gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

1. ひとの生活を微分したらどうなるか?

2. 《わたし》の生活を・思想を・存在を・あるいは人生をそして人格をあたかも微分したら 信仰についてのイメージが得られるのではないか?

3. 非思考の庭――信仰なる動態――をイメージとして示すヱクトルのようなものになるのではないか?




4. 次の図式における《自然本性プラス α 》が その信仰としての傾きであると。

○ 《わたし》なる存在

[自然本性+α]:霊性: 信じる:非思考の庭 (ヒラメキ; 良心  )
-----------------------↓-----↓---
[自然本性]: 身体: 感じる: 感性の原野 (直感; ヤマシサ反応)
[同  上]: 精神: 考える: 思考の緑野 (直観; 恥ぢ    )





5. すなわちこのとき 無神論なる信仰が同時に成り立っている。それは 《神を信じない すなわち 無い神を信じる》場合であり 身と心から成る自然本性のほかには何も無いと 《非思考の庭》にて受け留めたかたちである。

6. 言いかえると 《信じる》とは 霊性を有るまたは無いのいづれかに翻訳して その《有る神》かまたは《無い神》を 無条件で無根拠にてわが心に受け容れることを言う。

7. こう捉えるならその限りで 無神論者の生活をあたかも微分すると 非思考の庭は 感性の原野や思考の緑野から成る自然本性に対してそれを覆うあたかもフラットな横の一線になる。あるいはつまりその境界が おのれから等間隔に引いた線として 円になる。いや 球となる。球面になる。

8. 有神論の場合は 霊性なるプラス・アルファが有るとすることによって あたかも境界がなく果てしの無い時空となり 無限の世界となる。

9. 《無い神》派の信仰をめぐるその円周 いや球面というのは しばしば理念としての思想である。自分のえらんだ言わば《義》としての信念である。その義を 存在意義たる義としている。

10. つまり 無神論者の理念は 他人(ひと)との互いに対等で平等なる等距離外交である。

11. 有神論にあっては 境界も信念も自由である。まったく完全な自由だ。

12. なお 5から11までは イメージとしての議論であるが いかに?

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    補足です。

    8. 有神論の場合は 霊性なるプラス・アルファが有るとすることによって あたかも境界がなく果てしの無い時空となり 無限の世界となる。

    8-1. 有神論者の生活を微分すれば あたかも無境界で無限なヱクトルとなる。つまりは 一定の解はない。

    8-2. 微分できないとすれば あたかも特異点であるかのようだ。これが 非思考の庭である。

    8-3. すなわち 信じる(信仰)とは われみづからがその存在として特異点と成るようなものだ。

      補足日時:2021/07/03 03:56

A 回答 (1件)

トイレが故障しても修理もせず放置されいて、困ってるのです。


原因も和kラズ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

それは お気の毒に。

お礼日時:2021/07/02 21:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング