色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

税金とか保険とかわからないので教えて下さい。

例としてですが
メインの仕事で月20万稼いで、副業としてアルバイトをして月3万稼ぐと、
23万として、カウントされた金額が来年請求がくるんでしょうか?
それとも副業の方はカウントされずに20万として請求がくるんですか?

あと国民健康保険の料金って去年の取得で決まりますか?

質問ばかりですいませんがよろしくお願いいたします。

gooドクター

A 回答 (3件)

メインの仕事の種類も関係してきますが、基本としては全部合計して税金が計算されます。


ただ、メインで源泉徴収されて年末調整も終われば、そこはそれで終了ですが、一定以上の副業がある場合は別にあなたが確定申告しなければなりません。そこでは、メインも含めて全てを申告(し直し)という事になり、税金(所得税)は再計算されて最終的な額が決まります。
すでに源泉徴収で一定額は納めてあるので、その差額次第で払ったり返ってきたりという事になります。

別に住民税もあって、これは確定申告(源泉徴収も含む)によって市町村から請求があとから来ます。所得税とは別に払う事になります。
ただ、特別徴収と申告してあると、源泉徴収で一緒に引かれます。

国保税は前年の所得から計算されます。住民税額が基礎になります。
    • good
    • 0

副業のアルバイトを「副業です」と申告すると


「従たる所得」として所得税が多く引かれます。
通常8万8千円から課税になりますが、
「従たる所得」の場合、3万円でも源泉徴収されます。
そのため、所得税を「払いすぎ」の状況になりますので
確定申告をして払いすぎた所得税は還付してもらうことになります。

黙ってアルバイトをした場合、所得税は通常の計算で引かれますが
源泉徴収票をもらって確定申告をしておかないと
本業の方に月23万→年276万で計算された所得税の追加請求と
都道府県民税・市町村税(住民税)の請求が行きます(副業がバレます)
確定申告の書類に「住民税等の請求は自宅へ」に
チェックを入れておきましょう。

「従たる所得」で確定申告をしない場合
所得税は「地方自治体がもらいすぎている状態」ですが
向こうから返してくれる、ということはありませんので
確定申告はしないと損ですし、しないと本業に副業がバレます。


国民健康保険料は、国民健康保険に加入している方の人数・年齢と前年の所得金額をもとに世帯単位で計算します。
住んでいる地域によって計算方法や料率が変わります。
お住まいの地域のHPを見ると計算式が出ている場合があります。
例:東京都江戸川区の場合
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e053/qa/kurash …
    • good
    • 0

>カウントされた金額が来年請求がくるんで…



って、何が?
主語を省かないでください。

・所得税・・・当年課税なのでその年の年末調整または翌年初めの確定申告。
まあ、本業に内緒の副業なら年末調整に折り込むってことはないでしょうから、自分で確定申告です。

確定申告とは、自分で所得税を計算し、自分で 3/15 までに納めに行く制度であり、どこかから請求書が来るものではありません。

・住民税 (市県民税)・・・翌年課税なので、年末調整または確定申告の結果が税務署から市役所に送られ、翌年 6 月に納付額が決定します。
本業がサラリーマンの人なら、さらにその翌年 5 月まで副業分も含めて本業の給与から天引きです。

副業が給与所得以外の所得、例えば裏の畑で作った大根を売って金儲けをしたとかなら、副業で増えた分の住民税を自分で納めることもできます。

・国民健康保険税・・・これも翌年課税で住民税より 1 ヶ月遅れて納付書が届きます。
年末調整または確定申告の結果によることは住民税と同じです。

サラリーマンの方でも給与天引きはなく、1 年分すべて自分で納付します。
納付方法は自治体によって異なりますが、7月から翌年3月までの間に 1~8回の分納です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング