色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

養育費のことなのですが、元旦那は「コロナの給付金もそうだし、児童手当も出てる。だから支払うことないでしょ?」という感じです。
正直何を勘違いしているのか。。
私自身も困ってしまいます。
友人に相談してみたら「そういう人は一生支払わない。だから、ここはきちんと専門家に相談して解決するしかないと思う」と言われました。
やっぱり専門家に相談しないと、このまま平行線上でしょうか?

gooドクター

A 回答 (4件)

給付金も児童手当も養育費と全く関係ないですよね。


そのこと、しっかり理解されていなんですね。
こういう人だと、いくら話をしても質問者さん、疲れちゃいますよ。
ここはご友人の言うように、しっかり専門家に相談しないと難しいと思います。
ユナイテッドローヤーズ・シンイストワール法律事務所さんは養育費の未払いをしっかり解決してくださる専門家です。
こういう人に対してもしっかり対応をしてくださるので安心してお任せできますよ。
ここは早めに相談されることお勧めします。
    • good
    • 0

日本の場合欧米に比べて養育費に関する未払いが多く、法律を持ってもなかなか解決しないのが現実で、弁護士も報酬という物差しで依頼を受けるのが実態で、報酬が十分でないと判断すると依頼を受けません。


養育費は圧力をかけることが最も効果的ですが、弁護士はもっともお金が借りますので・・。
まずは自治体の無料相談や法テラスなどで相談するもの・・また、子育て支援などに力を入れる地方議員に相談するのも良いかと・・。
    • good
    • 0

失礼ながらあなた方元夫婦は、子に対して無責任すぎませんか。

子の養育は毎日のことです。お書きになっている状況では子供さんがかわいそうすぎます。無責任な父親と未知な母親を持ってしまった子供さんが可愛そうです。

あなたのためになる専門家は、家裁です。まずは家裁で相談して下さい。あなたが公正証書或いは調停調書をお持ちなのか分かりませんので・・・。くれぐれも左翼系の弁護士で家族問題を専門に引き受けている弁護士に依頼する場合は、相手の弁護士をよく見極めて依頼しましょう。

ある記事で見たのですが、養育費の支払いを勝ち取ると、毎月支払われる養育費の中から30%を成功報酬金として弁護士がとるそうです。それらを弁護士の収入源にしたり活動資金にしたりしているようです。家族の弱みにつけ込んで飯の種にしている活動家弁護士は結構多いようです。

若手とか女性弁護士に多いようですので依頼の際には注意して契約をしてください。最も、養育費請求に弁護士は不要ですが・・・私もそうではないだろうかと薄々感じていたのですが、事実としてそう言う弁護士がいるようです。例えばですが、成功報酬30%と言う意味を確認した上で依頼しましょう。あなたのようなタイプの人は絶好のカモかもしれませんのであえて申し上げました。
    • good
    • 0

そもそも払うやつは催促しなくたって払いますよ。



払わないやつは色々理屈を付けて払いません。

ヤハリ専門家に任せのが一番です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング