AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

この春から看護学校に通っています。9月になるとテストがあり、10月になると演習試験があり、11月になると待ちに待った戴帽式です!!そこで、「看護の専門性」というものについて調べるという夏休みの宿題がでてしまいました。看護について詳しい方、教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は1素人に過ぎませんが、以前私が質問した素朴で無知な質問「看護婦にできて医者にできない医療行為ってあるの?」で現場の看護婦の方を中心に、看護婦の専門性について回答していただいたので、とってもよくわかりました。


素人に対する回答なので看護学校の宿題のレベルではないかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=116941
    • good
    • 3
この回答へのお礼

医師や看護婦さんの意見はとても参考になりますね!
私も看護婦を目指すものとして、自分にしかできない看護というものを追求していきたいと思います。これで宿題もスムーズに終わりそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/26 22:19

こんにちは。

たいして 詳しくないのですが。。。

看護婦になり その科に配属されれば 少しでも専門性がつくとおもいますし 保健婦 助産婦だって 専門性を追求して いるんじゃないかと 思います。

宿題の内容が ちょっとわかりかねますが 認定看護婦や 専門看護婦のことをいっているのかな??と 思いました。

看護協会のHP乗せておきます。あまり くわしくないですが。。。でも もう夏休みおわるよ?大丈夫?学校の図書館にいったら 詳しい書籍があるのでは ないかと 思います。

参考URL:http://www.nurse.or.jp/kiyose/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まだまだ看護についてはヒヨッ子なのでそんなに難しいことではないと思うのですが戴帽式を行うにあたって理解してほしいという意図のものらしいです。
いろいろなHPをみてみて、体位変換のやり方だったり清拭のやり方だったりそういう類のものを専門性というのかなと思いました。
貴重な意見をありがとうございました!!

お礼日時:2001/08/26 02:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医者ができなくて看護婦のできる医療行為ってあるの?

素朴な疑問なんですが…。
例えば、注射は医者でも看護婦でもできますよね?
手術は医者しかできませんよね?
逆に、看護婦しかできない医療行為ってあるんですか?(法律で許されている、という意味で。)もしくは、医者はやってもいいけど多分できない様な、特殊な技能を看護学校で習うってことがあったりするんですか?

本で、医者が現場で看護婦を見下したりするって話を読んで、なんだか気になりました。学歴にしても給料にしても明らかに上下関係が生じそうな医者と看護婦の間で、お互いどんなプライドを持って仕事されているのかなーと思いまして。色々ご苦労があるんでしょうね。「看護婦に対してこんな失礼な医者がいた!」という現場の体験談でもいいです。

Aベストアンサー

元看護婦です。
看護婦の仕事は法律的に「療養上の世話」と「診療の補助」のふたつと定められていて、診療の補助(=医療行為)は医師の指示がないとできません。医師のしごとの一部を代行するだけなので、看護婦ができて医師ができない医療行為というのはありません。
一方、療養上の世話については看護婦が独自にその必要性を判断し、適切な方法を選択して実施することができます。例えば寝たきりの患者さんがいたら、どうやったらこの人に床ずれができないようにすごしてもらえるかとか、むせずに食事を摂ってもらえるかいったことなどをいろいろと工夫したりしています。医師もこのあたりのことは考えているとは思いますが、こういった業務については看護婦のほうが専門的な教育を受けていますし、現場でも看護婦のほうが主体的に観察、判断、実施を行っている仕事と思います。このあたりの専門性の違いが看護婦の職種上のプライドを保っているのではないかと思います。実際働いてると、上下関係というより、別の部署という感覚に近いです。
とはいえ、医師の一部には看護婦を見下している人もたしかにいると思います。しかし#1の方の回答にあるような立場の違いからある意味しかたがないとも思えます。ただそんな人たちと会話をするのは気分のいいものではないので、事務的な連絡事項はホワイトボードやメモを利用するなどして、極力医師と話をしなくてもすむような工夫をしている職場も多いと思います。
また、病棟で働く仲間には、看護助手や事務員、リネンや滅菌担当の部署の人、清掃員など、資格を持たない人もたくさんいますが、看護婦の中にはこういった人たちを見下して、あいさつすらしない、名前すら覚えようとしない人もいます。そう考えればお互い様かもしれません。
しかし職場の雰囲気は同じ病院でも場所によってぜんぜん違います。職種間のチームワークがとれてて、こういうことを考えずに働けるところももちろんありますよ。

元看護婦です。
看護婦の仕事は法律的に「療養上の世話」と「診療の補助」のふたつと定められていて、診療の補助(=医療行為)は医師の指示がないとできません。医師のしごとの一部を代行するだけなので、看護婦ができて医師ができない医療行為というのはありません。
一方、療養上の世話については看護婦が独自にその必要性を判断し、適切な方法を選択して実施することができます。例えば寝たきりの患者さんがいたら、どうやったらこの人に床ずれができないようにすごしてもらえるかとか、むせずに食事を摂っ...続きを読む


人気Q&Aランキング