【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

60才での
定年を迎えるのをきに妻と離婚を考えています。
年金
の分配はどうなるのでしょうか?
宜しくお願い致します!

gooドクター

A 回答 (7件)

相手側がすんなり受け入れてくれれば「半々」でしょうね。


ごねられたら、全部取られる事も有ります。
    • good
    • 0

離婚は言いだした方が条件を出す事になっているので


向こうから切り出すようにさせればなにもなくてすみます
本当の話です
    • good
    • 0

年金分割ですね。




年金分割制度は、離婚後に片方配偶者の年金保険料の納付実績の
一部を分割し、それをもう片方の配偶者が受け取れるという制度です。

この制度はまだ新しく、平成16年に導入されました
(国民年金法の一部を改正する法律)。

誤解されている方も多いようですが、この制度は
「厚生年金保険および共済年金の部分」に限り、
「婚姻期間中の保険料納付実績」を分割する制度です。

国民の基礎年金である「国民年金」に相当する部分や、
「厚生年金基金・国民年金基金」等に相当する部分は
分割の対象にはなりませんし、

また、「婚姻前の期間」の分は反映されません。

さらに、将来受け取る予定の年金金額の2分の1を
もらえる制度ではなく、
保険料の納付実績の分割を受けるという制度ですので、
注意が必要です。

気をつけていただきたいのは、年金分割制度を利用するメリットが
あるのは、あくまでも、婚姻期間中に相手方が厚生年金・
共済年金を自分より多く支払っていた場合のみとなります。

国民年金は分割されませんので、夫が自営業者や自由業、
農業従事者等の場合には、そもそも年金分割の制度を
利用することができませんし、
自分のほうが年金の受給額が多いのであれば、
逆に年金分割を請求される立場になってしまいます。

また、年金受給を受ける本人が、原則として、
保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間の
合計が25年以上にない場合には、
年金受給資格が発生せず、
せっかく年金分割をしても年金が受け取れないことに
なりますので、注意してください。
    • good
    • 1

基本、婚姻期間の年金受取額を夫婦で協議して決めます。

最高は50%です。協議が整わない場合は調停で決めるようになります。3号年金は分割の対象になりません。
    • good
    • 0

老齢厚生年金部分については、受け取り額を、


貴方の加入期間と、奥さんを扶養とした期間とで、
配分しなければなりません。
    • good
    • 0

厚生年金部分の年金については折半になります。

    • good
    • 0

離婚の理由次第で変わるんでは?


どちらかの不貞で離婚するのか、円満?に別れるのか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング