【初月無料キャンペーン中】gooドクター

「事案」
 AはBから、B所有の土地(以下、「本件土地」という)を無償で借り、本件土地に簡単なプレハブ小屋を建てて、20年余りの期間、プレハブ小屋を物置きとして使用してきた。ある日、BがAに対して、プレハブ小屋を撤去して本件土地を明け渡してほしいと請求したところ、Aは、時効によって本件土地の所有権を取得したと主張して、本件土地の返還を拒絶した。
 上記の「事案」において、本件土地について、Aが主張している取得時効は成立しない。取得時効が成立しないのは、民法162条1項の「平穏に」という要件が備わっていないからである。
この法律について正しいのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (1件)

はい、正しいです。


先の同じご質問で回答した通りです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング