プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

これまでの経過は下記のとおりです。
平成30年11月、突然続く嘔吐で膵臓癌発覚、嘔吐の原因は癌が十二指腸を閉鎖してしまっていることが判明。即入院、閉鎖されている十二指腸にイレウス管を強引に貫通させて栄養剤を入れる処置を講じたが、12月12日、閉鎖された十二指腸の前に腸を繋ぐ開腹手術を受ける。
12月17日、癌は胆管をも閉鎖し黄疸の症状が現れはじめた。ことから胃カメラを使って閉鎖部分を貫通させようとするが無理だったことから外部みぞおち付近から管を肝臓まで差し入れ胆汁を排出させる処置をする。やがて黄疸は収まったが臨時的な処置のため胆管の閉鎖箇所にメッシュの記憶合金を差し込む施術をする必要があり、12月25日に受けたがその直後病室で激しい腹痛に襲われた。急いでCT検査を行ったが特に異常は見つからなかったとの事であった。
12月27日胆管へのチューブ除去。平成31年1月4日黄疸も完治したことから第1回目の抗がん剤投与開始。その後2週間に一度の抗がん剤投与の繰り返し。2月1日からは温熱療法(ハイパーサーミア)の治療も併用して受けた。令和元年5月15日抗がん剤投与のためのポートを体内に埋め込む処置を受ける。
令和元年11月14日、抗がん剤を一定期間投与し続けてきたがここへきて腫瘍マーカーが下がらない状態となったたためにこれまでの治療方法を変更。抗がん剤を飲み薬に変更し、これに合わせて放射線治療を開始した。放射線治療は6週間の予定だが、CT検査では肺に転移している可能性もあるが確実とは言えない。そのことも視野に入れこれ以降はどのような治療を選択するのかガイドラインが無いためにご自分で決めてくださいとのことであった。
私は、肺に見えるわずかな影は転移癌ではないとし、本体除去手術を希望した。
令和元年12月21日抗がん剤投与終了。30日には最後の放射線治療を終える。血液検査の結果腫瘍マーカーは111と下がっていたことから膵臓癌除去手術日を2月4日と決定した。
みぞおちのへんからおへその下まで2回に渡って開腹、術後の痛みは激しかったが、術後2月14日より連日のように続く内臓を搾り上げ得られるような激しい痛みが続くようになった。痛みは5分~10分ぐらいで収まるがのたうち回るような激しい痛み、先生は「そんなに痛いの?原因はわかりません」との返事のみ。令和2年7月15日、新しい抗がん剤【オニバイト】が承認されたことからこれの投与が始まった。しかしこの抗がん剤の副作用は自分にはかなり堪えるものでベッドで耐える日々が続くようになった。
あれから約1年間・・・痛みは当初と比べて月に数日程度まで減少し、強さもかなり弱いものとなったが立っていられない程の痛みは辛い。何が影響しているのか全く分からない。主治医に聞いても「分かりません」との回答ばかり・・副作用の下痢と倦怠感、共に不定期に訪れる痛みで辛い毎日にうんざりしています。この症状について何でもよろしいので感想・ご意見・アドバイス等よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (2件)

膵癌切除術は、周辺臓器や消化管等を同時切除する(膵頭十二指腸


切除術と言います)外科手術に於いても非常に複雑で難しい大侵襲
手術であるので、術後合併症の発症は種々考え得る事です。

医師は想定内の合併症だと理解しているので、患者には逐一説明は
せず(説明しても患者は知識が無いので理解出来ないと思っている)
「分かりません」と言うにとどまる事が殆どです。

上述の切除術は胆管や消化管を複雑に切除し、再建術を施しますの
で、術後合併症として多く見られるのは、切除した胆管から膵液が
漏泄(膵液瘻)が起こる事で、周辺組織の溶解により炎症が発症し
疼痛発症が起きたり、腸管から胆管に細菌が感染することに依る胆
管炎(この場合発熱もあるが、)を発症し、疼痛を引き起こします。

いずれにせよ、膵頭十二指腸切除術は何時間に及ぶ大手術で、膵臓
周辺のあらゆる部分を切り、縫合しているのですから、術後疼痛が
継続的に残存するのは至極当然の事です。

患者が不安になり、このような場に説明を求めなければならないと
言うのは、担当主治医が患者への説明をきちんと行っていない怠慢
から来ているのだと思います、、。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お医者さんでしょうか?
すごく説得力のある回答と感じ、ちょっとすっきりしました。
結局耐えて行くしかありませんね。
頑張ります。(^^♪

お礼日時:2021/07/02 22:15

医師ではありません。



相当な痛みとお察ししますが主治医が判らないのでは貴殿としてはどうしようもありませんね。

胃やお腹の痛みは単にお腹が痛いと表現されても聞いている方はどの部位がどのように痛いのかが判りません。

そのあたりをはっきりさせると回答が付くと思いますが下記のサイト参考になりませんか。
https://www.shukugawa-naishikyo.com/onaka.html

痛みと言うものは本人にしか判らないものです。
痛み止めも効かないようなら、内視鏡なり他の手段での検査も併用すべきでしょう。

私事で恐縮ですが先日も家内が長く続く胃上部と左下部の差し込むような痛みに胃カメラを飲みました。

取るに足らない小さなポリープが一つ見つかっただけで綺麗なもの。

それを聞いた途端以降、ずっと痛みが出てません。

今か今かと痛みの来るのを待ち構えてるのはどうかと思いますが、当人にとってはやはり、痛いものは痛いのでしょう。

再度主治医と相談して別の角度から痛み(例えば消化器関係に結石があるとか、ピロリ菌が悪さをしていた等)の原因を検査する事が必要かと思います。

お大事に。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。痛みはいつもみぞおち付近ですが、主治医の回答は痛みが集中する場所とのこと、診察でのエコー検査では特に異常無しでいつも「腹水もなく綺麗ですね・・」と言われるだけです。現在は肺に転移した癌と戦いの真っ最中です。ネットにある医師集団の相談を利用してみます。

お礼日時:2021/06/30 22:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング