色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

以下のような経歴を持つ人は、いわゆる新卒者扱いとなるのでしょうか。

・大学卒業後、一般企業で数年間勤務。
・一般企業を退職後、修士課程に進学、修士号を取得。
・その後、博士課程に進学し、博士号を取得。
(ただし、その間、日本学術振興会の研究員や大学での非常勤講師の経歴有)
・3月に博士課程修了後、そのまま4月から大学教員として採用された。

勉強不足ですが、個人的な感覚としては、学校を卒業後、すぐに大学教員として仕事を始めているため、新卒者に当たるのではないかと思いますが、正しいのでしょうか。

もしわかる方がいらっしゃいましたら、新卒か新卒ではないかの判断と、その根拠をご教示いただけると幸いです。

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

新卒ではありません


この場合新卒かどうかに意味などありません
    • good
    • 0

「新卒者」で良いのではないですか。



大学院卒業と言うのは、博士を取得するまで博士課程に在学していたという事ですよね。
だったら、新卒者で良いですね。

唯、博士課程を修了後に、博士の学位を取得している場合は、「>その間に、日本学術振興会の研究員や大学での非常勤講師の経歴有」もあるのですから、大学院(博士課程)卒業とは成っていないので、「新卒者」とは言わないでしょう。

でも、既に、大学教員として就職されているのですから、新卒かどうか拘る事も無いでしょう。
    • good
    • 0

で 判定は「大学教員としての採用が」新卒かどうか なんですか? 



採用する会社によって違うでしょうね。

うちの会社なら 新卒とはみなさない です。
年齢的にも新卒とは言えないし、一般企業に数年もつとめたら そりゃ中途採用ですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング