色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

中学国語で小説の続きを書く宿題が出ていて、もちろん自分で小説の続きを書くのだから明確な答えはありません
そこで質問したいのですが( ・ω・)常に笑顔の仮面と常に喜怒哀楽を表す素顔の違いというかそれぞれの欠点を思い付く方回答お願いします(素顔同盟)

gooドクター

A 回答 (3件)

外交交渉など本心を隠してお付き合いをする場所で、喜怒哀楽が表情に出るのはまずいかな。



親しい方の死に遭遇したとき、常に笑顔では哀しみを表すことができず、涙が流せないのも辛いですね。
    • good
    • 0

常に笑顔だと、周囲も貴方の本心に気づくことができませんし、


(怒っているときや悲しいときなどは)自分を偽っていることになる、
ということになります。
自分の心を偽ることは、かなり辛い行為ではないかと思われます。
また、周囲からは「朗らかな人」と取られるかも知れませんが、
「八方美人」「(場面によって)負の感情はないのか」と
責められるおそれもあります。

常に喜怒哀楽を表している場合、
それが理に適ったものなら責められることはありませんが、
個人的感情だったり我儘である場合は
周囲から責められることになるでしょう。
「素直な人」と受け止めてくれる人もいるでしょうが、
「自分しかない」と誤解を招くおそれがあります。

「嘘も方便」という言葉があります。
「笑顔」の仮面と「喜怒哀楽を表す」仮面を
生きていく上では使い分けていく必要があるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

『変態王子と笑わない猫。

』を思い出しますね。

常に笑顔だと、自分の気持ちを相手は汲み取ってくれないでしょうね。
逆に喜怒哀楽が強すぎても、相手は鬱陶しく思うでしょう。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング