色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

【日本の地層の不思議】日本に2億数千年前の地層が多いのはなぜですか?

gooドクター

A 回答 (4件)

そもそも、日本という島国は、4つのプレートが合わさる事で、出来あがったと言ってもおかしくはないです。


世界規模で見ても、4つも合わさっている地域なんて、他にはありません。
    • good
    • 0

決して多くないと思います。

産総研地質調査所の地質図のサイトで、ペルム紀(二畳紀)とトリアス紀(三畳紀)の岩石が地表に露出しているところを表示させると以下のようになります。年数的には2億年前から3億年前の地層です。
https://gbank.gsj.jp/seamless/v2/viewer/?base=CH …

 今から40年ほど前は、日本列島中軸部にある岩石から化石が見つからず年代がわかっていませんでした。秋吉台などの石灰岩やその他化石を産する砂岩と同じ地層に含まれるようにみられていました。このことから岩石の年代はペルム紀とトリアス紀にしていました。
 その後岩石中から微化石が発見されたことにより、ジュラ紀(1億5千万年前)に日本列島に運ばれてきた海洋底の残骸と判定され、年代はジュラ紀と変わりました。おそらく、見た岩石の年代分布図は古いもので、これらの地層も2億数千万年前としてかかれているのではありませんか。
    • good
    • 0

気仙沼で見つかった約2億5000万年前の地層からの化石は、はじめてで多くはないはず。

    • good
    • 0

日本列島は、ユーラシア大陸の朝鮮半島の東側からロシア領にかけての部分が断裂して出来たものだ。


分裂した大陸の岩盤は、最も古いもので4~5億年前であり、それから2億年前くらいまでかけて土砂が堆積した新しい岩盤が形成されたと云われる。

分離し始めたのは2千万年くらい前からと云われているが、2億年くらい前の岩盤が多いというには、その大陸にくっついていた時代の土砂の堆積状況の反映ではないでしょうか。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング