MK1さんやkyosuke1112さんのご指摘通り、私も村上ファンドがキャスティングボードを握っていると思います。2/26の日経の、ほんの小さな記事でしたが、村上世彰氏率いる投資ファンド「M&Aコンサルティング」は25日、ニッポン放送の新株予約権発行について「日本の株式市場に重大な悪影響を与えかねないと非常に危惧している」とするコメントを発表。フジサンケイグループの買収防衛策に拒否反応を示すもので、ライブドアとフジテレビの攻防に影響を与える可能性があるとしています。

ライブドアとフジテレビの攻防は、まさに『現代版関ヶ原の戦い』という様相を呈している様に思います。明治時代、日本の陸軍の招きによって来日したプロイセン陸軍将校モルトケは、関ヶ原に赴き、馬上から戦場跡を眺めながら東西両軍の陣形配置や戦闘人員等の説明を聞き即座に「西軍の圧勝だ」と言いました。しかし、実際は小早川秀秋、吉川広家その他の武将の東軍への寝返りで形勢は一気に逆転。村上ファンドこそこの「寝返り組」、つまり『現代版関ヶ原の戦い』で雌雄を決する存在ではないでしょうか。

ともすれば読み過ごしてしまいそうな程の小さな記事でしたが、これには実はとても重要な意味があると思いました。1/5時点での村上ファンドのニッポン放送株保有比率は18.6%(もっともその後の保有比率は不明)。これにライブドアの保有比率を加えれば58.6%。さらに追随組が現れれば、劣勢と伝えられるライブドアに逆転勝利の可能性も?それともこの村上ファンドのコメントは表向きのもので、裏に別の意図が隠されているのでしょうか?あるいはこの『現代版関ヶ原の戦い』の勝敗のゆくえ、そう簡単に読めるものではないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

今回、一連のニッポン放送買収劇を取り上げてきたのは、次の理由によります。


1)許認可事業として保護され、国際化に立ち後れた日本のメディア事業が、インターネットなどの通信の多角化に追撃され、いよいよメディア・ビッグバンに突入した。その端緒となった記念碑的事件として、この買収劇が記憶されるだろう、という点。
2)我々のような金融・M&Aにはアウトサイダーで、公の情報でしか事態の推移を伺いしれない立場では、率直で派手に立ち回るライブドア社・堀江氏や、至極単純な対応をするフジ・サンケイグループの動きが分かりやすく、分析しやすい、という点。
3)年金基金などが投資一任業者に委託している投資顧問契約資産残高が昨年12月末時点で102兆3636億円に達したこと。これは日本における資本取引市場が投資顧問業、金融・独立系ファンドによって産業として本格化したことを示しており、その急先鋒である村上氏率いるM&Aコンサルティングの動きがもっとも注目され、また今後の日本のこうした資本・事業動向を占うものであること。
4)外野としては、単純におもしろい、ということ。

現在の、ニッポン放送による同社の「株式の第三者割当による新株予約権発行」と、ライブドア社による「同差し止め請求仮処分申立て」に関しての見通しは、以下の回答に記載しましたのでそれを参考にしてください。

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1236935

さて、歴史に興味を持つことは大事ですが、知的興味だけではなく、それが人間の営為の記録であること、つまりそこでは人間の生活や生死が刻まれていることを留意してください。ただのゲームではないということです。
株式市場などを舞台にしたこうした資本の攻防は、昔の戦や近代戦争にも通じるものですが、そこで学ぶべきことはそれが人間の「欲のダイナミズム」の発露であり、故に全てに通じる教訓であることです。そして、その点では今も昔も変わりません。
もし、まだ孫子の兵法(英語では「Art of War」)や、諸葛(亮)孔明(=カツは異字。ヒではなく人)の著を読んでいないなら、この精読をお奨めします。
米国の経営学大学院(MBAコース)では、孫子を必須としているところもあるようで、米国のファンドマネージャーは皆よく知っていて、諳んじている人もいました。今回の事件に対する視点ももっと深くなって、おもしろくみられるようになるでしょう。

村上氏は、役人時代に日本のM&Aの法整備をした張本人というべき人ですから、この点では卓越した知識をもった、いわばグランドマスターですが、同時に実践面で優れたセンスをもった「知将」です。
今回の買収劇で彼の行動の優れたところは、情報コントロールの巧みさです。いつ、どのような情報を流せば、市場がどう動くかよくわきまえて、戦略的に操作しています。彼の行動は情報に関しても裏を読んでいく必要があります。
また、村上氏に対して私の評価が高いのは、これまで常に最高のポジションで戦っていることです。そして、誰にも自分の位置や動きを予測させません。弱者の戦法を心得た知的センスを感じさせます。
彼だけはニッポン放送株の持ち株609万株のうち、今も全てもっているのか、あるいは一部売ったか、逆に市場から買い増ししているか、全く分かりません(分からないように見せる技術を駆使している)。私は彼が戦略家である以上、手札を全て離すことはしないだろうと踏んで、全部または一部を維持してると予想していますが、確信はありません。時間がたってこの全容が明らかになったとき、彼の評価はさらに高まるでしょう。

対して、堀江氏は自分の論理性に自信があるせいか、どう受け取られるかという計算をせずに何でもしゃべるという態度です。(ただ、その中に嘘もありそうなので、注意が必要。)
フジの会長は、計算して話せない、ある意味で「いい人」です。

今後の展開で一つだけヒントになることを、挙げましょう。
新株予約権は第三者に委譲できるのです。TOB価格が固定され、協力企業が買い付けに応じにくいとき、新株予約権発行が認められると買い付け側はこの「委譲」で協力企業に現在の市場価格との差損を将来埋め合わせできるのです。これを正当と見なすか、これも不備な制度の脱法的な利用とするか、裁判所の見解が見物です。

追記 もう一つの質問、リーマン・ブラザーズ証券の件ですが、ついでに簡単に答えておきましょう。
まず、企業は時代と共に変わるもの、だから生き残れるのです。ただし、変わってはいけない企業理念があり、それがその企業の普遍の価値となります。そうでなければ、ただ生きるのみとなってしまいますから。そこでリ証券はどうでしょう。そこが評価は貴方がするものです。
リ証券がどの程度の利益を上げるかはまだ途中ですから、何とも言えません。また、他の方も答えていますので、過去レスを追えば分かるでしょう。ポイントは受け取ったMSCBの売買手数料(売った分として、現在未確定)、それ売っていない分の今後のMSCBのラ社株転換益(これもかなり先まで確定しない)、借り株の売った分の差益、関連金融会社から貸した短期貸付資金588億円の金利、これらの合計になります。試しに自分で計算してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問事項に対する回答以上の多くの卓見を示して頂き、感無量です。なお、上記ご回答中、新株予約権の第三者への委譲に関して伺いたいと思い、書いていったのですが、この欄の字数制限をオーバーしてしまいますので、また新たな質問事項とさせて頂きます。

お礼日時:2005/03/01 21:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦国無双2の石田三成シナリオ関ヶ原の戦い

今更ですが戦国無双2をやっています。
石田三成シナリオの最後、関ヶ原の戦いにて難易度をどれ選んでも
開始早々に毛利が裏切り、続いて小早川も裏切ってしまいます。
士気が関わるのかと、東軍の砲台を占拠したりしましたがそれでも裏切ってしまいます。
クリア自体は出来たのですが、どうにか裏切りを発生させずにクリアしたいんです。
何か良い方法ありますか?

Aベストアンサー

毛利に関してはどうあがいても裏切りますよ。
あとは半蔵を防い士気が下がらないようにすれば
何とかなると思います。

Qライブドアとニッポン放送社員

 以前、ニッポン放送の社員が、
「ライブドアの下では働きたくない」
 という声明を発表しましたよね。

 そこで、今度ライブドアの傘下になります。
 上役から、
「ちょっと、ちみちみ、ぼくの下で働きたくないって 言った人だよね。だよね! だよね! 辞める?」
 と言われた場合、やっぱ辞めるんでしょうか。そこまでの覚悟があって、声明発表したんでしょうか。

それと、辞められると、ライブドアは人員補充など含めて業務に打撃を受けるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

きのう法廷闘争が終結したことを受けて、各新聞がその後のニッポン放送社員の声を掲載してますね。
みな批判的なんですけど、意図的にそうした意見を選んで掲載しているとは思えないのです。
ニッポン放送買収は、当初のライブドアの戦略を見れば明らかなように、フジテレビを手中に収めるためのトリッキーな手として、飛び石の材料として使った方法でした(そのように初めはみんな理解してたんですけどねえ)。

その後の堀江氏の発言からしても、とても「ラジオ」を理解しているとは言えず、今回の買収が「ニッポン放送の発展」を目的としているとは思えません。
最近は堀江氏も、そのへんに気を配っていろいろフォロー発言を繰り返してますが、かつての言動からすれば矛盾だらけです。
そこに不安を感じる社員もいるようです。「社員様」とか言い出して、言説を翻してるから、かえって信用できない、と。


といったような経緯をつぶさに見ているであろうニッポン放送社員(ならびに、名物パーソナリティだった、つまり現場のたたき上げの社長初め、現場上がり揃いの役員達)が、ライブドア傘下で働きたいと思うはずがないですよね。


声明発表は、辞めるという覚悟があって出したということとは関係ないでしょう。あれだけ社会的問題になっている中で、社員が意見を出すことは普通の反応です。その後、労働組合まで作りましたし、社員側も本気のようです。

実際に辞めるかどうかは、新聞にも出ていましたが、「感情的にはすぐ辞めたいが、生活があるから……」という人もいたように、そりゃ人それぞれでしょうねえ。


また、社員に辞められるとどうなるかということですが、
ライブドアは単にその分、人を集めて埋めりゃいいというわけではなく、「ラジオ放送に精通した」人員を補充しなければなりません。
ニッポン放送内のハード、ソフト面もありますから、それに精通した人でないと混乱極まるわけですが、そんな人などそこらにいるはずありませんし、いくら高給で迎えようとしたところで、人がいないんですから難しいです。

このように普通の企業と違い、マスコミは専門職です。しかも、会社の特性に依存した専門性が強いのです。フリーの人や派遣要員でどうこうできるものではありません。
また、各マスコミはいい給料払ってるところがほとんどですから、そこからわざわざライブドア傘下の、将来不安なところに就職する人がそうそういるとも思えません。


といったことを考えますと、現場出身の役員初め、社員に辞められたら、ライブドアのニッポン放送経営は、ほとんど無理に近くなると思います。
現場で重要な働きをしている「キーマン」ほどプライドがあるでしょうから、「堀江の下では働きたくない」と考えそうですし、そうした人は喜んでフジが雇ってくれそうです。
数名のキーマンが抜けただけで現場ははちゃめちゃになりますから、それだけでも大変でしょうね。


という実態を考えると、堀江氏は当初からの思惑通り、
フジテレビを手中に収め業容を拡大しようとしているに過ぎず、
ニッポン放送はそのための捨て石と思っているとしか考えられないわけです。

現場の人は、そうした危惧を抱いているからこそ、声明を出したり、インタビューに応じたりしてるんでしょうね。
これまでは法廷闘争もあり、ノーコメントが多かったですけど。


想像するに、ライブドア傘下になって、社員はしばらくは様子を見るんじゃないでしょうかね。
でも「キーマン」は、たぶんフジ系列に移動すると思いますから、それで現場が混乱して、やってられねえと辞める人が数多く出てくると思います。



既存の放送界の批判(これももちろん腐ってるんですよー)を専門誌などでやってきたので、一応専門家ということで、書かせていただきました。

きのう法廷闘争が終結したことを受けて、各新聞がその後のニッポン放送社員の声を掲載してますね。
みな批判的なんですけど、意図的にそうした意見を選んで掲載しているとは思えないのです。
ニッポン放送買収は、当初のライブドアの戦略を見れば明らかなように、フジテレビを手中に収めるためのトリッキーな手として、飛び石の材料として使った方法でした(そのように初めはみんな理解してたんですけどねえ)。

その後の堀江氏の発言からしても、とても「ラジオ」を理解しているとは言えず、今回の買収が「...続きを読む

Q関ヶ原の戦い

石田三成は豊臣秀吉の権力を笠に着て威張る嫌な奴で敵が多いため、気に入らなかった武将が関ヶ原の戦いで豊臣秀吉の配下の武将にかかわらず徳川家康の味方についたため敗北したのですか?

Aベストアンサー

光成は豊臣五奉行の筆頭・家康は豊臣五大老の筆頭です。

家康は豊臣の中で勝手に行えないことをやってきました。

そこで五奉行の怒りを買い家康のことを光成は非難しました。


光成は秀吉に何かあれば逐一報告する立場にあったので嫌われ者です。

豊臣の内部対立が関ヶ原の戦いに発展し、家康は数で勝てないので

光成につくものを味方に引き入れる作戦を取り成功しました。

これが戦い末期の状況です。

立場が違えば光成は勝ったのです。

参考URL:http://kamurai.itspy.com/nobunaga/sekigahara.htm

Q村上ファンドの阪神株

村上ファンドの阪神株を阪急が買い取らなかった
場合、海外の高く買ってくれる会社に
売ってしまうと聞きました。

もし、そうなってしまった場合、
電鉄事業は切り離される可能性があるといいますが、
これは、阪神電車が無くなるということですか??

Aベストアンサー

鉄道事業法24条以降をクリアーできればですが、国務大臣認可ですので鉄道事業を売り飛ばすことは難しいかもしれません。
http://www.houko.com/00/01/S61/092.HTM
鉄道事業と不動産を分離して不動産を売り飛ばすほうが儲かりますから。
落しどころは、時価での買取があれば応じるでしょうね。
鉄道以外のお関連のほうが含み資産は多いですから。

Q関ヶ原の戦いで

関ヶ原の戦いで加藤清正や福島正則みたいに石田三成が嫌いで東軍についた人もいますが他に東軍に味方した人は豊臣家を裏切った人達ですか? 徳川家康が勝った結果、豊臣秀頼は知行や領地が減らされたし…

Aベストアンサー

大阪の陣は
ともかく、
・関ヶ原の段階では、東軍に味方した人は豊臣家を裏切った人達
ではない

石田三成大坂退去後の
豊臣政権から、上杉討伐を命じられて徳川家康を総大将に、諸将が集ったのが
東軍。

東軍出撃後に、石田三成が、毛利家を総大将にかついで、
徳川討伐を叫んで、組織したのが、西軍。

つまり、豊臣政権内の内紛であり、
公文書では、豊臣秀頼は西軍の大将ではない。

この結果豊臣家乗っ取りを図った悪党石田は処刑、
悪巧みに加担した毛利家は、御家断絶のところ、忠臣吉川の嘆願で
減封ということになっている。

・豊臣秀頼は知行や領地が減らされたし…

これは、豊臣家のために功績を上げた東軍諸将に
家康の斡旋で、秀頼が所領を分け与えたということに、されている。

関ヶ原の段階では、
家康以下東軍諸将は、秀頼のために戦い、大坂城をとりもどした忠臣
なのである。ほとんどの東軍諸将、家康さえ表面上は豊臣秀頼のために
戦ったのである。

※大坂の陣までの十年間に、なし崩し的に
豊臣家と徳川家の立場が逆転し、
大坂の陣では、大名が一人も豊臣家のもとに参戦しないという情けないことに
なるが・・・

大阪の陣は
ともかく、
・関ヶ原の段階では、東軍に味方した人は豊臣家を裏切った人達
ではない

石田三成大坂退去後の
豊臣政権から、上杉討伐を命じられて徳川家康を総大将に、諸将が集ったのが
東軍。

東軍出撃後に、石田三成が、毛利家を総大将にかついで、
徳川討伐を叫んで、組織したのが、西軍。

つまり、豊臣政権内の内紛であり、
公文書では、豊臣秀頼は西軍の大将ではない。

この結果豊臣家乗っ取りを図った悪党石田は処刑、
悪巧みに加担した毛利家は、御家断絶のところ、忠臣吉川の嘆願で
減封とい...続きを読む

Qライブドアのニッポン放送買収、パーソナリティーなどへのその後の影響は?

お尋ねします。
ライブドアのニッポン放送買収問題は決着して久しいですが、当時タモリさんや中島みゆきさんは「ライブドアが大株主になったらレギュラー降板」と宣言していたかと思います。
この件は、どのように落ち着きましたか?本当に降板したのでしょうか?

また、買収によって他にどのような影響があったから、何かございましたら押してください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私の記憶では、ライブドアが大株主になったらではなくて、経営権を握ったら降板すると聞きました。
結果としてライブドアがニッポン放送株式をフジテレビに譲渡し、経営権を掌握しなかったために、そのままだと思います。

Q関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

小早川秀秋がもし東軍(家康側)に寝返らなかったら関ヶ原の戦いは西軍(石田三成側)の勝利となっていたのでしょうか。
小早川秀秋は家康から寝がいりを要求する手紙をもらっていたらしいのですが。
もし寝が入り、の決断をできなかった、もしくは家臣に反対されて西軍を裏切らす東軍と戦ってた場合

関ヶ原の戦いの結果はどうなっていたのでしょうか
あと裏切りという作戦を家康が立てていたのですが
裏切ってくれなかったとしたときのために
家康は何か策でも立てていたのでしょうか

皆様の考えをどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮していたら家康も無謀な関ヶ原の野戦にでることはなかったでしょう。義弘の朝鮮の役の活躍や関ヶ原以後の対島津の扱いから見ても誰もが納得できるでしょう。
 後一つは、立花宗茂がいたらです。小早川を大津に残し立花を関ヶ原につれてきていたら、宇喜多と立花、島津と並んでいたら、西軍の勝ちになるでしょう。
 といっても、石田は、小早川に(関白)を約束していたので決戦場にいないわけにはいきませんね。結局これも実現の可能性はゼロです。
 ただ、一つ重要な点は、徳川軍本体は強かったかと言うことです。秀吉に対抗した当時までは、徳川は最強でした。でも、関ヶ原前の20年くらいは大きな戦争もなく人数はともかく経験不足でとても精強とは言えない武士団でした。もし、徳川本体が戦って強くないことがばれたら本当に大変なことになるところです。
 いろいろな書籍を読んでみてもホントにうまく進めた物です。家康という人物の戦略眼と組織作りは見事です。最終勝利者というのでしょうね。参考になります。

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮し...続きを読む

Qライブドアの堀江氏はまだライブドアと関係あるのですか?

よろしくお願いします。
先ほどのニュースでLDHが堀江被告に35億の
損害賠償を起こしたと発表されました。

堀江氏はまだライブドアの役員(または関係者)
なのでしょうか?

経営陣または従業員でありながら損害賠償を
起こされているということでしょうか?

以前のニュースでは、会社に出社しているけど
もはや終わった人ということであまり相手に
されていない、などというニュースもながれていましたが。。。


もしもまだ出社していて損害賠償を起こされているようなら
かなり社内は険悪だと思うのですが。。。

また会計士も損害賠償を起こされていますが
会計士は故意ではなく過失なのになんで損害賠償を
おこされるのですか?
NHKのニュースでは、LDHの監査をやっていた
会計士は、LDHの事件のあと、企業監査を辞めた、
という特集もやっていたと思うのですが。。。。


教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在はライブドアの役員等ではありません。株式は保有していますが。

「堀江はライブドア関連の役職をすべて辞職してはいるが、2008年現在
もライブドアの発行済み株式を約17%保有している筆頭株主である。た
だし、保釈後に「ライブドアの経営にかかわることはない」とコメントしている[6]。
ウィキペディアより抜粋

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E6%B1%9F%E8%B2%B4%E6%96%87
の下段のほうの「その他」の箇所

Q教科書に載っている関ヶ原の戦いについて

あれはもっと詳しく載せるべきじゃないですかね
東軍と西軍に分かれて戦ったくらい載せるべきでは?最低でも石田三成の名前は出すべきかと彼は総大将じゃないですが…

Aベストアンサー

平易に書きすぎると、、ただの喧嘩のように思えてくるから不思議だ

だれがどうしたかに興味は無く、何故そうしたかに興味が有るんだが

駄目ですね、教科書の歴史は

Qワールドカップと村上龍

新聞で村上龍がワールドカップのレポート(コラム?)を
書いていると聞きました。
興味があります。

全国紙のウェブサイトをいくつか回ったのですが、
探し方が悪いのか、見つけることが出来ませんでした。

ご存知の方、その新聞名など情報をお願いします。

Aベストアンサー

お世話になります。

[悪魔と天使の瞬間]というコラムがありましたが、
新聞紙上にも掲載されてて、連載されてるのかどうかまでは確認がとれませんでした。

ご参考いただけたら幸いです。
        ↓

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/hochi/wc2002/jun/o20020603_40.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報