【初月無料キャンペーン中】gooドクター

z 軸を中心軸として、一辺の長 さが a と b の N 回巻き長方形コイルを図の方向に角 速度 ω で回転させる。
コイル全体の抵抗値は R で、 図の矢印の方向に一様に磁束密度の大きさが B の磁 場がかけられている。線分 PQ は時刻 t = 0 で水平になっていたと し、電流が作る磁場への影響は考えない。
(1) コイルの上辺 PQ について、P から Q の向きに 流れる電流の向きを正の向きとする。このとき、コ イルを貫く磁束及び電流値を求めよ。
(2) 線分 PQ と水平線とのなす角度が θ1 から θ2 まで 変化するまでにコイルを流れた総電気量は角速度 ω に依存する?
(3) コイル全体の長さを固定するとき、電流値を最も大きくするにはどの様に 1 辺の長さを調節すればよい?

上の問題をご教授ください。

特に、
(2)ですが、総電気量の結果中にsinwtというような値が入ったので、総電気量は各速度に依存するという結果でよろしいでしょうか?
また、この場合、V=−NdΦ/dtでしょうか?

「電磁気1.1」の質問画像
gooドクター

A 回答 (1件)

(1)はコイルと鎖交する磁束の意味がわかっていれば答えが出ますね。


(2)は起電力はあっています。ところでコイルを流れる総電気量って何ですか。エネルギーの事を指しているなら、電流を求め、次に電力を求めてθ1 から θ2への移動に要する時間で積分です。
(3)はすぐ分かるでしょう。
ところで、宿題のようですが採点結果を返してもらえるのなら、ここで自分で採点してどうするつもりですか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング