【初月無料キャンペーン中】gooドクター

「江戸っ子」とは別に、「江戸もん」も使われていたようですが、この両者の違いを教えて下さい。

gooドクター

A 回答 (4件)

江戸っ子、どちらかと言うと良い意味で使われてる。

三代続けば、というように基準有り。

江戸もん。主に江戸以外の土地で使われる。単に江戸から来た人ぐらいの意味、やや悪い意味で使われることが多い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
旅に出た江戸住人は、江戸っ子とは自称せず、江戸もんと謙遜するのですね。

お礼日時:2021/06/24 13:16

「江戸もん」


→江戸で暮らしている人。

「江戸っ子」
→定義上は、町人で、江戸生まれ江戸育ちの生粋の江戸もんということになるが、重要なのは「江戸っ子気質」と云われる精神性だろう。
その「江戸っ子気質」とは次のようなものだ。
①物事にこだわらない。
②ず金ばなれがよい。
③意地っぱり。
④正義感が強い。
⑤けんかっ早い。
⑥どちらかと云えば軽率。

必ずしも生粋の「江戸もん」ではなくても、上記のような「江戸っ子気質」にあてはまる義侠心の強い人がそのように呼ばれた。
逆に言えば、生粋の「江戸もん」でも、そういう「江戸っ子気質」を持たない人は「江戸っ子」とは呼ばれないことになる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
「江戸っ子」には、上記の6つの気質が不可欠なのですね。

お礼日時:2021/06/24 13:14

江戸居住者ないし江戸市民は江戸者と称し、そのなかでも生え抜きの江戸者、生粋(きっすい)の江戸市民を江戸っ子といった。

江戸っ子は父母ともに3代続きの市民であることが必要条件とされた。このように絞ると、享保(きょうほう)年間(1716~36)の江戸町人人口50万のうち、江戸っ子はざっと10%にしかならなかった。「江戸っ子」ということばの初見は1771年(明和8)の川柳(せんりゅう)で、「江戸っ子のわらんじをはくらんがしさ」である。1603年(慶長8)江戸開府後、各地から浪人者その他が多数流入して江戸市井に入り込み、各町の草分けとなってから約1世紀半もたつと、蓄財も進み成長した町人ができてきた。そのころになると江戸市民の間に同郷的連帯感が強まってくるし、「江戸っ子」ということばがみられるようになる。またこの語感が彼らの気質にもあったために、寛政(かんせい)(1789~1801)以後の江戸繁栄期に普及した。

 この江戸っ子の特徴としてあげられるのは、粋(いき)で勇み肌の気風、さっぱりとした態度、歯切れのよさ、金銭への執着のなさなどがあり、また浅慮でけんかっ早い点もある。「金の鯱鉾(しゃちほこ)をにらんで、水道の水を産湯(うぶゆ)に浴び、おがみ搗(づ)きの米を食って、日本橋の真ん中で育った金箔(きんぱく)つきの江戸っ子だ……」が、芝居の台詞(せりふ)からきた自賛の弁。将軍家のお膝元(ひざもと)に住むという自負のある反面、排他的な誇りを含み、見栄(みえ)を張り、意地を張るという気質も強い。

以上、日本大百科全書(ニッポニカ)より。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答亜ありがとうございました。
<江戸居住者ないし江戸市民は江戸者>ですね。
<自負のある反面、排他的な誇りを含み、見栄(みえ)を張り、意地を張るという気質も強い。>はもっぱら江戸っ子に対してですね。

お礼日時:2021/06/24 13:12

「江戸っ子」


江戸で生まれ育った住民を指した言葉
「江戸もん」
江戸に住んでいる住民を指した言葉
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<「江戸もん」
江戸に住んでいる住民を指した言葉>ですね。

お礼日時:2021/06/24 13:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング