【初月無料キャンペーン中】gooドクター

成長期に咬合刺激で顎骨の成長が促進されるといいますよね。そこで思ったのですが、じゃあ成長期に下顎骨隆起が起こるくらいの咬合刺激などの機械的刺激を顎骨に加えたとしても、100℃の水を加熱しても加えられた熱が全部蒸発に使われて温度が上がらないように、加えられた刺激は全て、顎骨全体の自然・正常ないわゆる「成長」に使われ、下顎骨隆起のような病的な肥大は起きないのじゃないでしょうか。それとも、咬合刺激によって自然な「成長」が促されるのと、下顎骨隆起が起きるのは、関係がない別々の現象なのでしょうか。そうであれば、違いを詳しく教えて頂ければ嬉しいです。

gooドクター

A 回答 (1件)

でも噛まなかったら顎関節症になったし


虫歯のせいかもしらんが
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング