色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

昔の ベンツなどは バックミラーが 青いフイルムが 貼られたような ミラーでしたが 最近は あまり見かけません。
あの 青いのって 何ですか。なんの為なんでしょう。たしか セピア色のような ミラーも 以前は見かけたことが有ります。

gooドクター

A 回答 (3件)

直射日光とかヘッドライトの眩しさを和らげる効果があるといわれていました。

今となっては、それほど効果が無いということだったのか、あまり見かけませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
今 思い出しましたが その当時は 国産車のミラーに貼る フィルムが 売られていた記憶です。
なるほど 眩しさ 防止なんですねぇ。

お礼日時:2021/07/04 11:33

後続車のライトの眩しさを軽減させるものです。



今のベンツにも運転席側のサイドミラーは防眩式(ぼうげんしき)になっていますよ。
    • good
    • 0

ヨーロッパ車のブルーミラーはフイルムではなくてブルーを蒸着しています。


効果は光を吸収して眩しさを抑える防眩効果です。
メルセデスは最近のはミラー内に注意喚起のアラートライトを付けたりしているので、それを目立たせるためにブルーでなくなったんだと思います。
BMWは今もブルーミラーを採用していたはずです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング