最新閲覧日:

20年以上前ですが、クラプトンの「アットヒズベスト」という2枚組のベスト盤
がありました。この中に「テルザトゥルース」という曲が入っていました。この曲は、通常歌詞入りの短い曲で、現在リリースされているCDにも入っているのですが、このベスト盤の場合、インストで10分位の長い曲なのです。私なりに調べた
ところでは、現在のCDには入っていないようなのですが・・・。どなたか、この曲の行方についてご存知ありませんか?

A 回答 (2件)

『Eric Clapton At His Best』だったか『History Of Eric Clapton』(こちらは『エリック・クラプトンの歴史』として日本盤も出たはず)だったか、どちらも'72年発売の編集盤ですが、どちらかに「テル・ザ・トゥルース」のシングル・ヴァージョンと未発表テイク(当時)の「テル・ザ・トゥルース・ジャム」が収録されていました。

インストで10分位というのは、これのことだと思います。

もう1つ、'87年にヨーロッパでPolydor盤として出た『Cream Of Eric Clapton』があり、当時クラプトンは自身のレーベルであるダックを設立しており、このベスト盤はRSOとダックにまたがった選曲でしたが、'89年に出た同名の日本盤(『クリーム・オブ・エリック・クラプトン』)では、国内の権利関係のために、ワーナーブラザース系のダック原盤のナンバーが外され、代りに上記の「テル・ザ・トゥルース・ジャム」等が収録されました。

『The Layla Sessions』にも別テイクとともに収録されたのは、masmasさんの回答通りです。下記URLのDisc3で、ちょっとだけ試聴できるようです。
http://www.cdnow.com/cgi-bin/mserver/SID=1014456 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば、「~ジャム」という名前でした。これで、もう一度探してみたいと思います。助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/26 07:43

私は「アットヒズベスト」というアルバムは知りませんが、1990年か1991年に出た3枚セットでレコードジャケット大のケースに入っていたデレク・アンド・ドミノスの「The Layla Sessions」というCDの3枚目に「Tell The Truth」のインスト版というかリハーサルのプレイが2曲入っています。

1曲は約9分40秒でイントロがオリジナルの「レイラ」に入っているものとは少し違う感じで、2曲目は約13分50秒で、演奏の途中から始まる感じです。商品番号はPOCP-1057~9です。限定盤だと思って私は10年前に出たときにすぐに買いましたが、1年くらい前にCD屋(新○堂)に置いてあるのを見たことがあります。
なおこのセットの1枚目はオリジナルの「レイラ」をリミックスしたもので、オリジナルでは聴こえていなかったギターの音やシャウトなどが聴けます。名曲「レイラ」の後半部分も今まで良く聴こえなかったスライドギターの音が聴こえたりとオリジナルとはちょっと違った趣があります。他のCDはジャムとかリハーサルとかが多いですが貴重な音源です。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になる情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/26 07:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ