最近、思うのですが、日本とアメリカ合衆国は色んな分野で対極にありますが、自由主義、資本主義、民主主義という点では一致しています。したがって、合併によってお互いの良いところを生かせる良い国ができると思います。日本にとって、今の官僚システムを改革して活力をとりもどす方法は実現不可能なように思います。自民党も、民主党も官僚出身議員が多いし、政策立案能力で、日本の政党は官僚にかなわないからです。小泉内閣でも構造改革はできないでしょう。日本の構造改革の実行には、アメリカとの合併が最も近道で効果的だと思います。また、将来、中国がアジアで覇権を握ろうとした場合でも、日本とアメリカが合併しておれば、簡単に対抗できます。

以上のように、日本とアメリカ合衆国が合併すれば良いと思うのですが、合併の具体的な手順がわかりません。どんな手順が良いでしょうか?

【日米比較】
●貯蓄率の異常に多い日本と、貯蓄率の異常に少ないアメリカ
●経済の低迷している日本と、経済の好調なアメリカ
●犯罪率の少ない日本と、犯罪率の多いアメリカ
●戦争放棄の日本と、世界の警察官のアメリカ
●面積の小さい日本と、面積の広いアメリカ
●識字率の高い日本と、識字率の低いアメリカ
●ベンチャー企業の少ない日本と、ベンチャー企業の多いアメリカ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

kamesenninさんにお聞きしたいのですが、合併によるメリットが明確で


ありません。

>日本の構造改革の実行には、アメリカとの合併が最も近道で効果的

ということは、日本政府を精算して無くしてしまえということですか。
アメリカは既に連邦国家なので、日本がアメリカの一つの州になると
いうことかと思いますが、そうなった時に「誰が」日本の政治を司る
のでしょうか。

アメリカ人に任せたら、アメリカ本土に都合のいい政府を作るだけです。
かつてアメリカはハワイ王国を合併したことがありますが、歴史的な経緯
を見ると、現地の人のために合併したというよりは、アメリカ人の利益を
考えての行動だったようです。
今のハワイ州には、ハワイ王国のなごりはごくわずかしか残っていません。


>将来、中国がアジアで覇権を握ろうとした場合でも、日本とアメリカが
>合併しておれば、簡単に対抗できます。

これは「日米安保」体制を強化すれば済む話しではないでしょうか。
最も「弾道ミサイル防衛構想」にさえ反対する政治勢力が大勢います
から、簡単ではないですけれどもね。
また、「日米安保」に反対する人たちが、「日米合併」に賛成するとは
とうてい考えられません。


また大事なことは、日本国を精算するということは、日本人としての
アイデンティティをも精算してしまうことに繋がるのではないかとい
う懸念です。

kamesenninさんの奇抜なアイデアには敬意を表しますが、日本とアメリカ
では根底から文明系統が異なります。
日本は自然発生した国であり、東洋の宗教(仏教・儒教・日本独自の神道)
をベースにした文化を持っています。
アメリカは、人為的に作った国家であり、日本にいるとわかりにくいです
が、キリスト教を文明のバックボーンに持っています。

同じ自由主義・資本主義の国家とはいえ、文明・文化のバックボーンが
異なりますから、同じ家に住むことは易しくありません。
試しに、アメリカ人またはアメリカ資本の企業と一年くらい一緒に仕事を
してみてください。どれだけ互いの価値観が異なるか、イヤとなるほど
わかります。

遠い将来のことはわかりませんが、今すぐに日米が合併するというのは
残念ながら夢物語でしょう。
ありえるとしたら、「EUのような環太平洋共同体設立」→「連邦国家化」
→「ひょっとしたら合併」という流れかと思います。
    • good
    • 0

再コメントします。

(No.2でもコメントしています)
先ず、一点事実誤認があるので、念のため指摘しておきます。

>●経済の低迷している日本と、経済の好調なアメリカ

株価を見ればすぐわかりますが、現在は日米が同時不況に陥りつつあります。
日米の不況というより、アメリカの不況にアジアが引きずられているという
ようですね。

特にハードや半導体がモロにやられました。ソフトでは国内需要もけっこう
強いので、ソフト中心の企業はダメージが少ないようです。日本IBMがこの
時期に増員を計画しているのには、正直驚きました。

IT関係の国内企業がほとんどダウンしたのは、ハード・半導体の割合が高い
ことの裏返しのようです。

ちなみにヨーロッパのことはよく知りませんが、特に景気がいいという話も
聞かないので、状況的には似たり寄ったりなのでしょうか。(推測)
    • good
    • 0

少し言わせていただきたいと存じます。


我国はあくまでも独立国家『日本』です。独立国家です。我国のよき伝統や文化をアメリカ人に理解できるのでしょうか。同じ日本人の方のお考えとしては個人的に寂しいです。体制であるとか確かに合理的に行けばいいのですが、祖国を思う気持ちは合理的にはいかないと思います。

この回答への補足

日本を愛するが故にアメリカ合衆国との合併が必要と考えています。日本のピークはすでに10年前に終わりました。すでに、日本は長期低落の時代にはいっています。ガッツもなく、独創性もなく、与えられるのが当たり前となってしまった日本の若者に日本を建て直すのは不可能です。また、日本を長期低落の道に追い込んだ官僚組織は、自民党をすでに乗っ取っています。官僚が日本の為に、自分たちの権益を減らそうと考えることはありません。日本が滅びるまで、官僚は日本の血を吸いつづけるでしょう。そうこうしている間に、日本を経済力で中国が追いぬいてしまえば、日本は中国+韓国+北朝鮮にやられてしまうでしょう。これは数十年以内におこると予測されます。これを防ぐためには、まだ国力がある間に、アメリカ合衆国と合併するのが最良の方法だと思います。祖国を思うが故の判断です。

補足日時:2001/08/29 00:31
    • good
    • 1

>●識字率の高い日本と、識字率の低いアメリカ



米国の公用語は英語です。
合併後は
識字率の低い日本州と、識字率の高いアメリカ本土となります。
    • good
    • 0

「日本が今の官僚システムを改革して活力を取り戻す方法は実現不可能」とおっしゃいますが、日本とアメリカの合併の方が実現の可能性は低いと思います。



こうしたことには明文化された規定がないので、双方の国の議会が(アメリカは大統領制ですから、大統領も)、合併を発案し、憲法を改正した上で、国民投票にかけて・・・といった手続きが考えられますが、言葉も違う、文化も違う、領土も離れているといった国家が“合併”することにメリットはほとんどないように思います。
かつて、1960年代に、同じイスラム文化、同じアラビア語、同じイスラエルへの対抗ということで、エジプト、シリア、リビアが「アラブ連合」という国家連合を組んで、合併を目指したことがありましたが、すぐに頓挫してしまいました。
欧州連合(EU)も、市場統合や通貨統合などは行っていますが、統一国家の設立を目的としている訳ではありません。

まあ、アメリカが本気になって、日本を植民地化しようというのであれば、実現してしまうでしょうが・・・

この回答への補足

日本がアメリカの一部になるような吸収合併の場合、アメリカの憲法改正は不要だと思いますが、どうでしょうか?
日本の方は、日本国憲法が廃止されるのだと思います。そして、天皇制度も廃止となるのではないでしょうか?

補足日時:2001/08/26 05:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいまの日本は民主主義というより資本主義ではないですか? 民主主義と資本

いまの日本は民主主義というより資本主義ではないですか? 民主主義と資本主義の2つの主義が両立して成り立っているのに、なぜ日本は民主主義を前面に押し出し、資本主義とは言わないのですか?

Aベストアンサー

たしかに民主主義は、資本主義の制約として働いています。しかし、資本主義の制約は民主主義でなくともよいわけで、聡明な独裁者がいろいろな制約のルールを作ってもよいではないかとも考えられませんか。

卑近な例では、進まぬ行財政改革や公務員改革に対して、現行の民主主義のシステムを嫌悪して政治のルールを破ったり無視したりしてでも新しい事態を作っていく首長が一部で人気を集めたりもしています。結果的に聡明であったかどうかは別として、このような国家的実験がいまのロシアで過去に行われたことはよく知られています。トップダウンで物事を解決していく政治システムとなっていました。

人間が行動するためには「正しい」とか「善」であるという意味付けとか、価値の付与が必要です。人を思いどおりに動かすという権力にも正統性が必要ですね。人が警察官の指示に従うのは法律によって警察官に権限が与えられているからです。為政者例えば総理大臣は日本で最も権威のある憲法に則って権力者となっているため官僚はその指揮に従います。法律は憲法に則って国会で決められたから国民はそれに従います。

しかし、何が正しいとか、善であるかは相対的なものであり、容易に判別できるものではありません。あなたの最愛の人が警官に追われてあなたの家に逃げ込んできました。警官が家の戸口に立ちました。最愛の人を守るためいないというのか。うそを付くのは悪いので警官に引き渡すのか。戦場です。人を殺したり傷つけるのは悪いのか。祖国を守るため、また横の仲間を守るため敵を銃撃するのか。

権力の正統性も同様です。その源泉は神であったり、自然法であったり、長く続いていることであったり、人民の総意であったりと権力者は自己の権力が正統であることを説明します。人民がそれを受け入れるか受け入れざるを得ないということであればなんでもよいということになります。

大衆社会になってからはメディア、うわさなどを巧みに使って人民にその気にさせるという作業が行われており、100人がそう言えばそれが事実か真実かとなってしまう状況ですね。ナチスなどが有名です。


そこで民主主義が資本主義の制約とか修正のために登場したというのではなくて、資本主義がもたらした国民の生活の状態、裕福に資産を持つ人や、雇われて仕事をするしか収入がない人、従来からの大地主や貴族などいろんな人があって、これ以上資本主義を徹底したい人や、なにも持たないので従う人、怖さを知らない人、このままでは没落してしまう人などいろいろな経済的立場として存在し、争議や内乱も含め政治的な主張や軋轢を繰り返かえすという状況が生まれたと考えます。

それぞれの国の歴史的背景、対立の勢力分布、対立の根の深さなどいろいろな要素があってなにも持たない人をどう取り込むかという解決の方法が、日本では働くしか収入がない人を政治参加に取り込む方法であったのではないかと考えます。

彼らを取り込む以上彼らの主張の一部を受け入れることとなり、結果資本主義の制約なり修正が生まれました。日本では、こうした修正した資本主義経済が発展したところ、国民が全体的にそれなりに豊かになってきたため本人の経済的立場というものがあまり気にされなくなりました。経済的立場からの発言や団結なども少なくなりました。この事態には宣伝の効果も大きいと思いますが、国民全体の所得が向上したのも事実であると考えられます。


近年の資本主義重視への揺り戻しは、小さい政府や規制緩和の動きとしてみられ、新自由主義的な政策と呼ばれますが、初期にも政府は何もしないほうがよいという考え方はありました。ワーキングプアというような現象を生み出しましたが、個人の責任をより強く吹聴することによって、社会の仕組みの変化により生じたものであるというという事実がぼかされているとも見えます。

働かざるもの食うべからずという言葉は聖書や旧ソビエト連邦の憲法の条文であり、また資本主義では持てるものは別に働く必要もないわけですから、自己責任というのは資本主義由来の言葉とは少し違うのではないかと考えます。

「持てるものが楽をして儲けて何が悪い。儲けやすいように変な規制なんか廃止しろ。わしが儲けた金に何で税金なんか払わせるのか。」そのように言ってはみもふたもありませんので、使い方や制度が悪いという問題を国民全体に啓蒙し小さな政府に誘導する必要があります。

大衆というものは、自分を自宅にプールがあるような人とは比較しないで、となりの人が海外旅行に行ったことをうらやましがるように出来ていますので、うまく不平不満をその人たちの身近に見つけてあげ誘導することが大切です。そうすれば結果的に投票者当人に不利益になることでも受け入れられます。

そこで資本主義は後ろに隠すべき物です。

たしかに民主主義は、資本主義の制約として働いています。しかし、資本主義の制約は民主主義でなくともよいわけで、聡明な独裁者がいろいろな制約のルールを作ってもよいではないかとも考えられませんか。

卑近な例では、進まぬ行財政改革や公務員改革に対して、現行の民主主義のシステムを嫌悪して政治のルールを破ったり無視したりしてでも新しい事態を作っていく首長が一部で人気を集めたりもしています。結果的に聡明であったかどうかは別として、このような国家的実験がいまのロシアで過去に行われたことは...続きを読む

Q社会主義・共産主義・マルクス主義・国粋主義

社会主義・共産主義・マルクス主義・国粋主義についてそれぞれの意味や関係性を教えていただけませんか??
辞書を調べたのですが、難しく理解できませんでした。特に社会主義と共産主義と資本主義の関係性を知りたいです。
また、それが現代にどのような影響を及ぼしているのか知りたいです。

Aベストアンサー

・社会主義
現実にある貧富の差などを解消する為に社会システムを作り直そうという主義です。
余り知られていない話ですが、社会主義には2種類あります。

一つは、キリスト教的思想から来る社会主義。
今では社会民主主義といわれており、北欧の国々が採用しているシステムです。
つまりは人々は経済的にも平等であるべきというキリスト教の教えをもとに重い累進課税や手厚い福祉などで経済的平等を実現しようとしています。昔のイギリスなども同じようなことをやっていましたが、現在では別の道に行っています。その点北欧の国々が社会保障で焼け太りしないのは何故なのか非常に興味がありますが、何故かは知りません。

もう一つは、マルクス系の社会主義。
共産主義に移行する繋ぎのシステムだと考えられていました。
一般的に想像される社会主義と考えてくれて構いません。
今まともなマルクス系社会主義国が残っていない事からも、マルクス系社会主義は欠陥品だったといえます。

・共産主義
マルクスが理想として掲げた社会制度です。
土地や資本などの生産手段を金持ちに握らせておくと、金持ちばかりが美味しい思いをするだけだから、生産手段を社会の公共物として共有しようという思想です。
しかし、人間の本質、つまり利己主義や所有欲を全く考慮に入れていない傲慢な思想だったので、当然上手く行きませんでした。

・マルクス主義
マルクスが唱えていた思想の事。
共産主義の事を言う事もありますし、社会主義の事を言う事もあります。まあどちらにしろ上手く行きませんでした。
某亡国の共産党元幹部の話を例に挙げます。
『誰しもが平等に働き生きていける社会を作ろうという社会主義の理想は素晴らしかった。しかし、それは国家の権力によって強制されるべきものではなく。慈愛や博愛によって齎されるものだったのです』
つまりはこういうことだと思います。

ただ一つだけ、マルクスという研究材料兼競争相手がいたからこそ、資本主義の福祉や戦後の経済復興がスムーズに進んだという点もあるとは思います。
そういう意味ではマルクス主義は資本主義が止揚するための踏み台としての価値はあったと思います。

国粋主義
No.2さんのお話で大体正しいと思います。

・社会主義
現実にある貧富の差などを解消する為に社会システムを作り直そうという主義です。
余り知られていない話ですが、社会主義には2種類あります。

一つは、キリスト教的思想から来る社会主義。
今では社会民主主義といわれており、北欧の国々が採用しているシステムです。
つまりは人々は経済的にも平等であるべきというキリスト教の教えをもとに重い累進課税や手厚い福祉などで経済的平等を実現しようとしています。昔のイギリスなども同じようなことをやっていましたが、現在では別の道に行ってい...続きを読む

Q資本主義・自由主義、社会主義・共産主義の違い

資本主義と自由主義の違いがわかりません。また、同様に社会主義と共産主義の違いも分かりません。
辞書を引いてもその違いが明確でなく、西側のどちらの言葉と東側のどちらの言葉が対義語なのかも・・・。
私の辞書では社会主義、共産主義のどちらの対義語も資本主義となっています。

社会制度、あるいは思想・概念で捉えた場合の違いなのかなーと思ったりもしますが、それでも何か釈然としません。
是非、教えて下さい。

Aベストアンサー

社会主義
生産材を国有にし、国民は(共産党に認定された)能力に基づいて働き、生産された富の配分を受ける経済体制

共産主義
社会主義のうち、富の配分が(共産党の認定した)必要度に応じて行われる経済体制

資本主義
生産財を、資本を提供した資本家たちの所有に帰し、資本家の利潤追求と市場原理に基づいて、生産、富の配分が行われる経済体制

自由主義
個人の自由な活動や思想を最大限擁護しようという政治思想、体制
経済的な側面は当然の事ながら資本主義となる

Qファシズム 絶対主義 帝国主義 独裁主義 絶対主義 ナショナリズム の違いを教えてください

学校の公民のテストで、回答として ファシズム(絶対主義 帝国主義 独裁主義 絶対主義 ナショナリズム との違いを把握しておく事)
という文がありました
調べてみたのですが、いまいちはっきりとした違いがわからず、ここで質問させていただくことしました
それぞれの定義、特長と違いを教えてください
おねがいします

Aベストアンサー

ファシズム

イタリアの政治家ムッソリーニの思想であり、彼が指導したファシスト党による1922年から1942年までのイタリアの政治体制をさします。
その特徴は、共産主義、自由主義、民主主義、平和主義など徹底的に排除しようとします。その為、暴力的な独裁体制が築かれます。
また、対外的には攻撃的になり侵略主義的になっていきます。
転じて、似たような政治体制を「ファシズム的」と称することもあります。


絶対主義

政治的権力を集中させた、絶対的な政治体制を言います。
その意味ではファシズムや独裁主義も含みます。
ただ、歴史学では近世ヨーロッパで現れた封建体制崩壊後の「絶対王政」を指します。
封建制は、弱小勢力の寄せ集めであり、例え「王」といえども、それら「諸侯」の意見を無視することはできませんでした。
しかし、徐々に諸侯の力が弱まり、「王」に権力が集中し始めました。
そして、「王」というのは憲法や法律によって権力が制限されることは無いと考えます。
その根拠としては、「神からの権力の付与」という論理での権威付けされているのが特徴的です。
フランス王ルイ14世の「朕は国家なり」が有名ですね。
これの対立概念は「立憲君主制」で日本もこの体制ですね。


帝国主義 

主に19世紀中頃に現れた、積極的に海外殖民地を獲得していこうとする政策であり、またその時代を現す時代区分でもあります。
その特徴は、強大な軍事力を背景に、列強諸国が植民地経営や権益争いを行いつつ、世界の再分割を行っていった時代でもあります。


独裁主義

政治権力を一人または少数者に集中させ、国家を支配しようという政治思想や政体。


ナショナリズム

文脈によって多様な定義づけがされている。
アーネスト・ゲルナーは「政治的な単位と文化的あるいは民族的な単位を一致させようとする思想や運動」と定義しています。
しばしば、郷土愛や愛国心を意味するパトリオティズムと混同されますが、厳密には違う概念です。(ただ、日本ではこちらの文脈で使われることも多い)


全体主義

個人個人の利益や自由を犠牲にしてでも、公共の利益・国家の利益を追求していこうとする思想。
日本では、世界大戦期の国力を総動員する時期に現れたが、この言葉を最初に使ったのはムッソリーニだとされている。
また、自由民主主義とは対立する概念でもある。


・・・と、大まかにはこんな感じですかね。
あとはWikiで調べてみてください。
http://ja.wikipedia.org/

ファシズム

イタリアの政治家ムッソリーニの思想であり、彼が指導したファシスト党による1922年から1942年までのイタリアの政治体制をさします。
その特徴は、共産主義、自由主義、民主主義、平和主義など徹底的に排除しようとします。その為、暴力的な独裁体制が築かれます。
また、対外的には攻撃的になり侵略主義的になっていきます。
転じて、似たような政治体制を「ファシズム的」と称することもあります。


絶対主義

政治的権力を集中させた、絶対的な政治体制を言います。
その意味ではファ...続きを読む

Q民主主義と共和主義、社会主義と共産主義の違いは?

●民主主義と共和主義の違い
●社会主義と共産主義の違い
●王制(天皇制)と帝政、の違い
●資本主義が社会共産主義と対かどうか
●民主共和主義と王制帝政が対かどうか
●どの主義が右で、どの主義が左なのか などなど
う~ん、頭が混乱します。資本主義だけ浮いているような気もするし・・・
細かい説明より、相互関係が分かるような説明をしていただけると嬉しいです。誰か教えてください!お願いします!

Aベストアンサー

まずインターネット等で調べたらどうですか?
それでどこが分からないのか、それを訊ねるべきです。
ちょっと安易すぎませんか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報