『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

読んだのが17年くらい前で、少女漫画のコミックでした。

主人公の名前は聖子で、確か高校生だったと思います。彼女は優等生なんですけど、実は夜遊びをしてクラブ(当時はディスコ?)などに行き来する女の子です。
1巻の途中で外国人の若い男の子と出会います。
学校の黒板で"聖子"という漢字を彼に説明するシーンがありました。
彼は1巻の最後にやけどをし、水道の水で手を冷やすシーンがあります。

どなたかタイトルを知りませんか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

伊藤ゆう「真っ赤なキャベツ」だと思います。



昭和60年~61年に連載されていました。
単行本は講談社フレンドコミックス全4巻です。

主人公は「新名聖子」、母親は有名女優です。
学校では三つ編みの優等生、夜は髪をほどいて化粧をし、遊び歩いています。
1巻の途中ではないのですが、3巻で主人公はアメリカ国籍のカメラマンの少年と出会います。
学校の黒板で"聖子"という漢字を彼に説明するシーン、
彼が手に火傷をするシーンもありました。
(少年が登場するのが3巻からなので、火傷のシーンも3巻ですが…)
ちなみに主人公の恋のお相手は、尾崎守。
本業は医者ですが、主人公の高校へ代理校医としてやってきます。

コミックスは古本屋さんで現在も入手可能だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古本屋に行って確認してきました!
記憶の絵とはちょっと違うのですが(^^;)
たぶん合ってると思います。
ありがとうございました!!!

お礼日時:2005/03/02 05:00

↓No.1の回答をした者です。



ごめんなさい!タイトルちょっと訂正です。
伊藤ゆう「真っ赤なキャベツ」と書きましたが
正確には「まっ赤なキャベツ」でした。
    • good
    • 0

↓No.1の回答をした者です。



ごめんなさい!タイトルちょっと訂正です。
伊藤ゆう「真っ赤なキャベツ」と書きましたが
正確には「まっ赤なキャベツ」でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!


人気Q&Aランキング