【初月無料キャンペーン中】gooドクター

新型コロナウイルス感染症の最初のアウトブレイクは中国の武漢でした。その原因ウイルスSARS‐Cov‐2も19年前のSARS‐Cov‐1も中国政府が最も正確で多くの情報を持っているのではないでしょうか?
 
 その中国が使っているのは今まで通りの『不活化ワクチン』だそうですが、何故、今、欧米や日本はこの未曽有の大パンデミックでわざわざ『メッセンジャーRNAワクチン』という新技術を使う必要があるのですか?不安に思って当然だと思います!!

 利権? 日米安全保障条約? …?  それとも、今現在起こっているのはウイルス兵器による第三次世界大戦でしょうか?


 ‥間質性肺炎の父の介護疲れでうつ病になってしまった母が、二回目のワクチン接種と同時に帯状疱疹を発症してしまいました。救急でアメナリーフという抗ウイルス薬を処方してもらい、急性期の症状は落ち着きましたが‥、これで休めるかな?と思っても次から次へと問題勃発の父や母の介護に追われる私の症状が密かに悪化しています。これでは、良くも悪くも諦めて眠ろうと思いましたが眠れません‥。しつこくて本当にすみません‥。ネットの情報はどれが本当なのか見極めがつきません‥汗。

 
 いきなりこんな大規模な新技術の実用化はとても不安です。安心できる情報を教えてください。   
 何故?今のタイミングでわざわざ不安になるような新技術の『mRNAワクチン』を使う必要があるのですか?何故今まで通りの『不活化ワクチン』を使わないのですか?

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    『mRNAワクチン』の様々な成分は、体内に注入後に『SARS‐Cov‐2』の抗体だけをを作り出した後は、全て分解されたり排出されるのでしょうか?造られた抗体は正常な細胞まで攻撃したりするようなことはないのでしょうか?

     そもそも、医療従事者の接種が100%完了するなんて信じられません。経験上、一つの薬に対する見解ですら、個々の医師で異なっていました。ましてや『mRNAワクチン』に対する安全性の見解はもっと医師個々に多様に異なると思うのですが‥。実際のところはどうなっているのでしょうか?

     ファイザーとモデルナ(mRNAワクチン)以外のワクチンを選択して接種出来るのでしょうか?

      補足日時:2021/06/19 17:27
  • つらい・・・

    No.7さんの回答の中の情報をじっくりと読ませて(観させて)いただきました。鳥肌が立ち、吐き気がします。どうかデマであってほしいです。
     この5年半の間、父親の間質性肺炎が悪化して肺の線維化が進行してゆく様をみてきました。そしてこの新型コロナウイルス感染症のサイトカインストームの怖さと間質性肺炎の急性増悪の様子がとてもよく似ていると直感しました。そして今行われているmRNAワクチンの集団接種。
     私が感じていた予期不安そのものです。私の不安は増強されてしまいました‥。今、過呼吸気味です。動悸も酷く胸が詰まります。母の事を思うと涙が止まりません。
     今日、このワクチンを子供にまで集団接種すると大臣が公言しました。何故急ぐ必要があるのでしょうか?せめて子供には日本製のワクチンを接種してください。
     どうかデマである証拠になる情報を下さい。ただ安全・安心だけでは納得できません。

      補足日時:2021/06/20 17:15
  • つらい・・・

    まるで安っぽいB級パニック映画を観ているような現実感の無さです。眠れずに、仕事場に戻ってきました。
     インド株が子供にも感染力が強いからと言って、集団接種する必要はあるのでしょうか?新型コロナウイルス感染症で子供が何人亡くなりましたか?夏休み中に集団接種?もうすぐじゃないですか。同調圧力の強い学校で子供が拒否できるでしょうか?ご両親はこの重大事に気付いているのでしょうか?
     私の母や医療従事者も含めて、もう2000万人近い日本人が接種したそうですが、様々な立場の方々を思いやる場合はもう過ぎているのではないでしょうか?
     私は母にmRNAワクチンの危険性の可能性を伝えませんでした。皆が接種するから接種するという感じでした。高齢者はメリットの方がはるかに高いと判断したからでもあります。私の判断は間違っていたのでしょうか?もう待ったなしです。
     どうかデマである科学的根拠を教えてください!!

      補足日時:2021/06/21 04:18
  • つらい・・・

    河野大臣はmRNAワクチンに対するデマは、これから「科学的にしっかりと説明していく」とも明言していましたね‥汗。

     不安を払拭してください。どうかよろしくお願いします。

      補足日時:2021/06/21 13:28
  • うーん・・・

    質問しておいて申し訳ありませんが、今たとえ科学的にmRNAワクチンの危険性がデマであり安全性は保障しますと説明されても、確かな科学的根拠を示してmRNAワクチンの将来にわたる危険な事実を説明されても、私は医学的知識に乏しく、説明内容を冷静な科学的思考でちゃんと理解出来ないことを知りました。不信感が強いからでもあります。さらに私の近親者に自己免疫疾患が多く、感情的にどうしても情報収集に偏りが生じます。他の人の過去の質問・回答で、「歴史的にパンデミックがワクチンで終息した例は無く、結局いずれも抗ウイルス薬等々の治療によって終息した‥」という情報なども私がつい感情的に望んでしまう情報です。出来る限り冷静になって、改めてじっくりと検証し決断したいと思います。私にはっきりと認識させられたたことは、現在行われている未曽有の集団接種自体が治験段階なのだということです。情報提供ありがとうございました。

      補足日時:2021/06/23 08:36
gooドクター

A 回答 (8件)

ご両親のこと、大変ですね…


どうかご無理なさらず、質問者さま自身もお身体を大事にしてあげて下さい。

質問者さまが倒れてしまったら、ご両親が安心して頼れる人がいなくなってしまいます。

政治や経済のことは分かりません。
でも、今日本がmRNAワクチン接種をどんどん進めているのは、オリンピックのためではないかと思います。

欧米や日本でmRNAワクチンを使用しているのは、いち早く緊急使用許可が下りたからではないでしょうか。

現在開発中の、日本のKMバイオロジクスは不活化ワクチンだそうですし、塩野義製薬のワクチンも、製造過程で蛾の細胞を使うので、遺伝子組み換えと分類されていますが、人間の細胞に直接作用するmRNAワクチンと違い、従来の不活化ワクチンの一種なのだそうです。


https://youtu.be/BtKr_oGxZdU

どちらも日本製なのも安心感がありますし、長期の副作用に関しても、かなり安全なのだそうです。

年内にも塩野義製薬のワクチンが供給されそうです。
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210610-OYT1T …

フランスのヴァルネヴァも、不活化ワクチンだそうです。
https://youtu.be/ktrvea1Mv4k

ネットの匿名ですが、こちらの先生の説明は丁寧で分かりやすいですよ。
https://youtube.com/playlist?list=PLtl-zxY2Htrnq …

少なくとも今現在、これだけの治療薬やワクチンが開発中だそうです。
https://answers.ten-navi.com/pharmanews/17853/

もう少し待てば他の選択肢もあるのに、政府もマスコミも、必要な情報をあまり報道せず、一人でも多く、安全性の確認できていない治験中のワクチンを、ひたすら打たせようとしているように感じてしまいます。

私は全くの素人ですし、帯状疱疹もよく知りませんが、お母さまの帯状疱疹がワクチンが引き金になった可能性はないのでしょうか?

ファイザーとモデルナのワクチンの接種後の有害事象としては、脳出血、血管系、心臓、神経系、皮膚関連、自己免疫系が多いようです。

こちらの動画は、原田曜平さんの80代のお父様の現在のご様子です。

ワクチン接種から帰宅後、その日の内に40度近い高熱を出し、脇のリンパ節が腫れ、多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)と蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症され、10日間高熱が続き、約20日間ICU に入ってらっしゃったそうです。
https://youtu.be/lotizmp9jxA

同じような方が全国で415名いらっしゃるそうです。
https://ameblo.jp/yohei-harada-official/entry-12 …

今のところ因果関係が認められた有害事象はないようですが、もし本当にワクチンが原因なら、安心して治療に集中できるように、補償すべきだと思います。

現在使用されているファイザーもモデルナも、開発国アメリカのFDAで緊急使用許可されたものを、日本国内の通常の承認審査を短縮して行い、特例承認で使っているものです。
https://www.jcer.or.jp/blog/babazonoakira2021030 …

https://www.fda.gov/emergency-preparedness-and-r …

https://youtu.be/yrSDUrDbdo8

すでに世界中で使用されていますが、まだ緊急使用許可中のもので、
ファイザーは先月5月7日
モデルナは今月6月1日に
FDAに正式承認を申請したばかりです。

ファイザー
https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKB …

モデルナ
https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPL3 …

ファイザーの治験終了予定は2023年5月2日
モデルナの治験終了予定は2022年10月27日です。

日本での治験はかなり短縮され、人数も、ファイザーが160人(内4人は対象から除外)、モデルナは200人だそうです。

ワクチンの長期の副反応を知るには、10年はかかるそうです。

mRNAワクチンは、LNPという脂質粒子で包まれているそうなのですが、こちらの岡田先生はその専門家です。
この動画の最後の方で、岡田先生が今のマスコミや政府を憂いてらっしゃいますが、本当に国民の命を大切に思って、一生懸命語りかけて下さってるのだと思います。
https://www.nippyo.co.jp/shop/author/777.html

https://youtu.be/WEM2xoyz900

https://youtu.be/NLtg5lAifXI

一方で安全性の確認されていないワクチンを特例承認しながら、もう既に何十年も安全性の確認されてるイベルメクチンなどを承認してくれないのは、不信感しかありません。

イベルメクチンは、新型コロナの感染の予防にも、症状の軽減にも、両方の効果があり、48時間でウイルス量を5000分の1にする、効果的なお薬だそうです。

万が一コロナに感染してしまった時は、お医者さまとの合意さえあれば、治療に使ってもらえる病院もあるそうです。

https://youtu.be/3x8k_2f838k

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFB25AAL0V20 …

https://www.sciencedirect.com/science/article/pi …

https://www.kanaloco.jp/news/government/article- …

https://webronza.asahi.com/science/articles/2021 …

https://news.yahoo.co.jp/articles/52223fb47d6866 …

https://www.yomiuri.co.jp/choken/kijironko/cknew …

また、ファイザーやモデルナのmRNAワクチンには、ADE(抗体依存性感染増強)を起こす危険があるそうです。

ADEとは、ウイルスに感染して出来た抗体が、本来なら感染防止の役割をするものなのに、なぜか逆に感染しやすく、症状を重症化させてしまう現象だそうです。

ADE(抗体依存性感染増強)
https://youtu.be/AcQEOpaY8tE

ADE(抗体依存性感染増強 2)
https://youtu.be/JyOoGKsHS8Y

つい先日、大阪大学が、
ファイザーとモデルナのmRNAワクチンについて

ADEを起こす危険がある

非感染者でも、一部、低レベルの感染増強抗体を持っている人がいて、そういう人がコロナに感染したり、ワクチンを接種することで、感染増強抗体の産生が高まる可能性があるので

ADEを誘導しないワクチンの開発が必要である

と、発表したそうです。

実際に、SARS、MERSの時は、動物実験段階でADEが認められたため、ワクチンが実現化しなかったそうです。

これから毎年、あるいは変異株が出る度に打つのであれば、確率は低いとしても、深刻な問題だと思います。

https://www.amed.go.jp/news/release_20210525-02. …

https://youtu.be/7KBifXemcjg

https://youtu.be/Yrq87UolP_U

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/03/30 …

ワクチン接種は任意です。

ワクチンを打てない人も、安全性への不安から打ちたくない人もいると思います。

感染しないように注意して生活しながら、国産のワクチンや予防薬、治療薬などを待つのも、選択肢のひとつだと思います。

次々と現れる変異株やオリンピック、万が一コロナに感染した時の後遺症など、心配事は尽きません。
でもこんな時こそ、冷静さと、立場が違う人に対する思いやりを大切にしたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

 まさに私が抱いていた疑問と不安を解き明かしてくれるような内容です。じっくりと読んで理解したいと思います。

 文章全体から、世界全体に対する思いやりに満ちた優しさと誠意を感じました。  
 
 この問題は、軽率にベストアンサーなどと選んではいけない事情を含んでいることも気付かせていただきました。

 誠にありがとうございました。

お礼日時:2021/06/20 09:27

お礼と補足を読ませていただいてから、何から書けばいいのか悩んでしまって、大変遅くなり、本当に申し訳ございません。



質問者さまの気持ちをかき乱すつもりはなく、何かしらの助けになれば、と思って回答させていただきました。
本当にごめんなさい。

お母さまのワクチン接種は、お母さまのためを心から思ってされたことで、正しいことをされたと思います。
お住まいの地域や、お母さまの周りの環境などもありますし、もちろん長期のリスクはありますが、ご高齢の方が感染すると、重症化のリスクが高いそうなので、受けておかれた方が安心だと思います。

それに、帯状疱疹はワクチンと何の関係もないかも知れません。

質問文に「ワクチン接種と同時に発症」とあったので、もしかしたらワクチンが引き金ではないのか、もしそうなら、せめてきちんと補償してもらい、少しでも安心して治療に専念していただければ、と思いました。

帯状疱疹についてはほとんど知識がないのですが、画像で検索してみた印象と、mRNAワクチンの有害事象に皮膚や神経系が多いこと、特に皮膚の酷い症状は画像でたくさん見ていたことから、もしかしたら、と思いました。

また、原田曜平さんのお父さまは、今までは、原因がワクチンの可能性は高いけれど、証明は出来ないので、治療費は出ない、とのことでしたが
(5/21 父4 動画)
https://ameblo.jp/yohei-harada-official/page-18. …
議員さん達にも連絡を取られたり、他にも同じような方達が少なくとも415人はいらっしゃるそうなので、すぐにではなくても、ワクチンとの因果関係が認められれば、補償もされるのではないか、もしご存知なければ、知っておかれれば役に立つのではないか、と思いました。

でも今朝、原田曜平さんが新しい動画を上げてらっしゃいましたが、これだけ酷い状態なのに、厚生労働省の副反応報告にカウントされていないのだそうです。
これは本当におかしいと思います。


私はネットの匿名のお医者さまの、厚生労働省のワクチン分科会副反応検討部会のレポートしか見ていませんが、きっとお亡くなりになった方の何倍も、ひどい副反応や重篤な副反応で苦しんでる方がいらっしゃるのではないか、そして、そのような状況の方は、ご自身の、またはご家族の手当てで手一杯で、どこかに報告したりなど出来ない、思いつかない方の方が多いのではないか、とずっと思っています。

発表されている数字は氷山の一角なのでは、と。

特に一人暮らしのお年寄りの方など、誰にも助けを求められず、一人大変な思いをされてる方もいらっしゃるのではないか…と思ったりします。
毎日夜のニュースでその日の接種状況を聞く度に、もしかしたらまた辛い思いをされる方が増えてしまったかも…と想像してしまい、複雑な思いでいます。

もちろん、長期の副反応はまだ分かりませんが、接種翌日〜2週間くらいの短期の副反応については、想定内の人がほとんどのようなので、打ってほっとされてる方が大多数だと思います。

でも、実際にこのサイトでも、副反応で悩んでる方もお見かけしましたし、これまでの「すべて因果関係なし」はおかしいと個人的には思っています。

それに、政府やマスコミの報道では、コロナ予防の一番の策は現行のmRNAワクチンしかない、ように聞こえます。

ちゃんと伝えるべきことが伝えられてないように思います。

確率は低くても、重篤な副反応が出る可能性があること

まだ治験中のワクチンで、長期の安全性が確認されていないこと

逆に、大阪大学が発表したように、ADEを起こす危険性が確認されていること

少し待てば、mRNAワクチン以外の、他の選択肢があること

など、政府もマスコミも、もっときちんと伝えるべきだと思います。

最近も、大規模接種会場でモデルナワクチンが始まりましたが、モデルナアームについて報道されたのは、接種が始まった後だと思います。
それも、ほとんど報道されていないように思います。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ce9f32d892a545 …

数日でひくそうですが、もし事前にきちんと報道されていれば、アレルギー体質の方や、特に皮膚に持病のある方の中には、接種を控える方もいらっしゃると思います。

子供の接種ですが、アメリカのフジテレビではこのような報道もあるようです。
https://youtu.be/Cai6W1xVjYA

日本では心筋炎の話など、ほとんど報道されていませんが、報道されれば、今一度接種を考える親御さんがほとんどだと思います…
https://youtu.be/-npvd3siWNw

https://youtu.be/ihLX0iOIQkg

安全性の確認されていないワクチンを今打つより、日本製のワクチンが出来るまで、感染しない状況を作ることが何より大切だと思います。

一時期感染爆発で大変だったインドを始め、多くの国がイベルメクチンに救われているのに、開発国の日本の国民が使えないのは、本当におかしな話だと思います。
https://news.yahoo.co.jp/articles/52223fb47d6866 …

安全な不活化ワクチンが出来るまではイベルメクチンで予防する、または、ワクチンが出来てもイベルメクチンで予防する、などの選択肢があってもいいと思います。

回答の最後に「こんな時だからこそ…」と書いたのは、質問者さまへの言葉ではありませんでした。
混乱させてしまってごめんなさい。

この質問の回答者さまは皆さん冷静な方ばかりですが、コロナの質問、特に、接種する、しないの質問には、意見の違う回答者さまに対するひどい言葉を目にします。
未知のウイルスへの恐怖から、日本人が本来の優しさをどこかに忘れてしまったようで、悲しくなります。
それで、コロナ関連の回答をする時に、たまにつけ加えている言葉です。

私は素人ですし、素人が素人なりに色々読んで、納得した、正しいと思ったことを書くようにしています。
中には間違った情報もあるかも知れません。
ですので、こういう意見もあるのか、と捉えていただければ、と思います。

お父さまのことも、お母さまのことも、本当に大変な思いをされてると思います。
でも、質問者さまがお身体を壊されたら、必要な時にご両親が頼れなくなってしまうかも知れません。

どうか、しっかり栄養を摂って、睡眠も十分に取って、お身体を大事になさって下さい。

ご両親の一日も早いご回復をお祈りしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただき、誠にありがとうございます。

 回答者さんたちのの誠意ある内容に、悪意は少しも感じません。

 私が戦慄したのは、頂いた情報の内容の深刻さです。私が漠然と感じていた不安とあまりにも符合しすぎていて心底恐怖したのです。真偽はおいても、知っておくべきことだと思います。辛いからといって耳をふさいではいけませんよね‥。しかし、ストレスで心身を痛めては本末転倒ですが‥冷汗。

 おかげで、この問題を妻と話し合うことができました。結論はまだ出ませんが、話し合うという事じたいが有意義だと思います。

 今朝、子供へのこのワクチンの学校での集団接種を当面見送るというニュースを聞きました。出来れば日本製のワクチン完成まで待ってほしいです。デルタ株の蔓延が心配ですが、オリンピックの方が蔓延に拍車をかける原因にならないように願っています。

 母の帯状疱疹は早期の抗ウイルス薬のおかげで、ザクロの様なグロテスクな状態は収まり、茶色くくすんできました。後遺症である今後の神経症状が心配ですが‥。

 私のパニック発作も、20年以上の経験で対処法はわかっています。全ての刺激を一旦遮断して安静にすれば自然と収まります。ご心配をおかけしてすみませんでした‥。

 頂いた情報はゆっくり読ませていただきます。(無理せず冷静に‥)

 ありがとうございました。

お礼日時:2021/06/22 08:46

>>>『mRNAワクチン』の様々な成分は、体内に注入後に『SARS‐Cov‐2』の抗体だけをを作り出した後は、全て分解されたり排出されるのでしょうか?造られた抗体は正常な細胞まで攻撃したりするようなことはないのでしょうか?



No.2で書いた通り、mRNAも、それによって作られたスパイク蛋白も全て分解されます。

スパイク蛋白の内、細胞にくっ付く物だけがmRNAによって作られる訳です。
細胞内に侵入するスパイク蛋白はこれとは異なる蛋白質です。

mRNAによって作られるスパイク蛋白は、細胞を攻撃する能力は持っていません。

日本では、mRNA以外のワクチンは接種対象から外れました。
全て、mRNAワクチンです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

 No.7の方の「こんな時こそ、冷静さと、立場が違う人に対する思いやりを大切にしたいですね。」という言葉の重みに、ただただ恥じ入るばかりです。

 五十歩百歩と達観しておきながら、いざ最も身近な自分の母親に災厄が及んだとたんに、九十歩と百歩の違いでも無様に狼狽えてしまいました‥(恥)。

 未曽有の危機的状況に、皆さんがベストを尽くしてくださっているのだと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2021/06/20 09:07

    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報をありがとうございます。

 とても分かりやすいと思いました。ただ、質問しておきながら何ですが、免疫機能やそもそも理学的な予備知識が貧困でして‥(汗)、薬理システムの理解よりも、「人体の構造そのものが改変されてしまう‥」的な発言にドキッと感覚的に過剰に反応してしまいます‥(恥)。

 じっくり検討してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2021/06/20 08:53

早いから

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼のことでしょうか?そろそろPCを終了して帰らなければならないので‥汗。

 家に帰って、ゆっくり考えて整理してみます。

お礼日時:2021/06/19 17:32

>>何故中国では『不活化ワクチン』を早急に実用化できたのでしょうか?



そりゃあ、この新型コロナは、中国が生物兵器として長年開発(&世界に散布?)したわけですから、早急にワクチンが出来ても不思議ではありません。
なお、研究初期には米国も協同研究していたので、米国は中国に強い姿勢で出にくい弱みがあります。

>>中国製やインド製の『不活化ワクチン』は大丈夫なのでしょうか?

少なくとも中国製はヤバいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。しかし、私が想像豊かに映画や漫画の様だと頭の中で否定していた最悪の内容です‥。中国がもっと早くロックダウンしてさえいれば‥。こんな状況で平和の祭典オリンピック開催ですか‥。どうせなら、こんな時こそ新技術での観戦形態を実用化してほしいのに‥。…もう少し考えさせてください。

お礼日時:2021/06/19 16:45

mRNAワクチン技術は、SARS‐Cov‐1の時に完成しています。



実用化に至らなかった理由は、SARS‐Cov‐1の毒性が強くて、感染した人々が動き回る事が出来ない為、ウィルスが増殖する機会が失われてしまって世界から無くなってしまったからです。

つまり、実用化する前にウィルスが居なくなってしまった。

不活化ワクチンはウィルスの全て(ゲノム・ゲノムを包む蛋白質の殻・スパイク蛋白質・ウィルス全体を包むエンベロープ)を体に入れる訳です。

mRNAワクチンはスパイク蛋白質を作るゲノムだけを切り出して増殖させた物で、これを鋳型として人体が持っているアミノ酸1300個程度が集まってきてペプチド結合して鋳型から転写されたものです。

他は転写されないので、作られるのはスパイク蛋白質だけです。

スパイク蛋白質にも色々あって、細胞にくっ付く働きをするもの、細胞内に入り込む働きをするものなどが有ります。

今回、転写で作られるスパイク蛋白質は細胞にくっ付く為の蛋白質だけです。

だから、細胞内に侵入する事が有りません。
つまり、感染する事が無い為、安全面で安心出来るものです。

また、mRNAは15分から5時間程度で、人体の酵素によって分解されてしまい機能を失います。

またmRNAで転写されたスパイク蛋白質は、2~3時間から2~3日で、人体の酵素によって分解されてしまい機能を失います。

これも安心材料です。

気になるアレルギー反応ですが、主にmRNAを包む膜として使われているポリエチレングリコールと言う化学物質で、化粧品に多く使われている為、化粧カブレを起こす女性は注意が要ると思います。

>>何故今まで通りの『不活化ワクチン』を使わないのですか?

不活化ワクチンは、開発~臨床試験~治験までに数年~10年程度掛ります。
そんなに待ってられないから、すでにSARS‐Cov‐1で開発が済んでいたmRNAワクチン技術を使う決定をした訳です。

新型コロナウィルス名はSARS‐Cov‐2だから、1と良く似た構造だったのが幸いしたと言うことです。

実際、SARS‐Cov‐1に掛った人の抗体を、今回のmRNAで作られたスパイク蛋白質を作用させると、抗体が作用したと言う報告が有ります。

中国の『不活化ワクチン』は、臨床試験も治験も行われていないブッツケ本番品なので、とても他国では受け入れられる物では無いと判断したのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすく丁寧な回答をありがとうございます。私が望んだような安心できるような内容です。ただ、何かが私の不安神経にひっかかります。すみません‥。もう少しじっくり考えてみます。…どこかで読んだのですが、『mRNAワクチン』の新技術はモデルナ社が6年前に開発してアメリカ政府が後援した技術だと記憶しています。SARS‐Cov‐1のウイルスは各国の研究機関で研究目的のために保存されているのではないでしょうか‥。すみません。

お礼日時:2021/06/19 16:09

>>何故?今のタイミングでわざわざ不安になるような新技術の『mRNAワクチン』を使う必要があるのですか?



新型コロナウイルスは、新しいタイプなので、新技術で対応するしかないということだったと思います。
また、同じ意味で、不活性ワクチンでは対処できないってことだったとも思います。
いずれにしても、新型コロナに対するワクチンは、米国の場合、前大統領のトランプ氏が「ワープスピードで開発せよ!」と指示を出して、通常では禁じ手の治験方法を採用してスピード開発したものです。
いろいろとワクチン使用で、不具合が出てくるのは覚悟の上だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答してくださりありがとうございます。…しかしよく分かりません。何故中国では『不活化ワクチン』を早急に実用化できたのでしょうか?もう10億回近くの接種が完了したそうですが‥、『不活化ワクチン』で対処できないということは‥、中国製やインド製の『不活化ワクチン』は大丈夫なのでしょうか?ますます不安です。すみません‥。

お礼日時:2021/06/19 15:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング