この前自転車に乗っていて気付いたことがあります。
原チャリに併走してもらって約60km/h位のスピードで
走ったことがあります。
ものすごい速さを感じ、視野が狭く、周りの物が
勢い良く通りすぎる感じがしました。
でも車を運転しているときは約60km/hで走行しても
そんなことは全く感じません。

この違い、何か肉体的・精神的な作用があるのでしょうか。

A 回答 (2件)

No.1の方の仰るように体感速度によるものです。


もっと緩やかな差ではありますが、小さな車と大きな車で同じ速度で走ったときにも違いを感じますよ。
例えば小さな車では80km/hも出ると速いと感じるのに、大きな車だと「もう80km/hも出てるの?」という感じだったりします。
尚、大きさもさることながら目線の高さによる感じ方の違いも大きいです。
例えばロードスター等の着座位置の低い車では結構スピード感を感じやすかったりします。
この相乗効果によってカート等は実際よりもとても速く感じますね。
余談ですが、速度が上がっていくにしたがって視界はどんどん狭まり最終的には点の状態に近づいていくそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに車の大きさによっては差がありますよね。
昔、コルベットの助手席に乗ったことがありましたが、
80km/hで他の車を追い抜いていったときは、
恐怖感を感じました。

ボブスレーで着座方向を逆にしたら、点の視界が見えるのでしょうか。
誰かチャレンジしてみて欲しいですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/26 03:11

おそらく体感速度の違いでしょう。


同じ速度で移動していてもそれをどれだけ感じるかと言うことは結構変わります。
自転車では普通出さない60キロという速度が体感速度を高めたのだと思います。

体感速度によって視野などは変わりますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

体感速度ですか。
体感速度と言うのは風を感じる速度なのでしょうかね。
もし、水泳競技のような極力抵抗をなくすスーツが
自転車競技にもあって、風きり音も全く聞こえなくなれば
体感速度は落ちで行くのでしょうかね。
体感速度についてもちょっと質問してみたくなりました。
気が向いたら、改めて質問してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/26 03:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報