色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

【帯状疱疹】新型コロナウイルスワクチンを接種すると発熱等の体内は免疫力が高まっているはずなのに帯状疱疹が出来るのはなぜなのでしょう?

帯状疱疹が治るなら分かるのですが。

A 回答 (5件)

>>新型コロナウイルスワクチンを接種すると発熱等の体内は免疫力が高まっているはずなのに



ワクチン接種することで、すぐに免疫力が高まるわけではありません。
人間の体からすれば、ワクチン接種したら、病原菌が体に入ってきたから、敵と戦っているようなもの。負荷が増えて肉体にいろんなトラブルが発生するのは当然ではないでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2021/07/06 19:03

帯状疱疹のウイルスに対抗する抗体とは別の抗体を作っているんです。



要はまったく別の話をしているってわけ。
頭が痛いと言っているのに、下剤を処方するバカはいないだろ?
    • good
    • 0

ワクチン接種により上がる免疫力とは、抗体を作る事です。


常駐している白血球その他の免疫細胞は、抗体よりも弱い存在です。

抗体とは、体外から侵入した「特定の」ウイルスなり菌なりに対して、特効力を持つ物質の総称で、これは体内にその外敵の情報がなければ作ることができません。

今回で言うと、新型コロナを想定した、悪さをしない仮想敵(これがワクチン)を体内に入れ、抗体を予め作りおく事を目的としています。

なので、関係のないウイルスや菌に対する抵抗力が上がるわけではありません。
    • good
    • 1

ワクチンは便利屋とは違います



逆になんにでも効いちゃう方が怖くないかい?
    • good
    • 1

新型コロナウイルスワクチンは万能ワクチンではありません。



COVID-19ウィルスのスパイク淡白を大量に作らせ、記憶細胞を含む免疫細胞にCOVID-19ウィルスの特性を覚えこませるものです。この「覚えこませる」を免疫と呼びます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング