プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

お風呂で汗を流すたびに、水ってすごいなぁと思います。
空気より何倍もすごいのではないかと。

でも、何がどの様だからすごいのかが、馬鹿だから分りません。

どうして、すごいと思ってしまうのでしょうか。
教えてください。

(k10Traさんは、答えてくれるかなぁ)

質問者からの補足コメント

  • 削除されてしまった回答№1さんへ。

    意見を嫌味に変える“才能”は、ここのカテで発揮してますね。

    最近になって一、二度使っています。

    まあ、でも、ユーモアと捉えてください。

      補足日時:2021/07/13 23:49

A 回答 (14件中1~10件)

№7回答者です。

お礼のコメントありがとうございます。
人体内部の水についていくつか補足します。

・ヒトの体内には体重の60%の水があると言われていますが、その水の1%が失われると脱水状態になり、2%を失うと深刻な脱水症状になり、夏場は熱中症を併発します。
 これは、体重60Kgのヒトの体内には36Kg(約36L)の水があり、わずか360ccの水が失われると脱水状態になることを意味し、このような状態で夏場の太陽下を歩くとドッと汗が吹き出し、直ちに水分補給しないと熱中症になってしまいます。
 これは、体内のバランスは非常に微妙な範囲で保たれていることを意味し、体温も同様です。

・他人とぶつかりそうになる時など一瞬身構えますが、これは筋肉内の細胞を縮めて水と細胞間の隙間をなくして水の詰まったペットボトル状態にすることによって体を固くして防御しています。
不注意で足先をぶつけたり頭をぶつけたりすると非常に痛いのとは対照的です。

・血液の50%以上は水だったと思いますが、この中にいろんな栄養成分が溶け込んで体中の細胞に届けられています。老廃物などはリンパ液や静脈を経由して最終的に腎臓でろ過して排出されますが、リサイクルのシステムはなかなか凄いです。

最後に、水分子のH2Oは酸素原子を中心にして両サイドに水素原子がくっついていますが、これは暴れん坊の酸素を水素が拘束して水にしてしまっているようにも見えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

生命は水に頼り切っていることを知りました。

最後の“暴れん坊の酸素を水素が拘束”している、という見解が見事です。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/18 10:33

こんにちは。


まだ締め切られていませんね。
水のすごさについて、質問者さんも整理に悩んでおられますが実は、生命科学・宇宙科学の専門家のみなさんも同様な認識を持っておられます。
専門的にいうポイントは、「こんなに安定で電離性のある液体ってほかにない・・・」

お風呂で汗を流す、おいしいスープを作る・・・生活の中でも「水による化学反応」現象は多様ですが、その中で最も驚くべきは 地球上の生命であり、他の星に同じようなものが存在するかどうかは多くの専門家が熱心に取り組んでいます。

その中で「水」は、とてもえらい幸運な物質として見られています。
① 液体がえらい。
まず、化学反応の上では液体はとてもえらい。 固体内では原子・分子が動かないので「反応」できないですね。 「気体」気体」は分子1個1個はとても反応しやすいが、密度(同じ体積中の分子の数)が少なくて意外に「反応」できない。 でも、液体は固体並みに密度が高いにもかかわらず、分子が自由に動くので反応しやすい。 質問者さんの書かれた「お風呂」は、固体でも気体でも難しいですよね。(まあ、砂風呂やサウナが少し近いかもしれませんが)
同様に、生命の点でも液体なしでは誕生は無理と考えられています。 一方、液体だけに着目すれば、水以外にも温度次第でいろいろな物質があてはまり、特に「メタン」や「アンモニア」も液体になりやすいので候補になります。

〇 反応性がえらい。
水には塩も砂糖もよく溶けます。これは、水の分子に静電気のような偏りがあり、 相手の分子に割り込んで電気の力で引きちぎる力があるからです。(イオン化力、電離性)
質問者さんの「お風呂で汗(汚れ)を流す」はこの力を使っています。 この点では、宇宙で液体になりやすい「メタン」は能力がとても低く、「アンモニア」が近いことになります。

〇 安定性がえらい。
上記のように水は他の物質を引きちぎる力があるのに、自分自身はとても分解されにくいものです。 これは水素と酸素がとても相性がよくてつながりが強いから。 水はこの安定性のために、他の化学反応を邪魔することなくとても安定な化学反応の場所を提供してくれます。 この点では「アンモニア」も及びません。
質問者さんの「お風呂」が人間の毒にならずに安全には入れるのもこの効果ですが、まあ、これは我々が水を前提に進化しているので、 ちょっと逆説的かな。

〇 まとまろうとする力がえらい。
水は自由自在に形を変えていくらでも小粒にできますが、一方で窓の雨滴のようにお互いにまとまろうとします。
「お風呂」のシャワーがただの霧になってしまわずに流れができて汗を流せるのもこの力の効果が助けになっています。
これが「表面張力」で、化学反応はますます安定になり、反応した生成物も「ほどほどに」まとまります。 地球に生命が誕生して進化する際にもこの力が助けてくれており、水の表面張力には「メタン」も「アンモニア」もまったく及びません。

と、いうことで、まあ、我々人類が水を前提に進化したことを差し引いて考えたとしても、「水はすごい」とみられています。

さてさて、この中に質問者さんの感動している点に近いものがありますでしょうか。
お役に立てば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

液体である事、反応性が高い事、安定性がある事、まとまろうとする力がある事、などすべて成程と思います。

特に“感動”した事としてあげれば、まとまろうとする力、ですね。

水は常に“集団”で「存在」しているんですね。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/18 19:00

水の中でもシリカ水がすごいですよ。

特に。
空気よりシリカ水の方がすごいと思いますね、、

おすすめのシリカ水
https://silisilisilica.jp/

飲むシリカの効果
https://silisilisilica.jp/archive/613/

シリカ水とは?効果は?
https://silisilisilica.jp/archive/710/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

これは“シリカ”がすごい、ということですね。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/18 10:35

"「地球最強の生物」クマムシ、宇宙でも生存可能 | WIRED.jp"

https://wired.jp/2008/09/09/%E3%80%8C%E5%9C%B0%E …




こいつは水が無くても耐えられるらしいですね

(  ̄▽ ̄)にっこり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごい生き物がいたものです。

グロテクスですね。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/18 10:28

いまさらですがDHMOの危険性はずっと指摘されてきました

    • good
    • 1
この回答へのお礼

使い方次第とか、過ぎたるは及ばざる、とか云ったことですね?

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/15 23:13

火星には水があったとか?


今でも少量の水があるとか?

色々と言われてるけど
地球なみに水が存在してる星って
見当たらなくて

水が生命の元って言われるからこそ

凄いですよね

植物にしても水分は含まれてて
動物にしても水分は含まれる

生命の循環を感じてしまうと
さらに水が凄く感じてしまうのは
ワシだけでしょうか?

雨がふって草木がはえて、草木を食べる昆虫や動物がいて

その動物を食べる人間が居てる

希に人間も動物に喰われるけどね
( ^∀^)(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

生命の誕生も海の中から、ですよね。

水を必要としない生き物っているか?
酸素を必要としない生き物っているか?

調べる時間を作らないと。

★“自分時間”が無い!

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/15 05:44

記載忘れ。



「水五訓」と言う名でも知られています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こちらを検索すると黒田如水が出てきますね。

一体、どちらが“でどころ”なのでしょう。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/18 10:26

「経書論語」に「水の姿」と言う言葉があるそうです。



*自ら活動して他を動かすは水なり。

*常に己の進路を求めてやまざるは水なり。

*自ら潔くして他の汚れを洗い、しかも清濁併せ居るるは水なり。

*洋々として大海を満たし、蒸しては雲となり雨と変じ、
 凍っては氷雪と化して、しかもその性を失わざるは水なり。

(原文)
知者楽水、仁者楽山、知者動、仁者静、知者樂、仁者寿。

なかなか、中国人も捨てたものではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

中国の“文化人”達はどこにいるんでしょう。

政治が悪いのかも。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/14 18:46

水の凄さは他の液体と違うところにあると思います。


いくつか実例をあげます。
・全ての物質は個体・液体・気体と姿を変えますが、液体から個体になるときに膨張するのは水だけだったと思います。そのため岩の内部に侵入した水が氷ると岩を砕きます。

・また、水を柔らかいと勘違いしている人は多いのですが、他の液体と同じように水を閉じ込めると縮まないので非常に固く、2Lの水が入った新品のペットボトルは鉄アレイ2Kgよりも破壊力があります。水が入った水槽の厚さが1mあれば弾丸を止めることもできます。これは、水面下1m以上潜っていれば上から撃たれても死なないことを意味しています。

・水自体は腐らないのですが、水にはほとんど全ての物質が溶け込みます。そのため雑菌が入り込むと腐りますし、目薬などは長期間使用可能です。これって哲学的な雰囲気があります。

それに対して、酸素は全てを破壊しつくします。
酸素は人が生きるために欠かせませんが、他の物質と反応してその物質を破壊しています。その究極の姿が燃焼です。また、酸素濃度が高すぎると生命の危機に瀕しますが、未知の細菌なども破壊するため高酸素療法によって助かることもあるようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱり、凄いですね。

ほとんどの物質が溶け込む、というのは水自体は酸素と違って変化しない、という事ですかね。それとも変化してるのかな?

酸素対水は「酸素即水」“而二不二”と云えるだろうか?なんて疑問も起きました。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/15 05:31

水は、



地球の温度で液体となり
あらゆるものを溶かし
生命が生み出され
生物の体の大半を作り
海が生物のすみかになり
熱を蓄えて地球を恒温にし
植物を育て
人間は、1ヶ月食わなくても死なないが
数日水を飲まないと死んでしまう

地球が生物で溢れているのは、水が液体でいる温度にちょうど当てはまったから。

など確かにすごいですね。でも空気と比べてもしかたない。
だって

生物は酸素がないと行きられない
植物は二酸化炭素がないと光合成が出来ない
酸素がないと燃えない
火がないと、エネルギーも取り出せない
火がないと、料理もできない
空気があって、地球が生物の生きる場になっている
5分呼吸を止めれば死ぬ。

ので、水と比べても重要性は、どちらも似たようなものです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

成る程。

地球は水が液体でいられる温度だから、というのが新鮮でした。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/14 18:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング