プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

コロナ禍で再び緊急事態となることまでも折り込みながら、ついに
東京五輪という(ウィルスを利用した)人類の虐殺に等しい行為が
開始されようとしています。

もはや、人喰い鯨(リヴァイアサン)と化した政府やIOCに対し
て、われわれ人類に為すべきことは残されているのでしょうか?
以下の「人喰い鯨(リヴァイアサン)」という短い物語を読んで
自分たちに出来ることを考えていただければ幸いです。

*******************************
故郷に、肉親も愛する人も残して旅をしている少年が、とある
港町に流れ着きました。

少年は、午後の陽光が穏やかな小さな漁港の岸壁で、一人の老人
に出会いました。

老人は、ホームセンターで1000円ぐらいで売ってそうな緑色
の小振りなデッキチェアに腰かけていました。
白い顎鬚をたくわえた皺だらけの精悍な顔で、老人はじっと海の
ほうを眺めています。

老人に近づいた少年は、
「なにを見ているのですか?」と、聞きました。
老人は、視線を外すこともなく、
「・・・海をみておるのじゃ・・・」

「なぜ?」
「ここに、人喰い鯨(リヴァイアサン)が出るからじゃよ」
「それを待っているのですか?」
「そうじゃ」
「いつから?」
「何年も前からじゃ・・・」
「おじいさんの身内の方が犠牲になられたのですか?」
「・・・いいや・・・」
そのとき老人は、近くの空き地で幼少の子たちがゴッコ遊びをし
ているのを遠目にしながら、
「あの子たちを喰いに来る」と、呟いた。
「・・・・」

少年は、雷に撃たれたような衝撃に全身を貫かれました。
自分が探していたものが、ここに居るらしい。
これでもう、〝旅〟を続けなくていいのだ・・・・という安堵の
気持ちも湧き上がってきました。

少年は、漁港の東側に張り出した岬の方を指差して、
「僕は、あちらのほうへ行ってみます」
と、老人に言った。
老人は、無言で頷いた。
その表情は、柔和な笑みを湛えているようでした、


幾日か、あるいは幾月かの時が過ぎていたのかもしれません。
また、その港町へ立ち寄った少年は、老人の姿が消えていること
に気付きました。

町の人に、そのことを訊ねると理由がわかりました。
ある嵐の夜。漁港の中に侵入してきた途轍もなく巨大な人喰い鯨
と、銛を持った一人の老人が戦っている姿が目撃されたそうなの
です。
サーチライトに照らされた老人の顔は、今までに見せたこともな
いような気迫に満ち目は爛々と燃えていたそうです。

老人が居なくなったのは確かだが、人喰い鯨もいなくなった。
死んだのかどうか、わからないということでした。

少年は、老人と出会った漁港の岸壁に立ちました。
近くの空き地では、子供たちが缶蹴りをして遊んでいます。
少年は手に持っていた「ホームセンターで1000円ぐらいで売っ
てそうな緑色の小振りなデッキチェア」をその場に置きました。
そして、そこに腰を下ろすと、あの老人がそうしていたように、
静かに凪いでいる海の向こうを眺めるのでした・・・・・。
********************************

A 回答 (4件)

結果待ち 前回の旅客船みたいになるのか


抑えられるのか 詳細説明されていないので
どうなるか分からない 選挙たのしみ
    • good
    • 0

座って待つだけじゃだめだよ。


相手は鯨じゃないのだからね。
    • good
    • 0

グラブル、FF世代の自分は海竜というイメージですね。

「人喰い鯨(リヴァイアサン)を知っています」の回答画像2
    • good
    • 1

人を食ったような話ですねッ!

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング