最新閲覧日:

 プレゼンテーションをする上で良い参考書など
あれば教えていただきたいのですが。
 パワーポイントを使って行いますが、どちらかというと
 話を含めたトータル的な内容の参考書を望んでいます。
 よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以前、外資系コンサルティング会社で働いていました。

そこでプレゼンテーションに関するトレーニングがあるのですが、そこでいろいろ紹介されている本と、同じことを悩まれている人から聞いた話とで、私自身が「これだろ」という本が以下のような感じだと思います。

(既に知っていたら申し訳ありません)

(1) "say it with presentations"
(by Gene Zelazny, McGrawHill, 1999)

(2) "say it with charts"
(by Gene Zelazny, McGrawHill, 2000)

(3) "考える技術・書く技術 問題解決力を伸ばすピラミッド原則"
(バーバラ・ミント、ダイヤモンド社)

(1):
 プレゼンテーション資料の作り方、プレゼンテーションの準備、をカバーしています。

(2):
 プレゼン資料には様々なチャートやグラフが用いられるのですが、うまい使い方の核心を述べています。
 例えば、縦棒グラフと横棒グラフの使い方の違い、は通常あまり意識されないのですが、使い方に違いがあるということを知りました。(私の勉強不足でした)
 日本にもいろいろなチャートやグラフの使い方を掲載したプレゼンテーションの参考書があるのですが、単に「見栄え」をよくする、という感じで、本質的なところは述べていないと思います。この本はそれをカバーしています。

(3):
 そもそもプレゼンテーションの構成を考える上での、「ものの考え方」「その伝え方・表現の仕方」について詳細に書いています。
 プレゼンテーションに限らず、「問題解決思考」という本質的なトピックを扱っています。
 人に自分の考えを伝達するのにあたり、「起承転結」では不十分、というのがポイント。

以上です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報