盾すらするという情況でさえそれを 〈絶対性=真理〉は みづからの内につつみ容れている》と。

これは 大いなる甘えなのかも知れません。



★ 「矛盾こそが真実である」と仮定してみる。
☆ ええ。来ましたね。

★ そこで、人間は、仮初めの安堵を得るのかもしれないけれども、
やはり普遍性や絶対性を求めて、心がソワソワしてくる。
☆ 途中でチャチャを入れますが それゆえ《甘え》が来ます。


★ ~~~
矛盾、曖昧さ、というところに安住できない性分が、命にはある。
・・・
絶対性というのは、命の補償なのかもしれない。
~~~
☆ ここは異論をはさみます。なぜなら 絶対性は――言葉としてはうつろいゆく概念ですが――そのものとしては 思考つまり概念認識を超えていると思うからです。

《考える》によって いのちの保障を得るわけではない。それだと うたがいはどこまでも続く。


つづく

お礼日時:2021/06/21 00:56

わんつーすりーふおー


数を数えてますね。これは意味がったのでしょうか。
ものなのでしょうか。
どこへ飛んでいくのでしょうか。
マリーンは米軍の海兵隊でしょうか。
んぜ語からヨンヘ、韓国的なものでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


わたしの文章は 長くなることが多いので 読みやすいように番号をつけて分かち書きにしています。

お礼日時:2021/06/21 00:29

信じる、信じないということと


それが現に機能しているということは
レベルの違う出来事なんですよね。
現に機能している以上それは認める。
現に機能しているものはリアルなんだから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 信じる、信じないということと
それが現に機能しているということは
レベルの違う出来事なんですよね。

☆ 《それ》とは 何か? 信じるにせよ信じないにせよその対象である絶対性つまり神 のことでしょうか。



★ 現に機能している以上それは認める。
現に機能しているものはリアルなんだから。

☆ つまり《機能している》ということは 《神とわれとの関係》であって しかもこの関係は 人間の側から《信じる》とよぶ意志行為だと考えられます。


信じるとは 絶対性を無条件で無根拠にてわが心に受け容れることだと考えられます。

お礼日時:2021/06/19 20:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング