色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

奨学金について。奨学金の説明会を行き忘れてしまい、採用取消と返金の紙が大学から届いてしまいました。完全に忘れてた自分が本当に情けなくて反省しています。説明会の期間に精神的に病んでしまって地元に帰って寝 込んでいたので大学からの連絡に気づくことが出来ませんでした。救済措置はないと文面には書かれていたのですが大学の学生課に直談判すればここからなんとかなることはないでしょうか?本当に親に申し訳なくて金銭面のことから退学になるかもしれないです。自分が悪いのは重々承知しているのでおこがましい話ですが退学は避けたいし何とかして奨学金がほしいです。

gooドクター

A 回答 (3件)

反省されているかとは思いますが、


これから進む大人の世界は、もっと自分自身に自由と責任、リスクが生じます。
自分がやったことには、それ相応に返ってくるものなので。

まずは、自分が考えられる事をしてみるのもダメ元でしてみても良いかもしれませんね。
また、奨学金は基本は学校が窓口なので、学校がダメと言えばダメかとは思いますが、大学でダメなら大元のJASSOに問い合わせるのもひとつかと。
まぁ言ってもローンみたいなものなので、後でキツい返済になるのは間違いではないのですが。

https://www.jasso.go.jp/sp/shogakukin/kyufu/otoi …
    • good
    • 0

あるいは、可能であれば「休学」として就業して通学費用を稼ぎ、その後に復学するとか、(二部への変更とか)通学しながら所得を得る方法を模索するとか、といった対応も考えられます。

    • good
    • 0

「救済措置はない」ということばは重いですよ。


自ら備える責任を軽んじる人には、約定通り返済する信用を付与できないと考えるのは自然です。
事前に説明資料を読み込んで、予定を立て、備えておくべきでした。
返済が必要なお金であっても、経済的援助を受けたいと申請するのですから、それは最低限の責任です。
ゴリ押ししてネジ込んでも無理です。

進学をどうしても、であれば、いったん就職して進学費用を自分で稼いで、その後に進学するような対策を考えるべきではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング