【初月無料キャンペーン中】gooドクター

親の扶養から外れるかどうかの、103万の壁ってありますよね。103万を超えると親に税金がかかる…?なにかの免除ができなくなる…?というような話を聞くのですが、一つ気になることが。103万をどの程度超えたかによって、親の負担は変わるのでしょうか?
例えば、105万稼いでしまった場合と、150万稼いだ場合。自分で払う税金ではなく、親への負担は違いがあるのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (6件)

103万の壁というのは給与収入103万円を超えると所得ベースで48万円を超えるので、親の扶養控除から外れることを意味します(給与所得控除55万円)。


親の扶養控除額は38万ですから親の所得から38万円引いた金額から所得税を課税されます。所得税は所得に応じた累進課税なので、通常10%、所得がやや低くて5%、やや高くて20%~です。10%として、38000の損得が生じます。それだけではなくて、住民税(都道府県市町村税)も所得に応じて課税されるので、こちらも10%(都道府県4%市町村税6%)で38000円。というわけで76000円親の税負担が増えます。
ですが、子であるあなたは十分に収入があるので、家計に月1万円入れれば、年額12万円が家計に入るので家族全体としては裕福な生活になっているわけです。
それは、103万円ぴったりだった人が103万1円に収入アップしたら75999円損したといえますけど。
1億総活躍社会ですから、そんなくだらない話はしないで、頑張って社会の一員としての責務を果たしましょう。
    • good
    • 0

父親か母親が、子を税法上の扶養親族にすることで、所得税と住民税が軽減されます。


このとき扶養親族となる子の条件の一つに「年間所得が48万円以下である事」があります。103万円ではないことに注目してくださいね。

ではなぜ103万円の壁という表現がされているのか。
給与収入(アルバイトも給与収入です)が年間103万円までは、給与所得額は48万円なのです。これは給与収入を給与所得額にする際に、最低55万円の控除があるからです。この控除を給与所得控除額と言います。

給与収入が年間103万円以下だと、給与所得控除額55万円を引いて、給与所得が48万円なので、控除対象扶養親族となれるというわけです。

「うちの子は、年間給与が103万円以下なので、父親の私の控除対象扶養親族にして、私の税負担額を減らすことができるな」という事になります。

収入と所得の違い、103万円の壁とはなにかお判りいただけたら幸いです。

ここで「じゃ、103万円をいくらか超えたら条件に該当しなくなるのか」という疑問が出ます。
答えは1円でも超えたらだめ、です。

これは法定条件なので、年間所得が48万円から1円でもオーバーしたら「だめ」なんです。「このぐらい、いいじゃないか」を認めていると、法律で定めてる条件そのものが無意味になるからです。

ここで「でも、103万円を超えてもいくらまでならいいですよって話を聞いた事があるんだけど」という疑問が出ます。
これは「子」ではなく、配偶者つまり夫からみた妻、妻からみた夫の場合の条件に特例があるからです。
これを配偶者特別控除といいます。
父からみた子は配偶者ではないので「所得額48万円」を1円でも超えていたら控除対象扶養親族にできないわけです。

夫が会社で働いていて妻がパートタイムで働いていて、年間103万円の給与収入になるように調整している方が多いのです。
しかし「パート先が頑張ってボーナスをくれたおかげで103万円超えてしまった」方が「妻の稼ぎがちょっと増えただけで、夫の所得税や住民税負担が増えてしまった」という不満が沢山出るようになったのです。

政府が配偶者控除(扶養控除ですが、配偶者だけは配偶者控除という表現をします)とは別に配偶者特別控除を設けました。
要は「年間103万円給与を超えたら配偶者控除は受けられないが、103万円を超えてしまった部分に応じて特別控除をします」となったのです。
配偶者特別控除の詳細はご質問の骨子ではないでしょうから、別途検索してください。

「親」が「子」を扶養親族にする条件は、子の年間所得が48万円以下であること、給与収入(アルバイト含む)なら年間給与総額が103万円以下であること。
これが法定条件ですから、1円でも超えると「ダメ」です。
    • good
    • 0

こんにちは。



 税金(所得税)は「収入」ではなく「所得」にかかります。
 大まかに書くと、サラリーマンですと「収入-給与所得控除-その他の控除=所得」、自営業ですと「収入-必要経費-その他の控除=所得」です。

 質問者さんが103万円を1円でも超えると、親が質問者さんを「扶養控除」の対象に出来なくなります。
 「扶養控除」は38万円(19歳以上23歳未満の子供については63万円)ですから、「扶養控除」が無くなると上の式の「その他の控除」が38万円減ります。(その結果、親の税金が増えます。)

>103万をどの程度超えたかによって、親の負担は変わるのでしょうか?

 超えた額は関係がありません。
 1円でも超えれは、親の控除が38万円減りますので、その分、親の税金が増えます。
    • good
    • 0

扶養控除はいわゆる103万円の壁を挟んで適用されるかされないかしかありませんので、


少し超えても、大きく超えても親御さんの負担増は変りません。

ちなみに夫婦間の場合は配偶者特別控除と言うのがあって、
段階的に控除が減るような制度になっています。
    • good
    • 0

>103万をどの程度超えたかによって…



100円オーバーも 1万円オーバーも 100万円オーバーも、みんな一緒です。

>自分で払う税金ではなく、親への負担は違いが…

ありません。

具体的にいくら違うかは、
・あなたの年齢
・親の課税所得額
により大幅に変わってきます。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/i …
    • good
    • 0

親の所得税を計算するとき、扶養家族(妻や子供)がいれば、その分を考慮して税金が安くなっています。


でも、妻や子供が沢山稼いでいたら、その考慮された部分がゼロになって、追加の税金を親が払うことになります。
親は追加の税金を払うことになって、慌てることもあるでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング