色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

入眠時間(何時から寝るのか)についての質問です。
睡眠を取る際、次の2つの選択肢で迷っています。
A,21:00~3:00
B,0:00~6:00

世間では、22時から2時までがゴールデンタイムと呼ばれてるらしいのですが、先日、知り合いの医者からは、入眠してから4時間がゴールデンタイムであると聞きました。結局入眠時間は大切なのでしょうか。
 睡眠に詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答お願いします。

gooドクター

A 回答 (2件)

私は医師ではありませんので、参考程度にお読み下さい。



「22時から2時までがゴールデンタイム」と言うのは、最近、科学的に否定されました。あなたの知り合いの医師が言う通り、「入眠してから4時間がゴールデンタイム」です。

ここで言う「ゴールデンタイム」とは、『成長ホルモンの分泌量が、増加してピークに達し、減少して元の分泌量に戻る』までの事を指しています。
ちなみに、成長ホルモンが減少し始めますと次の成長ホルモンに似たホルモンが分泌量を増加し始め、このホルモンが減少し始めますと、次のやはり成長ホルモンに似たホルモンが分泌量を増加し始め、このホルモンが減少し始めますと、次のやはり成長ホルモンに似たホルモンが増加し始めます。私が聞いているのは成長ホルモンを含め4種類のホルモンが入れ代わり立ち代わり、分泌量を増減しているそうです。
で、これが起きるまで続きます。
もっとも、一番最後に増減するホルモンは、働きが弱いので、あってもなくても……と考える方もいるそうです。

さて、毎日同じ時刻に起床している場合、毎日同じ時刻に就寝していますと、毎日同じタイミングで入眠が可能になります。
毎日毎日、同じタイミングで分泌量を増減していますと、増加の準備が整いやすくなるそうでして、そうなりますと、増加量が増えるのだそうです。

と言う事で、毎日同じ時刻に起床して、毎日同じ時刻に就寝していますと、入眠後、成長ホルモンがより多く分泌されるようになり、疲労を回復しやすくなったり、肌のキメが細やかになったり、髪の毛が太くなって薄毛やハゲを回避しやすくなったりします。

もっとも、これだけでは無理でして、体内に吸収されている栄養のバランスが、整っている事が条件になりますけどね。でも、少しくらいアンバランスだったとしても、起床と就寝を整える事は、無駄だとは思いませんけどね。

それと、大切なのは、起床時刻と就寝時刻です。

起床時刻が大切なのは、「起床して、白くて明るい光を浴び、その後、食事を摂る」事で、生活リズムの切り替えスイッチが切り替わります。起床から食事までは「朝のルーティーン」ですから、余程の事が無い限り、ズレることはないでしょう。となれば、毎日同じ時刻に起床する事で、同じタイミングで切り替えスイッチが切り替わります。で、バラバラの時刻に起床しているよりも、同じ時刻に起床している方が、しっかりきっかり切り替わる様になります。あと、人によりますが、目覚めがスッキリする副作用もあります。

で、同じタイミングで切り替えスイッチが切り替わっていますと、毎日同じ時刻に就寝しますと、同じタイミングで入眠が出来る様になります。
就寝と入眠は違います。ですが、個人差はありますが、問題になるのは1人の人なので、就寝後、だいたい同じタイミングで入眠するはずですので、万が一、混同してしまっても、大きな問題にはならないと思います。
そこで話は、操作のしにくい入眠ではなく、タイミングをはかるのは、調整のしやすい就寝で操作します。ちなみに、就寝後、平均約30分経つ頃に入眠するらしいと言うデータがあります。

で、毎日毎日、同じ時刻に繰り返し就寝していますと、同じタイミング入眠出来る様になりますので、増加の準備が整いやすくなる事から、より多く増加する様になるそうですよ。

長々と説明してきましたが、ABどちらを選択しても構わないと言う結論になります。
ですから、あとは、ご自分の都合で決めて下さい。

時刻の指定は否定されましたから、何時に就寝しても入眠すれば成長ホルモンは増加し始めます。増加のタイミングが同じになれば、更に多く増加すると言う話なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あなたに会えてよかった

とても詳しく書いて頂き、有難うございました!朝型なので、早めの21時就寝にしようと思います!

お礼日時:2021/07/03 00:28

元から 違うとしか 言えない



夜 働く人には 当てはまらない訳だしね
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング