教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

asp方式という水槽のシステムを
ホームセンターで見ました。

20から30年前は水槽ブームだったと思いますが、
その当時の上層部式だの外部式とは違うのでしょうか?

スタート時のバクテリア投入が違う感じなのでしょうか?水草育成の難しさはあまり変わんないですか?

gooドクター

A 回答 (1件)

原理だけで言えばかつての底砂を濾過槽とした底面ポンプ式と思っていただければ。


違いは底砂がただの砂、砂利だったかつてと違い、「プロジェクトソイル」という強い汚れや濾過バクテリアの定着性が良い専用の砂を敷き詰めること。
水替えの頻度が格段に減り、手間なく水質の安定した水を維持出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
硬質のソイルってADAかなんかがやってた様な気がしますが?当時のよりも製品がよくなつてるんでしようね。

水草育成も良いってことですね。
水換えの頻度が少なくて済むのはたすかりますね。

お礼日時:2021/07/13 16:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング