小説を書き始めてしばらくたちますがいっこうに目がでる気配がありません。
昨年書いた小説を思いあまって某直木賞作家のところに持ち込んだところ原稿用紙8枚に及ぶ絶賛に近い評価をいただきました。にも関わらず文芸誌の新人賞は一次も通過しないという有様。入選は果たせなくても一次は通過できるとおもっていたのに…
 下読みの人は本当にちゃんと読んでいるのでしょうか?
 彼らは本当に小説を理解する力があるのでしょうか?
 

A 回答 (2件)

グチをこぼすよりも、前向きに考えた方が良いのでは?



某直木賞作家が絶賛してくれたのなら、その方から信頼できる編集者を紹介していただいて自信作を持ち込む、という方が芽が出る可能性が高いのではないでしょうか。
別に、文芸誌の新人賞を獲ることだけが、デビューの方法ではないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分でも「グチをこぼすより一枚でも多く原稿を書こう」とがんばっています。
次回さく鋭意制作中!
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/25 19:25

新人賞などの選考の場合は、


何部もの原稿が届くために
選考委員の人に何部づつかに分けられて、
その中で選考委員の人が数部づつを持ちより、
入選を決めるそうです。

ということは、今回は
たまたま、今回の選考委員の人の目にとまらなかったのではないでしょうか?

直木賞作家の人が選考委員だった場合にはきっと入選だったのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
多少、愚痴のような質問に回答いただき感謝。

お礼日時:2001/08/25 19:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直木賞は何回でも受賞できるのですか?出来ない場合直木賞に近い賞は?

直木賞は一度受賞した後も、何度も受賞出来る賞なのでしょうか?
もし出来ないのであれば、アメリカ映画の賞の様にアカデミー賞の様な賞はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

直木賞は、1回しか受賞できません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E6%9C%A8%E8%B3%9E

主に直木賞を受賞した経験のある大衆小説(エンターティメント系)の作家に与えられる文学賞としては、「吉川英治文学賞」などがあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%B7%9D%E8%8B%B1%E6%B2%BB%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%B3%9E

>アカデミー賞の様な賞はあるのでしょうか?
同じ人が何回も受賞できる文学賞はあるのか?という趣旨の質問かと思います。
下記URLのように文学賞は数多くありますが、一つの賞について、同一人が繰り返し受賞することはできません。各々の選考過程で、受賞済みの作家の作品は候補作に上らないのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%B3%9E%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

Q海外での直木賞の様な賞を教えてください。

海外での直木賞の様な賞を教えてください。
アメリカ、イギリスなど分かる範囲で結構です。
出来れば日本語に翻訳されているか分かる方法も教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の方の賞からリンクがありますが、フランスではゴングール賞というのがあります。
直木賞というより芥川賞みたいな感じなのかなと思いますが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%B3%9E
マルグリット・デュラス『ラ・マン』なんかは映画になって日本でも有名ですね。文庫本で出てます。
そうそう、関連項目にあるようにフェミナ賞(女性作家への賞)というのも聞きます。

カッコして邦題が付いているのは邦訳本が出ているのだと思います。

イギリスの女性文学賞の最高峰は『オレンジ賞』というんだそうで、イギリスのみならず英連邦全体から選ぶらしいです。
邦訳はあんまり出てないのかもしれません。
あ、でも今度受賞作家の邦訳が出るようです。オレンジ賞受賞作ではないのですが、別の作品が。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309204796
オレンジ賞受賞作"Half of a yellow sun"を英語で読みましたがとても良かったので、邦訳が出るといいなと思います。

いろいろな賞
http://www.pulp-literature.com/links/prize.html
http://www.geocities.jp/british_women_novelists/prize.html

こういうのと路線が違うのですが、SFでは「ヒューゴ賞」「ネビュラ賞」というのがSF界では最高峰です。
両方獲得するとダブルクラウン。
http://www.tsogen.co.jp/wadai/0508_05.html

No.1の方の賞からリンクがありますが、フランスではゴングール賞というのがあります。
直木賞というより芥川賞みたいな感じなのかなと思いますが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%B3%9E
マルグリット・デュラス『ラ・マン』なんかは映画になって日本でも有名ですね。文庫本で出てます。
そうそう、関連項目にあるようにフェミナ賞(女性作家への賞)というのも聞きます。

カッコして邦題が付いているのは邦訳本が出ているのだと思います。

イギリスの...続きを読む

Q直木賞などに投稿された小説って読めますか?

昔から読書が好きで色々読むうちに、自分も小説を書いてみたい、そして何らかの賞に応募してみたいと思うようになりました。

ですが、世の中には小説家という職業の人は、専業、兼業、ネット専門、など星の数ほどいて、小説の数も膨大なものだと思います。

賞に投稿される小説も山ほどあり、その中で選ばれる確率なんて本当に低いものだと分かっています。

だからこそ、余計に「投稿される作品がどの程度のものなのか」というのが知りたいと思い、質問させていただきました。

ご存知の方、教えてください^^

Aベストアンサー

 毎年、直木賞は「オール読物」3月号・9月号、芥川賞は「文藝春秋」3月号・9月号に受賞作と選評掲載されますので、それをご覧ください。
 選評には、受賞作以外の最終選考に残った全作品の題名と共に、掲載誌名・号数、書籍なら出版社名書かれていますので、お取り寄せの上、お読みください。直木賞の候補作なら図書館にあるかもしれないし\(^^;)...

http://www.bunshun.co.jp/award/naoki/index.htm 

また文藝春秋のホームページにも、選考結果、公示されています

今回の
第144回直木賞は
木内 昇「漂砂のうたう」(集英社)と道尾秀介「月と蟹」(文藝春秋)が授賞作に決まりました 。
他の最終候補作は
貴志祐介
「悪の教典」(文藝春秋)
犬飼六岐
「蛻(もぬけ)」(講談社)
貴志祐介
「悪の教典」(文藝春秋)

です。

※なお直木賞芥川賞共に、投稿選考でなく選抜選考であることは、知っていますよね\(^^;).
(選考委員の先生が、新刊本、新聞雑誌に発表された作品から候補作選んで、選考会に持ち込む。)

参考までに
投稿新人賞の紹介です(^-^)/








http://shinjinsho.seesaa.net/

 毎年、直木賞は「オール読物」3月号・9月号、芥川賞は「文藝春秋」3月号・9月号に受賞作と選評掲載されますので、それをご覧ください。
 選評には、受賞作以外の最終選考に残った全作品の題名と共に、掲載誌名・号数、書籍なら出版社名書かれていますので、お取り寄せの上、お読みください。直木賞の候補作なら図書館にあるかもしれないし\(^^;)...

http://www.bunshun.co.jp/award/naoki/index.htm 

また文藝春秋のホームページにも、選考結果、公示されています

今回の
第144回直木賞は
木内 昇「漂...続きを読む

Q「すばる文学賞」と「小説すばる新人賞」の違いは?

「すばる文学賞」と「小説すばる新人賞」の内容の違いを教えてください。公募ページの違いはわかりますが、具体的にこんなジャンルならこちらとか・・・と言う感じで教えていただければ助かります。また公募されて方の意見も聞きたいのです。

Aベストアンサー

賞の選考委員をみれば、賞の違いがわかるかと思います。
すばる文学賞の選考委員は
川上弘美、辻仁成、藤沢周らがなっています。
小説すばる新人賞の選考委員は
阿刀田高、五木寛之、井上ひさし、らがなっています。
つまり、すばる文学賞は純文学の作家の登竜門で、
小説すばる新人賞は大衆文学の作家の登竜門です。
もっとわかりやすくいえば、
新人の未発表作品の公募では、すばる文学賞は芥川賞にあたり、
小説すばる新人賞が直木賞にあたるといっていいでしょう。

Q半落ちが直木賞を受賞できなかった理由

最近神戸新聞で、第124回直木賞で、前評判の高かった「半落ち」が、ある理由で受賞できずに作者が「取材を重ねて書いたのに」と反論をしたという記事を読みました。もう自分の前で直木賞という言葉を言ってほしくないとまで憤慨されたそうです。

遅ればせながら「半落ち」を読み、いい本だと思いましたので、この直木賞に関しての詳しい経過に興味を持ちました。

ご存知の方、教えてください。
選考委員になにかあったのでしょうか?
どの部分が受賞をはずした理由なのでしょうか?
それともあまり知られていない事実なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に同様の質問があります。
参照してください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=566260


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報